高品質なオーダーウェアを低価格・小ロットから発注できるチャンピオンシステムのラインアップにPerformanceフリースジャケットが追加された。保温性と着心地に優れるフリース素材を採用することでウィンターシーズンに重宝する1着に仕上げられている。



チャンピオンシステム Performance フリースジャケット (c)チャンピオンシステム

オーダーウェアブランドのチャンピオンシステムが展開するラインアップの中でも中核的な存在となるのがPerformanceシリーズだ。キナンレーシングも着用するApexというハイエンドと、手頃な価格でオーダーしやすいEliteシリーズの中間に位置し、高い機能と程よい価格設定から人気の高いシリーズとなっている。

そんなPerformanceのラインアップにフリースジャケットが加わる。フリースジャケットはCS Power Fleeceという裏起毛のマイクロファイバー生地をメインの素材としており、体温を外に逃さない保温性を獲得していることが特徴。防風性能にも優れているため、気温3℃〜15℃の寒い時期に快適に着用することができる性能を実現している。

非常にしなやかなフリース素材が採用されている (c)チャンピオンシステム

バックポケットにはジッパー付き防水ポケットも加えられている (c)チャンピオンシステム
バックポケット裏はメッシュ生地とされた (c)チャンピオンシステム



非常に肌あたりが柔らかく、伸縮性に富む生地でもあり、3Dカッティングのパネリングによって、快適に着用できるウェアを実現している。生地がゴワつきにくく、内側に着用するインナー次第で様々な状況に適応させやすいはずだ。またウェアの背面にはシリコングリッパーが備えられており、ライド中の動きでウェアがずれてしまう心配も少なく仕立てられている。

バックポケットは三分割のカーゴポケット+防水ジッパーポケットという標準的な仕様で、左右のポケットは開口部が斜めになっているため走行中でもアクセスしやすい。さらにバックポケット内側の生地はメッシュとされており、ジャージ内の熱や湿気が適切に放出されるようになっている。この設計のおかげで汗で体が冷えてしまうことを防いでくれるため、ウェア内側の湿気が厳冬期向けジャケットよりも排出されやすいため、寒い日でもハードワークを行うアスリートにはぴったりな1着を実現している。

サイズは男性と女性用ともにXS、S、M、L、XL、2XLと幅広く展開され、かつレースカット(タイトなシルエット)とクラブカット(胴回りにゆとりある作り)のどちらも選択することができるため、レース派の方からサイクリング派の方まで選びやすい。価格は19,250円(税込)。

冬場も走り込む方におすすめなPerformance フリースジャケット (c)チャンピオンシステム



チャンピオンシステム Performance フリースジャケット
素材:CS PowerFleece ファブリック
サイズ:XS、S、M、L、XL、2XL
カット:レースカット、クラブカット
価格:19,250円(税込)


同じ製品カテゴリーの記事

カペルミュールのリネン風コンビジャージと、吸汗速乾性に優れるドライTシャツ Gakuto Fujiwara 2024/02/24(土) - 14:42
新製品情報2024
ジャイアント ファクトリーチームレプリカやLivの新作アパレルが登場 Naoki Yasuoka 2024/02/20(火) - 12:00
新製品情報2024
チャンピオンシステム 妥協なき開発から生まれた新たなフラッグシップシリーズ"Apex Zero" Gakuto Fujiwara 2024/02/18(日) - 15:30
オーダーウェアの最高峰
チャンピオンシステム Peformance しなやかさと保温性を備えたインターミディエイト&フリースジャケットをテスト Gakuto Fujiwara 2024/01/19(金) - 15:22
製品インプレッション