レーシングタイヤからタウンユースモデルまで豊富なラインアップを揃える総合タイヤブランド、マキシス。ロード用レーシングタイヤ"High Road"のチューブレスレディモデルをテストした。



マキシス High Road

1967年に台湾で創業し、現在世界160ヶ国以上で展開する総合タイヤブランドがマキシスだ。歴史と広いネットワークを持つ大ブランドらしく、多くのエンジニアがコンパウンドの研究を行い、それをトップライダーとのフィールドテストで製品に落とし込む体制が確立されている。

ロードバイク用のタイヤラインアップのフラッグシップとして君臨するのがHigh Roadだ。マキシスの従来コンパウンドから転がり抵抗を15%低減し、さらにグリップ力を20%向上させたハイパーコンパウンドを採用することで、トップエンドに相応しい性能を叶えているという。

センタースリックでサイドにパターンが入るトレッド

マキシス独自の耐パンク素材「ケブラーコンポジット(K2)」を採用

独自の170TPIケーシング「ONE70」を使用することで、軽く、しなやかな乗り味を実現。また、HighRoadには限られた製品にしか採用されていないマキシス独自の耐パンク素材"ケブラーコンポジット(K2)"を採用し、一般的なタイヤに採用されるケブラーやベクトランよりも耐パンク性能を備えている。

700×25Cと28C、32Cの3サイズが展開され、カラーはブラックと、25Cのみタンウォール。価格はカラーによって異なり、ブラックが10,780円(税込)、タンウォールが11,660円(税込)。それでは編集スタッフによるインプレッションに移ろう。



―編集部インプレッション

今回はチューブレスレディモデルをテストしていく

これまで多くのブランドのチューブラーやチューブレス、クリンチャータイヤの多種多様なタイヤを使用してきたCW編集部員の高木がマキシスのチューブレスレディロードタイヤ"High Road"をテストする機会を得た。"High Road"のクリンチャーモデルは以前テストしたが、チューブレスレディモデルは今回が初めて。タイヤラインアップは700×25C、28C、32Cの3種類が展開されているが今回は最も細い25Cをテストしよう。

タイヤを装着したのはシマノ ULTEGRAのチューブレスカーボンホイール。装着時の印象としては、タイヤ自体の触感がしっかりしつつも、ケーシングのしなやかさのおかげもあって、タイヤレバーなしでも装着は完了した。マキシスを取り扱うマルイが販売しているフィニッシュラインのチューブレスシーラントを入れて万全の体制でテストに臨んだ。

タイヤはチューブレスレディモデルではあるがしなやかな感触

適正空気圧は4.83bar(70PSI)〜7.58bar(110PSI)と指定されていたので、その範囲内で低圧から高圧まで幅広くテストを行う。漕ぎ出しから体感できる良さは、転がりの軽さ。40km/hまでスムーズに加速し、そこからスピードを維持しての平地巡行でも必要以上に力を込める必要はない。

チューブレスレディタイヤ特有の振動吸収性があり、振動も少なく感じる。さらに、路面の凹凸に合わせて、ケーシングやコンパウンドが路面を捉えてくれるため、トラクションの掛かりが良くスムーズに走れる。レースはもちろん、サイクリングロードやヒルクライムでも快適に走ることができそうだ。

ケブラーやベクトランよりも耐パンク性に優れるマキシス独自の耐パンク素材"ケブラーコンポジット(K2)"を採用しているためパンクのリスクは低い。小石や砂利がある路面でも小石を拾うような粘り感もなく、パンクのリスクも少ないだろう。

小石や砂利がある路面でも小石を拾うような粘り感もない

転がりが軽く、平地巡行もしやすい

さらっとした走行感ではあるが、コーナーリングではコンパウンド自体が路面に食いつくような感覚があり、高いグリップ性能には信頼が持てる。濡れた路面でも、路面をしっかりとらえてくれる安心感があり天候関係なく使用できる。

入力に対して素直に反応するハンドリングが特徴で、コーナーリング中でもラインの微調整もできるため、レース中やトレーニングでもダウンヒルも攻めていける。

体重60kgで適正空気圧の最大値7.5barや7barなど試してみたが、路面のギャップでタイヤが跳ねてしまい、チューブレスの良さを引き出せなかった。さまざまな空気圧を試してみたが、4.8~5.5barの範囲があらゆる面でバランスが取れている空気圧だった。60kg付近のライダーであれば4.8~5.5bar、60kgより体重が重ければもっと高圧に、軽ければ低圧よりに調整することで、バランス良くタイヤの性能を引き出せるだろう。

ニュートラルなハンドリングが特徴

トラクションの掛かりが良くスムーズに走れる

マキシスのチューブレスレディタイヤ"High Road"は転がりが軽く、グリップ性能に優れ、耐パンク性も備えたトータルバランスが取れたチューブレスレディタイヤだった。週末サイクリングからロードレースに参戦する方まで、幅広くお勧めしたいタイヤであった。



マキシス High Road(チューブレス レディ)
カラー:ブラック、タンウォール(25Cのみ)
TPI:170
サイズ:700×25C、28C、32C
重量:285g(25C、ブラック)、325g(25C、タンウォール)、315g(28C)、315g(32C)
価格:10,780円(税込、ブラック)、11,660円(税込、タンウォール)
リンク

同じ製品カテゴリーの記事

フルリニューアルした”グラベルタイヤの王” パナレーサー新型GRAVELKINGをインプレッション Makoto Ayano 2024/04/03(水) - 18:17
製品インプレッション