多彩なスマートトレーナーをラインアップするエリートから、DIRETO XR-Tがリリースされた。最大再現勾配が24%まで引き上げられたミドルグレード・スマートローラーのカセットスプロケット別売バージョンだ。



エリート DIRETO XR-Tエリート DIRETO XR-T (c)カワシマサイクルサプライ
ダイレクトドライブ式のホームトレーナーをいち早く取り入れたエリート。そのホームトレーナーラインアップのミドルグレードに位置づけられるシリーズがDIRETOであり、現在展開されているのは2021モデルでシリーズ3代目へと進化したDIRETO XRだ。

最大の特徴はバーチャルサイクリングでの再現斜度の最大が24%という、他社のフラッグシップ級に劣らないスペック。激坂の再現でインドアトレーニングの没入度を高めつつ、シリアスなトレーニングをこなすユーザーの踏力を受け止めてくれるトレーナーを実現している。

収納時は幅を300mmまで折りたたむことができる収納時は幅を300mmまで折りたたむことができる (c)カワシマサイクルサプライ3方向に伸びる脚によって安静性を確保している3方向に伸びる脚によって安静性を確保している


アセンブルされる光学トルクセンサー式パワーメーターは±1.5%という高い精度を備えるハイスペック品。出荷時に一台ごとキャリブレーションを行い個体差を減らしているため、パワーの数値を心配することも少なそうだ。

また、初代より50%も静粛性を向上させるドライブシステムが搭載され、集合住宅フレンドリーなスマートトレーナーに進化を遂げていることも特徴。ボディ形状もリアディレイラーのケージが干渉しにくいようなデザインとなっている。

ロングケージのディレイラーがボディと接触しないデザインとされているロングケージのディレイラーがボディと接触しないデザインとされている (c)カワシマサイクルサプライDIRETOの脚は折りたたむことができるDIRETOの脚は折りたたむことができる (c)カワシマサイクルサプライ


今回登場したDIRETO XR-Tは、カセットスプロケットが付属しないパッケージのモデル。既にカセットスプロケットの予備を持っている方などが、ホームトレーニングを始める際に初期費用を抑える時にうってつけだ。my E-Training1年間無料ライセンス、ZWIFT1ヶ月間無料ライセンス、ライザーブロックは通常通り付属し、価格は119,900円(税込)。



エリート DIRETO XR-T
サイズ:840×650mm(設置)、300×650×550mm(収納)
重量:約16kg
自動負荷・最大再現勾配:24%
通信:ANT+ FE-C、Bluetooth Smart 双方向通信(スピード、ケイデンス、出力を送信)
パワーメーター:光学センサー式(誤差±1.5%)
アクスル:130-135mmQR、142×12mmTA 対応(アダプター使用で135×10-12mm、148×12mmに対応)
付属品:my E-Training1年間無料ライセンス、ZWIFT1ヶ月間無料ライセンス、ライザーブロック
価格:119,900円(税込)

※注 こちらはカセット未付属の製品。
Amazon.co.jp