関東 › 埼玉

スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ

ビギナーさんこそウェルカム フィッティングとイベントに力を入れるプロショップ
埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの1つ、浦和区。埼玉県およびさいたま市の行政機関が集まる行政の中心であり、浦和駅前を中心に再開発が進められている地区だ。JR京浜東北線・北浦和駅から徒歩およそ15分という、繁華街から少し離れた住宅街の中に位置しているのがスポーツバイク専門店「スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ」だ。

浦和区を南北に縦断して通る産業道路の交差点を東に向かってすぐの所にある北浦和スズキ。現在スポーツバイクファクトリースズキは埼玉県内に3店舗を展開しており、今回紹介する北浦和のショップが本店にあたる。ちなみにもう2店舗は富士見市にある「ふじみ野店」と、草加市にある「草加店」。

どのショップでもサービスやユーザー待遇は共通だが、取り扱いブランドに差が見て取れる。キャノンデールとスペシャライズド、アンカー、ヨーロッパブランド各種を揃える北浦和、スペシャライズドとスコットを中心に据えるふじみ野、そして最新店舗の草加はスペシャライズ専門と、ブランドを分けることでそれぞれに特化した深いサービスを提供できるように努めている。

荒川サイクリングロードなどが近いことから、北浦和スズキではロードバイクを中心にした商品ラインナップを行っており、加えてビギナーから人気の高いクロスバイクや、シクロクロスバイクの姿も。常に40台ほどを店頭に並べ、試乗車が多く揃えられていることもユーザーフレンドリーだ。
およそ40台の展示車と、多数のアパレル、用品、グッズ類が揃うスポーツバイクファクトリー北浦和スズキの店内
ウェアの在庫量は大型店にも引けをとらない。アソスやピセイなどハイセンスなブランドが並ぶ
バイクラインアップの中心となるキャノンデール
そんな北浦和スズキで腕を振るうのは、代表取締役の鈴木卓史さんと店長の山﨑翔一さんら4名。もちろん全員が根っからの自転車好きで、自ら走る、いじる、接客とこなすマルチプレイヤー。「大型店のような規模ではありませんが、そのぶんお客様に安心してオススメできるバイクやパーツ、ウェアなどをセレクトして在庫しています。クロスバイクを購入された方でも、"プロショップで買う"というプレミア感を感じて頂けるショップを目指しています」と鈴木さんは言う。

「高価なパーツでも実際に手に取って見てもらいたい」との思いからほとんどの商品は飾り箱から出して陳列され、ガラスケース内のパーツでも手に取って見ることができる。ここ最近はトライアスロンにも力を入れているので、ランニングシューズなどソフトグッズも用意されていて、補給食の種類は数豊富。

アパレル類が豊富に用意されていることも北浦和スズキの良いところ。店内奥の販売スペースは2面を使って各種ジャージなどが並べられており、その中心となるのはアソスやピセイ、カステリなどハイセンスなブランドたち。ショップの歴代オリジナルジャージは全てピセイにこだわっていて、アクセサリーや女性用の商品数も豊富。試着ルームも完備されるなどその充実ぶりは、中規模のショップながら大型店と肩を並べるほどだ。
北浦和スズキで腕を振るうメンバー。全員が根っからの自転車乗りだ
山﨑翔一店長。手に持つのはショップオリジナルのピセイジャージ
貸し出し用マヴィックホイールを持つ、オーナーの鈴木卓史さん。レンタル用アイテムは非常に豊富だ
北浦和スズキ全店舗に共通する特徴が、フィッティングを重視し、それらに関係するアイテムやパーツ類を多く揃え、しかも実際に試せること。例えばステムやハンドル、サドル類は各ブランドの各サイズが豊富で、シマノに統一されてしまいがちなペダルもルック、スピードプレイやタイムなどがあらかた在庫されているのだ。

マヴィックの「テスト&ライドステーション」として試乗用カーボンホイールや話題のUSTチューブレスホイールが用意されているほか、サドルやショートクランクなど「使ってみなければ分からない」アイテムはレンタルサービスを実施しているのだ。

「そういう製品って身体にフィットしたものを探すべきなのに、高価だから手が出にくいですよね。僕たちはベストな状態でスポーツバイクを楽しんでほしいから、こんなサービスを始めました。今では人気ですし、ぜひお気軽に問い合わせてほしいですね」と鈴木さん。例えばクランクは150mmから用意しているので、フィッティングに悩みがある方は是非扉を叩いてみるべき。北浦和スズキが主催する年に一度の大試乗会「彩湖モード」も、いろいろなバイクを試してもらいたいという思いからスタートさせたのだそう。

北浦和スズキもう1つの強みはフィッティングだろう。スペシャライズドが提唱するフィッティングシステム"BGフィット"を取り入れ、鈴木店長以下スタッフのほとんどが公認フィッターとしての資格を持つ。3店舗すべてにフィッティング機材が揃えられ、同一のサービスを提供できるよう心がけているという。

店内にはフォームを確認できるカメラ&モニターをはじめとして各種測定具が並び、それらを駆使した質の高いフィッティングを受けることができる。経験がモノを言うフィッティングだが、納車時の簡易フィッティングも含めると今までに1,000人ほどという膨大な人数への施術を行ってきたそうだ。経験の豊富さは、フィッティング精度を高めるのに重要な要素となる。
ショートクランクも貸し出し品を用意。最小150mmからレンタル可能だ
こちらは貸し出し用のサドル。2週間で1,080円とリーズナブルに試せる
ピナレロのDOGMAやシマノ油圧ディスクブレーキも試乗車を用意する
例えクロスバイクやミニベロでも整備に妥協無し。安心安全を支える北浦和スズキの根幹だ
さらに痛みが出やすいシューズのフィットにも力を入れており、シマノのシューズ熱成形機はもちろんのこと、シダスのカスタムインソール作成マシン、足形の測定具なども用意される。納車の際には約1時間かけて丁寧にフィットを行うとのことで、フィッティングに関しての力の入れようはかなりのものだと感じた。

北浦和スズキではかつてブリヂストンアンカーに所属した井上和郎選手をサポートし、トライアスリートの西麻依子選手には現在もサポートを継続しているそうだ。そこから生まれるフィードバックは、スタッフのノウハウとなって一般ユーザーへと行き渡る。飛び込みの依頼に対しても出来る限り迅速に応えいく様は、まさにプロフェッショナルだ。

自前のレーシングチームなどは持たないが、ショップライドは随時開催中。グルメを楽しみつつゆったり走るビギナーライドや、ちょっとアップダウンを走ってみたい方に向けた物見山ライド、ショップ休日の水曜日にも平日ライドを開催するなど、初心者さんこそウェルカムの各種イベントを開催中だ。レースイベントであっても安全に楽しんでほしいという思いから始まった「走行」練習会、パンク修理や輪行のハウツーを伝授するインストアイベントなど、絶対に飽きさせない豊富なメニューがビギナーのあなたを待っている。

北浦和スズキは決して大規模な店舗では無いものの、フィッティングも含め、充実かつ手厚いユーザーサポートが魅力のお店。身体にトラブルを抱えている方は、ぜひ一度相談してみてはいかがだろうか。
草加駅前にあるスポーツバイクファクトリー草加スズキ。スペシャライズドに絞ったラインアップだ
草加店店長の宮川昂平さん。スペシャライズドならなんでもお任せ
ふじみ野店は北川滋治店長(右)以下、3名のスタッフが常駐する
スペシャライズドとスコット製品を中心に据えるスポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ
店舗情報
郵便番号 
330-0072
住所 
埼玉県さいたま市浦和区領家3-23-17
営業時間 
12:00~20:00
定休日 
毎週水曜日
TEL 
048-883-7077
FAX 
048-883-7077
ショップブログ更新情報
アクセス 
JR京浜東北線 北浦和駅東口から徒歩15分 路線バスあり
駐車場5台あり
スタッフからのメッセージ
当店ではただ自転車を売るだけではなく、徹底したフィッティングやライドツアー、試乗会など様々なイベントを行うことで、購入頂いたお客様がずっと満足して頂けるお店を目指して活動しています。

初心者の方が安心して楽しめるようサポート体制を工夫していますし、上級者にも好評頂けています。どんな要望をお持ちの方でもぜひ一度ご来店下さい。

スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ