ツアー・ダウンアンダーを走ったチームバイクを紹介していくシリーズ第2弾はボーラ・ハンスグローエ、CCCチーム、コフィディスの3チーム。スペシャライズドの勝利量産バイク、ジャイアントの新型バイク、欧州王者ペイントのデローザを紹介します。第3弾はこちら



ボーラ・ハンスグローエ

ボーラ・ハンスグローエ / スペシャライズド S-Works Vengeボーラ・ハンスグローエ / スペシャライズド S-Works Venge photo:Kei Tsuji
2019年シーズンから引き続きスペシャライズドのS-Worksのヴェンジとターマックを選手の好みに合わせて乗り分けるボーラ・ハンスグローエ。チームカラーを纏ったフレームに、シマノのデュラエースDI2&油圧ディスクブレーキ一式とスペシャライズド関連アイテムが組み合わされ、セラミックスピードのBBやスパカズのバーテープを採用。ヴェンジはS-WORKSのハンドル&ステムだが、ターマックのハンドル周りはPRO製品で固められている。パワーメーターは4iiii(フォーアイ)からシマノに切り替わった。

まだチューブラータイヤ使用選手が多い中、チームの中で2名の選手がチューブレスタイヤを実際にレースで使用した。ホイール交換が素早くなるという理由でダイレクトマウントのディレイラーハンガーを採用している。なお、ディスクブレーキ採用チームのほとんどはスルーアクスル脱着の際にトルク管理された電動ドライバーを使用する。新スポンサーであるクロンバッハのノンアルコールビールのロゴがボトルに加わっている。

パワーメーターはシマノのデュラエースにパワーメーターはシマノのデュラエースに photo:Kei Tsujiワフーのコンピューターを使用するワフーのコンピューターを使用する photo:Kei Tsuji
サドルはS-WORKSフェノムの他、選手の好みに合わせてセレクトサドルはS-WORKSフェノムの他、選手の好みに合わせてセレクト photo:Kei TsujiBBにはセラミックスピードを採用BBにはセラミックスピードを採用 photo:Kei Tsuji
フレームスペシャライズド S-Works Venge
グループセットシマノ デュラエース DI2 11速/ディスクブレーキ
ホイールロヴァール CLX64
パワーメーターシマノ デュラエース
サドルS-WORKS フェノム
ハンドルS-WORKS エアロフライ2
ペダルシマノ デュラエース
タイヤS-WORKS ターボ ラピッドエアー
コンピューターワフー


CCCチーム

CCCチーム / ジャイアント TCR Advanced SLCCCチーム / ジャイアント TCR Advanced SL photo:Kei Tsuji
ポーランドのCCCチームが使用するのはジャイアントのTCR Advanced SL。しかしヘッドチューブが現行モデルとは異なり、ダウンチューブにはDI2のジャンクションボックスが配されているなど、発表前の新型と思われる。カムテール形状を各所に取り入れるなどエアロ性能を向上させていると見られるが、ハンドル周りのケーブル内装化は確認させない。

グループセットは今季UCIワールドチーム19チームの中で14チームが使用するシマノのデュラエースDI2だが、ディスクブレーキの採用は見送った。ホイールはカデックスの42と65を使い分け、総合3位に入ったシモン・ゲシュケ(ドイツ)は前42/後65を組み合わせた。ゲシュケはヴィットリアのチューブラータイヤを使用したが、中にはカデックスのチューブレスタイヤを使用するチームメイトも。ゲシュケは上ハンドルを握りながら変速可能なDI2のシフトスイッチを愛用している。なお、バイク重量がUCI規定重量を下回る6.4kgだったため、ボトルケージ下部に400g分の重りを追加している。

ホイールはカデックスの42と65を使い分けるホイールはカデックスの42と65を使い分ける photo:Kei Tsujiハンドル周りはジャイアント製品で、DI2のシフトスイッチが追加されているハンドル周りはジャイアント製品で、DI2のシフトスイッチが追加されている photo:Kei Tsuji
サドルはジャイアントのコンタクトSLRサドルはジャイアントのコンタクトSLR photo:Kei Tsujiボトルケージ下部に400g分の重りが追加されているボトルケージ下部に400g分の重りが追加されている photo:Kei Tsuji
フレームジャイアント TCR Advanced SL
グループセットシマノ デュラエース DI2 11速/リムブレーキ
ホイールカデックス 42/65
パワーメーターシマノ デュラエース
サドルジャイアント コンタクトSLR
ハンドルジャイアント コンタクトSLR
ペダルシマノ デュラエース
タイヤヴィットリア コルサ
コンピューターガーミン


コフィディス

コフィディス / デローザ SK Pininfarinaコフィディス / デローザ SK Pininfarina photo:Kei Tsuji
UCIワールドチーム入りしたフランスのコフィディスは使用バイクをクオータからデローザに切り替えた。写真は新加入エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のヨーロッパチャンピオンカラーに塗られたSKピニンファリーナで、選手の好みに合わせてより軽量なメラクも投入された。通常のチームバイクは真っ赤なペイントが特徴。

カンパニョーロのスーパーレコードEPSとディスクブレーキでグループセットは統一。SKピニンファリーナとメラクはともにFSAのACRシステムを採用し、ハンドル周りのケーブル内装化を果たしている。フルクラムホイールに装着されるのはミシュランタイヤで、セッレイタリアのサドル、ルックのペダルという伊仏混成セッティング。なお、ヴィヴィアーニとともにイタリア人メカニックやスタッフが同時にチームに加わっており、バイクと合わせてチーム全体のイタリア色が強くなっている。

欧州チャンピオンのヴィヴィアーニのスペシャルペイント欧州チャンピオンのヴィヴィアーニのスペシャルペイント photo:Kei Tsujiセッレイタリアのサドルも欧州チャンピオン仕様セッレイタリアのサドルも欧州チャンピオン仕様 photo:Kei Tsuji
カンパニョーロのスーパーレコードEPSにSRMのパワーメーターカンパニョーロのスーパーレコードEPSにSRMのパワーメーター photo:Kei TsujiFSAのACRシステムを採用したハンドル周りFSAのACRシステムを採用したハンドル周り photo:Kei Tsuji
フレームデローザ SK Pininfarina
グループセットカンパニョーロ スーパーレコード EPS 12速/ディスクブレーキ
ホイールフルクラム 55T DB
パワーメーターSRM
サドルセッレイタリア SLR
ハンドルヴィジョン メトロン
ペダルルック KEOブレード
タイヤミシュラン パワーコンペティション
コンピューターSRM PC8
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水 500ml×24本
カテゴリー: Grocery
メーカー: アサヒ飲料
参考価格: ¥ 2,462
最安価格: ¥ 1,500
アマゾン価格: ¥ 1,954
の画像 サッポロ おいしい炭酸水ストロング500ml ×24本
カテゴリー: Grocery
メーカー: ポッカサッポロ フード&ビバレッジ
最安価格: ¥ 1,400
アマゾン価格: ¥ 1,798
の画像 VOX ヴォックス 強炭酸水 プレーン 500ml×24本
カテゴリー: Grocery
メーカー: VOX株式会社
参考価格: ¥ 1,890
最安価格: ¥ 1,650
アマゾン価格: ¥ 1,651