ツアー・ダウンアンダーを走ったチームバイクを紹介するシリーズ第3弾。初日を制したドゥクーニンク・クイックステップのヴェンジ、新たな装いのEFプロサイクリングのシステムシックス、ディスク化を果たしたグルパマFDJのゼリウスの3台を紹介します。第4弾はこちら


ドゥクーニンク・クイックステップ

ドゥクーニンク・クイックステップ / スペシャライズド S-WORKS Vengeドゥクーニンク・クイックステップ / スペシャライズド S-WORKS Venge photo:Kei Tsuji
第1ステージを制したサム・ベネット(アイルランド)はチームを移籍した(ボーラ→ドゥクーニンク)がバイクはそのまま。アイルランドチャンピオンだが、通常のチームカラーのS-WORKSヴェンジに乗った。2019年シーズンから大きな変更点はなく、ロヴァールのCLX64ホイールからタイヤ、サドル、ハンドル周りまでスペシャライズド製品で固められている。BBやホイールハブはセラミックスピードのベアリング入り。

グループセットは引き続きシマノのデュラエースDI2で、ベネットはスプリンターながらDI2のスプリンタースイッチを使用していない。レースでは主にチューブラータイヤを使用したが、今後チューブレスタイヤの使用率を上げていくという。ワフーに限らず、プロ選手の多くはコンピューター紛失防止のためにストラップをハンドルにかけている。

ドゥクーニンク・クイックステップはディスクブレーキのスルーアクスル脱着に電動ドライバーをいち早く採用したチームであり、メカニックによるホイール交換時間は年々短縮している。フロントホイールであればクイックリリースと大差ない交換時間を達成しているという。

ベネットは引き続きS-WORKS パワーサドルを愛用するベネットは引き続きS-WORKS パワーサドルを愛用する photo:Kei Tsujiワフーのコンピューターは紛失防止のストラップ付きワフーのコンピューターは紛失防止のストラップ付き photo:Kei Tsuji
ロヴァールCLX64にS-WORKSターボのチューブラータイヤロヴァールCLX64にS-WORKSターボのチューブラータイヤ photo:Kei Tsujiボーラ・ハンスグローエと同様にセラミックスピードのBBを使用するボーラ・ハンスグローエと同様にセラミックスピードのBBを使用する photo:Kei Tsuji
フレームスペシャライズド S-WORKS Venge
グループセットシマノ デュラエース DI2 11速/ディスクブレーキ
ホイールロヴァール CLX64
パワーメーターシマノ デュラエース
サドルS-WORKS パワーサドル
ハンドルS-WORKS エアロフライ2
ペダルシマノ デュラエース
タイヤS-WORKS ターボ
コンピューターワフー


EFプロサイクリング

EFプロサイクリング / キャノンデール SystemSix Hi-MODEFプロサイクリング / キャノンデール SystemSix Hi-MOD photo:Kei Tsuji
新たな装いで登場したEFプロサイクリングのキャノンデールのSystemSix Hi-MOD。ダウンアンダーでは、より軽量なSuperSix EVOとの割合が半々だった。独特の油膜のようなグラデーションカラーから、チームジャージ同様にストライプが組み合わされた幾何学的なカラーリングに変更されている。フレームカラー以外には、ペダルがシマノからスピードプレイに変更された。片面にディンプル加工が施されたゼロエアロペダルを全員が使用している。

パワー2マックスのパワーメーターにFSAのチェーンリング(54T)を装着したキャノンデールのホログラムクランクSiSL2を除いて、シマノのデュラエースDI2油圧ブレーキのフルセットで組み上げられる。ディスクブレーキのローター径はプロトン標準の前160mm/後140mm。シーズン初戦だけに多くの選手がプロロゴの新しいスクラッチM5を積極的にテストしていた。

ほとんどの選手がヴィットリアのコルサチューブラーを使用した一方で、写真のバイクの持ち主クリストファー・ハルヴォルセン(ノルウェー)は毎日ヴィットリアのチューブレスタイヤでレースを走った。

ハルヴォルセンは毎日ヴィットリアのチューブレスタイヤを使用したハルヴォルセンは毎日ヴィットリアのチューブレスタイヤを使用した photo:Kei Tsujiパワー2マックス&FSAチェーンリングを装着したキャノンデールのホログラムクランクSiSL2パワー2マックス&FSAチェーンリングを装着したキャノンデールのホログラムクランクSiSL2 photo:Kei Tsuji
スピードプレイのゼロエアロペダルを新たに採用スピードプレイのゼロエアロペダルを新たに採用 photo:Kei TsujiプロロゴのスクラッチM5を使用するプロロゴのスクラッチM5を使用する photo:Kei Tsuji
フレームキャノンデール SystemSix Hi-MOD
グループセットシマノ デュラエース DI2 11速/ディスクブレーキ
ホイールヴィジョン メトロン
パワーメーターパワー2マックス
サドルプロロゴ スクラッチM5
ハンドルヴィジョン メトロン
ペダルスピードプレイ ゼロエアロ
タイヤヴィットリア コルサ(チューブレス)
コンピューターガーミン


グルパマFDJ

グルパマFDJ / ラピエール Xelius SL Ultimate DiscグルパマFDJ / ラピエール Xelius SL Ultimate Disc photo:Kei Tsuji
長年ラピエールに乗り続けるフランスのグルパマFDJ。2020年シーズンも引き続きラピエールのゼリウスSLとエアコードSLを乗り分ける。元来シマノと結びつきが強いチームであり、パワーメーターやホイール、ペダルを含めてデュラエースのフルセット(DI2&油圧ディスクブレーキ )で、シートポストやハンドル、ステム、バーテープはPRO製品。ハンドルバーの先端にDI2のジャンクションが付く。

2020年シーズンから積極的にディスクブレーキを採用し、ホイール交換の際に工具のいらないEスルーアクスルを使用している。シマノ/PRO以外の製品としては、コンチネンタルのタイヤやプロロゴのサドル、エリートのボトルケージ、フォーリアーズのチェーンキャッチャーなど。

写真は山岳賞3位に入った身長190cmのブルーノ・アルミライル(フランス)のバイクで、アルミ製のPROバイブステムの長さは131mm(プロ選手にはミリ単位で供給される)。軸長を4mmプラスしたペダルを使用する選手も。

ディスクブレーキを標準とし、Eスルーアクスルを使用ディスクブレーキを標準とし、Eスルーアクスルを使用 photo:Kei Tsujiプロに供給される1mm刻みのPROバイブステムプロに供給される1mm刻みのPROバイブステム photo:Kei Tsuji
プロロゴの各種サドルを選手の好みに合わせてセレクトプロロゴの各種サドルを選手の好みに合わせてセレクト photo:Kei Tsujiフォーリアーズのチェーンキャッチャーフォーリアーズのチェーンキャッチャー photo:Kei Tsuji
フレームラピエール Xelius SL Ultimate Disc
グループセットシマノ デュラエース DI2 11速/ディスクブレーキ
ホイールシマノ デュラエース
パワーメーターシマノ デュラエース
サドルプロロゴ ナゴ
ハンドルPRO バイブ
ペダルシマノ デュラエース
タイヤコンチネンタル コンペティション
コンピューターガーミン
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個
カテゴリー: Grocery
メーカー: 井村屋
参考価格: ¥ 1,080
最安価格: ¥ 890
アマゾン価格: ¥ 980
の画像 Enemoti (エネもち) クルミ餅 8本入り 【補給食説明書付】
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 株式会社 天狗堂宝船
参考価格: ¥ 2,332
最安価格: ¥ 2,200
アマゾン価格: ¥ 2,200
の画像 Mag-on(マグオン) エナジージェル レモン味 12個入り TW210179
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: セロトーレ
参考価格: ¥ 3,629
最安価格: ¥ 2,760
アマゾン価格: ¥ 3,505