セラフ E-01S 走りを追求したハイエンドE-クロスバイク

セラフ E-01Sセラフ E-01S
ミズタニ自転車のオリジナルブランドであるセラフからデビューしたE-BIKEがこのE-01Sだ。熾天使の名前を冠するブランド名は、昭和28年(1953年)に開催された「東京大阪間第2回プロロード選手権」にて個人/団体優勝を果たした水谷輪業セラフチームが使用したセラフ号に由来を持つ。そんな由緒あるネーミングを復活させるところに、新たなE-スポーツバイクというカテゴリーにかける意気込みが伝わってこようというものだ。

見る角度によって異なる印象を与えるパールホワイトに塗り上げられたフレームは軽量かつ高剛性なアルミ製。クロスバイクながら、グラベルロードと同じようなジオメトリーを採用しており、アシスト抜きにしてもスポーツバイクとして成立する完成度を持ったフレームだ。

ヘッドチューブにはかつてのセラフのグラフィックが躍るヘッドチューブにはかつてのセラフのグラフィックが躍る
変速系はMTB用のミドルグレード DEOREを採用変速系はMTB用のミドルグレード DEOREを採用 ストレート形状のカーボンフォークを採用するストレート形状のカーボンフォークを採用する

今回紹介する4車種のうち、唯一カーボンフォークを採用することも大きな特徴。フロントフォークは走行性能に大きく影響する部分だけに、軽量でありながら優れた剛性感と振動吸収性を持つカーボンフォークを採用することでライディングフィールを大きく向上させている。

ヘッドチューブもロードバイクでは標準的となったテーパードヘッドを採用。下ワンを大径化することでコーナーリングやブレーキングでもたわむことの無い安心感を手に入れている。加えて前後スルーアクスルを採用しており、最新のディスクロードに共通するスペックを持った1台となる。

きれいにインテグレートされたシマノ STEPSきれいにインテグレートされたシマノ STEPS
シンプルなハンドル周りシンプルなハンドル周り コンポーネントは全てDEOREでまとめられているコンポーネントは全てDEOREでまとめられている

コンポーネントはMTB用コンポーネントとして高い信頼を誇るシマノ DEOREを採用。初心者はもちろん、スポーツバイクユーザーも満足できる性能と質感を兼ね備えるバランスの取れたグループセットだ。また、多くのブランドを取り扱うミズタニ自転車のバイクらしく、各パーツのチョイスもこだわりが現れている。

サドルはバケットシートのようなホールド感が魅力のセッレSMP TRK。タイヤはコンチネンタルのウルトラスポーツの32mm幅が履かされており、軽快な走りに加えて多少の荒れた路面をも気にせず走れる耐久性と安定感を与えられている。サイズは身長165cm~175cmに対応する500と、身長155cm~165cmまで対応する500Sの2種類が用意されているのも嬉しい。

高品質なパーツアセンブルとロードバイクライクなジオメトリーでスポーツバイクとしての爽快感を追求したセラフ E-01S。果たして二人の評価はいかに。

セラフ E-01S インプレッション

「とても安心感のある乗り味で下りも走りやすい」杏寿沙「とても安心感のある乗り味で下りも走りやすい」杏寿沙
品川:今回テストした4台の中で、走行性能に一番重きを置いているのはこのバイクだと感じました。唯一カーボンフォークを採用していたり、前後スルーアクスルでホイールやタイヤも少し良い物を履いていたりと、スペックを見てもわかりやすい。

ジオメトリーにもそれは現れていて、かなりレーシングなジオメトリーです。クロスバイクというよりも、グラベルロードに近い設計ではないでしょうか。駆動力に大きく影響するチェーンステーもかなり短く、たわみを抑えることでかっちりとした踏み味と反応性が味わえます。

杏寿沙:私も実際に乗った瞬間に「あ、このバイクは走りやすい」と思いました。富士スカイラインの下りで選んだのもセラフで、かなりスピードも出てましたけど余裕を持って下れました。

品川:ホイールをしっかりと締結できるスルーアクスルの採用は、下りのコーナーでの安心感に大きく繋がっていると思いますね。フロントフォークの剛性もしっかりしていて、大きく力がかかる場面でも捻じれるような感触はありません。ただ、しっかりとした剛性が確保されている分、乗り心地も固めですね。

剛性感と乗り心地の良さというのは、ある程度トレードオフの関係にありますが、このバイクは前者に比重を置いているということでしょう。とはいえ、32mmとそれなりにエアボリュームのあるタイヤを組み合わせているので、ある程度空気圧によって乗り味もコントロールすることは出来ます。

セッレSMPのTRKを採用する 「とてもいい感触」とは杏寿沙さんセッレSMPのTRKを採用する 「とてもいい感触」とは杏寿沙さん 杏寿沙:乗り心地という面でいうと、組付けられているサドル(セッレSMP TRK) がとても良い感触でした。幅広でしっかりと支えてくれる感じで。クッションも厚めで、穴も大きく開いているので、初心者や女性にも合いやすそうなサドルだと思います。

品川:そういった部分にもしっかりしたパーツが組み合わせられているのは、非常に好感が持てますね。スポーツバイクとして、しっかりと性能を出していこうという姿勢が感じられます。

剛性感やジオメトリー、各パーツのアセンブルなど、かなり本気で作られた一台ですね。アシストを切って走ってみた時、一番走るバイクです。それだけ、自転車としての基本的な性能、完成度が高い。

「かなりレーシーな乗り味でスポーツバイク経験者も満足できる高性能」品川真寛「かなりレーシーな乗り味でスポーツバイク経験者も満足できる高性能」品川真寛
杏寿沙:見る角度によって色合いが変わって見えるようなペイントもすごく手間がかかってるんだろうな、と思います。高級感があり価格に見合ったデザイン性と機能が融合している感じがします。

品川:初心者はもちろん、既にスポーツバイクに乗っている方でも満足できる素性の良い1台ですね。E-BIKEという新しいカテゴリーの中でも、特に走りにこだわりたいという方にオススメです。

セラフ E-01S

サイズ500(165-175cm)、500S(155-165cm)
カラーパールホワイト
フレームアルミ (T6061-T6)
フロントフォークカーボン (1-1.8/1.5 Tapered)
ドライブユニットSHIMANO STEPS E8080
バッテリーSHIMANO STEPS BT-E6010 418Wh(36V、 11.6Ah)
タイヤコンチネンタル ウルトラスポーツ 700x32C
重量17.5kg
価格380,000円(税抜)

提供:シマノ 制作:シクロワイアード編集部