シマノがオンラインストア限定モデルとなる3つの新作アイウェアを発表。彩度を強調し、コントラストを高めることで視認性を高めるRIDESCAPEレンズテクノロジーを採用し、快適なライドを実現するTECHNIUM、TECHNIUM L、TWINSPARKを紹介しよう。



シマノが3つの新型アイウェアを発表 (c)シマノ

DURA-ACEやXTRといったバイクコンポーネントメーカーとして、世界に冠たるシマノ。一方、S-PHYREシリーズに代表されるように、ライダーが身に着けるシューズやウエアにおいても高性能なプロダクトをラインアップしている。

アイウェアにおいても例外ではなく、シマノ独自のアプローチで高機能な製品を開発している。2024年モデルでは、軽量で広い視野と高いプロテクションを実現する大型一眼アイウェアのラインアップを強化し、TECHNIUM、TECHNIUM L、TWINSPARKと、一挙に3つの新作を投入する。

鮮明な視野を約束するRIDESCAPEレンズテクノロジーを採用する (c)シマノ

どのモデルにも共通するのが独自のレンズテクノロジーである"RIDESCAPE"だ。ロードやグラベル、トレイルなど、ライドシーンに応じて適切な量の光を透過させることで視認性を高めることをコンセプトに、5つのレンズを用意。裸眼でははっきり見えないような環境でも、より鮮明に輪郭を浮かび上がらせ、色鮮やかな視界を実現するのが、RIDESCAPEレンズとなっている。

TECHNIUMは前作よりデザインを一新し、直線的なシルエットに。フルリムデザインは受け継ぎつつつも、よりスポーティーなイメージの一着へ姿を変えた。

シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE RD/マットホワイト) (c)シマノ

シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE RD/マットブラック) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE RD/ティール) (c)シマノ



27.4gという軽量性と保護性能を両立するフルリムに搭載されるレンズには上部と下部にベンチレーションが設けられ、蒸し暑い夏場や不意の天候変化があっても曇ることなく、常にクリアな視界をキープできるよう設計されている。

フレームにはバイオ由来のRilsan Clear G850 Rnew ポリアミド素材を使用し、必要な強度を満たしつつ環境に優しいプロダクトとなっていることもポイントだ。

シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE OR/ティーベリー) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE OR/マットグレー) (c)シマノ


シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE OR/ダークオリーブ) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM(RIDESCAPE GR/ブロンズゴールド) (c)シマノ



ノーズパッドはリバーシブルかつ容易に調整可能。肌に優しいTPE素材を使用したテンプルチップには滑り止め加工が施されており、安定したフィット感とかけ心地の良さを実現した。

TECHNIUMに用意されるレンズは、ロード用のRD、オフロード用のOR、グラベルライディング用のGRという3種類のRIDESCAPEレンズ。それぞれのレンズに加えてポリカーボネート製クリアレンズがスペアとして付属する。価格は9,900円。

シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE RD/マットホワイト) (c)シマノ

シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE RD/クリムゾン) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE RD/スモーキーネイビー) (c)シマノ



TECHNIUMの基本設計を受け継ぎつつ、より軽量なモデルとして用意されるのがTECHNIUM Lだ。ハーフリムデザインによって、26gと非常に軽量に仕上げられた一着で、一日中着用していても疲れることのないストレスフリーなかけ心地を提供する。

広い視界と快適性を実現するワイドなシングルレンズに加え、リバーシブルノーズパッド、TPE素材のテンプルチップ、UV-400プロテクション、傷防止加工、疎水性コーティングといったスペックはTECHNIUMと共通。

シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE RD/マットブラック) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE RD/マットブラック) (c)シマノ

シマノ TECHNIUM-L(Photochromic gray/マットブラック) (c)シマノ


シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE OR/ダークオリーブ) (c)シマノ
シマノ TECHNIUM-L(RIDESCAPE GR/ブロンズゴールド) (c)シマノ



レンズについては、3種類のRIDESCAPEレンズ(RD、OR、GR)に加え、フォトクロミックグレーレンズも用意される。光量に応じてレンズの色が変化するフォトクロミック(調光)レンズは、一枚で幅広い状況に対応できる。価格はRIDESCAPEレンズが9,900円、フォトクロミックレンズが12,100円(共に税込)となる。

よりコストパフォーマンスに優れたアイウェアを求めるライダーに用意されるのがTWINSPARKだ。大型一眼レンズに軽量なハーフリムを組み合わせることで、25.3gという重量を実現した。

シマノ TWINSPARK(RIDESCAPE HC/ホワイト) (c)シマノ
シマノ TWINSPARK(RIDESCAPE HC/ディープレッド) (c)シマノ


シマノ TWINSPARK(RIDESCAPE HC/ブラック) (c)シマノ
シマノ TWINSPARK(RIDESCAPE HC/スモーキーネイビー) (c)シマノ



採用されるレンズは、眩しい日中のライドを快適にするRIDESCAPE HC。アスファルトからの照り返しを除去しコントラストを高めることで、路面の凹凸を強調するデイライトレンズは、ライダーの自信に繋がるはずだ。

7,700円(税込)という価格ながら上位モデル同様の傷防止加工、疎水性コーティング、そして鮮明度の高い超軽量・耐衝撃性ポリアミドレンズを採用し、高いパフォーマンスを実現している。

今回紹介した3モデル共に、現時点ではシマノの公式オンラインストア限定での取り扱いとなっている。気になる方はアクセスしてみては。



シマノTECHNIUM
レンズxフレームカラー:
RIDESCAPE RD:マットブラック、マットホワイト、ティール
RIDESCAPE OR:マットグレー、ダークオリーブ、ティーベリー
RIDESCAPE GR:ブロンズゴールド
フレーム素材:バイオ由来Rilsan® Clear G850 Rnew ポリアミド
参考重量:27.4g
スペアレンズ:PCクリア
価格:9,900円(税込)

シマノTECHNIUM L
レンズxフレームカラー:
RIDESCAPE RD:マットブラック、マットホワイト、スモーキーネイビー、クリムゾン
RIDESCAPE OR:マットブラック、ダークオリーブ
RIDESCAPE GR:ブロンズゴールド
Photochromic gray:マットブラック

フレーム素材:バイオ由来Rilsan® Clear G850 Rnew ポリアミド
参考重量:RIDESCAPE 26g、フォトクロミック 28.5g
スペアレンズ:PCクリア
価格:RIDESCAPE 9,900円(税込)、フォトクロミック 12,100円(税込)

シマノTWINSPARK
レンズxフレームカラー:
RIDESCAPE HC:ブラック、ホワイト、ディープレッド、スモーキーネイビー
参考重量:25.3g
価格:7,700円(税込)

同じ製品カテゴリーの記事

ジャイアント&Liv ネイビーとオレンジのコントラストが映えるジェイコ・アルウラーのチームキット Gakuto Fujiwara 2024/04/22(月) - 15:02
新製品情報2024
アソス EQUIPE RS SCHTRADIVARI S11 シュトラディバリの名を冠した究極のビブショーツ Makoto Ayano 2024/04/02(火) - 17:18
製品インプレッション

最新ニュース(全ジャンル)