イタリアのタイヤブランドであるピレリからオールウェザー対応のレーシングタイヤであるP ZERO RACE 4Sのチューブレスレディ版が登場。あらゆる天候で安定したグリップ性能を発揮する4シーズン向けのタイヤに、新レイヤー"SpeedCORE"を組合せ、耐パンク性と転がり性能がさらに向上し、P ZERO RACE 4S SpeedCOREとして生まれ変わった。



ピレリ P ZERO RACE TLR 4S SpeedCORE (c)カワシマサイクルサプライ

トレック・セガフレードをはじめとしたワールドチームにタイヤを供給するイタリアのピレリ。F1のタイヤサプライヤーとしても知られており、ミシュランやブリヂストンなどと並ぶ世界的なレーシングタイヤメーカーとして、トップティアーブランドだ。

ピレリのロードバイク用タイヤの中で、プロも使用するトップエンドに位置するのがP ZERO RACEシリーズ。サポートするワールドチームの選手らと共に開発されたピュアレーシングタイヤのオールウェザー対応ハイグリップモデルとして用意されるのがP ZERO RACE 4Sである。4S、つまり4シーズンモデルとして、温暖な夏から厳寒の冬までこの1本でこなすことのできる性能を与えられていることが特徴だ。

ノーマルモデルよりも分厚いトレッドを採用。最も内側にあるのがSpeedCOREだ (c)カワシマサイクルサプライ

そのP ZERO RACE 4Sにチューブレスレディ仕様のP ZERO RACE 4S TLR SpeedCOREが登場。大きな特徴は、先行してP ZERO RACE TLR にも採用されたSpeedCOREテクノロジーを採用したこと。

これは、従来のTechWallに代わる新たなチューブレスレイヤーであり、アラミド粒子を配合した極薄のラバー層をタイヤの最内周部に配置することで、気密性と転がり抵抗、そして耐パンク性を向上させるというもの。さらに、しなやかな120tpiのナイロンカーカス、そしてナイロンブレーカーによってパンク防止性を更に高めている。

寒冷地でもウェット路面でも活躍する4シーズンタイヤだ (c)カワシマサイクルサプライ

さらに、トレッドにはシリカを配合したSmartNET™ SILICA コンパウンドを採用。ウェット&ケミカルグリップに最適な配合のコンパウンドは、秋冬の寒冷な時期のウェット路面においても高いグリップ性能を発揮する。高い耐久性と寒冷地でのグリップ力を高めるために、ノーマルモデルよりも分厚いトレッドゴムに特殊なディープサイプを施すことで、P ZERO RACEのレーシングフィールをオールシーズン楽しめるタイヤとなっている。

新たなP ZERO RACE 4S TLR SpeedCOREはミラノの自社工場で生産されるメイドインイタリータイヤとして送り出され、非常に高い品質を確保。サイズ展開もワイド化&拡充され、28C、30C、32Cという3サイズでの展開となる。重量は28Cで330g、30Cで365g、32Cで395gとなる。価格は13,000円(税込)。

ピレリ P ZERO RACE 4S TLR SpeedCORE (c)カワシマサイクルサプライ



ピレリ P ZERO RACE 4S TLR SpeedCORE
ストラクチャー:SpeedCORE™
コンパウンド:SmartNET™ Silica
ケーシング:120tpi
サイズ:700x28C、30C、32C
重量:28C/330g、30C/365g、32C/395g
カラー:ブラック
定価:13,000円(税込)

最新ニュース(全ジャンル)

ジョシュア・ラドマンが山本哲央を下してステージ優勝 寺田吉騎がポイント賞獲得 Satoru Kato 2024/05/22(水) - 18:38
ツアー・オブ・ジャパン2024 第4ステージ 美濃
キャノンデール Trail Neo 4 街乗りやトレイルでライダーを支えてくれる電動アシストMTB Gakuto Fujiwara 2024/05/22(水) - 15:14
新製品情報2024
ポガチャル「予想外の勝利」トーマス「這うように頂上を目指した」 Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 13:36
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ選手コメント
スコットが山梨県のふじてんリゾートでMTB試乗会を6月1~2日まで開催 Michinari Takagi 2024/05/22(水) - 10:58
SPARK RC TEAMやGENIUS 930を試せる機会
雨でコース短縮の山頂フィニッシュ ポガチャルが逃げ捉え、圧巻の区間5勝目をマーク Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 08:18
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ
ジョバンニ・カルボーニがステージ優勝でJCLチーム右京2勝目 中井唯晶が山岳賞維持 Satoru Kato 2024/05/21(火) - 20:14
ツアー・オブ・ジャパン2024 第2ステージ いなべ