コストパフォーマンスに優れるスマートローラーのNOZA Sを用意するエクスプローバが、新型となるインドアトレーナーのNOZA oneをリリースした。自動負荷調整機能を採用しないものの、パワー検出やデバイスとの連携が行える革新的なローラー台だ。



エクスプローバ NOZA oneエクスプローバ NOZA one (c)エクスプローバ
エクスプローバのNOZA Sは10万円以下のプライスに設定され、非常に多くのサイクリストから支持を集めたスマートローラーとして知られる一台だ。そんなNOZA Sとそっくりのボディを持つ新型のNOZA oneがリリースされる。

外見はNOZA Sとほぼ変わらないダイレクトドライブ式のインドアトレーナーだが、NOZA oneはスマートトレーナーの一部機能を省略することで、さらに手頃な価格を実現したエントリーグレードにあたる。

オミットされた一部機能とは、トレーナーの負荷が自動的に変化する機能。ズイフトなどのバーチャルサイクリングでは勾配の変化に合わせて負荷が変わり、トレーニングでは目標ワット数に応じた負荷を掛けてくれるインタラクティブな機能として、スマートローラーには欠かせないスペックだ。

エクスプローバ NOZA oneエクスプローバ NOZA one (c)エクスプローバ
バーチャルサイクリングの流行とともに注目されたこの機能を省略する理由は、バーチャルサイクリング内での勾配変化を受けての負荷調整がオーバースペックという意見があったため。上り坂では負荷が効きすぎてしまい、コースを楽しめないという声もあったのだとか。

ズイフトなどでは斜度の再現具合を調整できるが、バーチャルサイクリングをとりあえず楽しんでみたい方にとってや、ローラー台側のダイナミックな負荷調整機能を必要としない場合は、多機能なスマートローラーは非常に高価な存在だ。

そこでパワーを計測することができ、各種デバイスと連携できる機能を備えながら、59,400円(税込)という価格を実現したNOZA oneは、バーチャルサイクリングのエントリー機として最適だろう。

自動負荷調整機能が採用されていないため、気軽に山岳コースなどを楽しめる自動負荷調整機能が採用されていないため、気軽に山岳コースなどを楽しめる (c)エクスプローバ
ハードウェア面のスペックは、パワーの測定精度は±3.0%。装着できる車輪径はロードが650c、700c、MTBが24インチ、26インチだ。本体のフリーボディはシマノ/スラム11速用で、カセットスプロケットは別途購入する必要がある。NOZA oneの電源は単4乾電池×2のため、場所を選ばず使うことが可能だ。

また、ダイレクトドライブ式であることで、30km/hでの走行時で58dBという静粛性を獲得。5.3kgのフライホイールから生み出される慣性力や、最大出力800Wのスペックによって、ある程度のインドアサイクリングに対応できるため、バーチャルサイクリングのみならず、室内トレーニングに興味あるサイクリストにおすすめできる入門機だろう。



エクスプローバ NOZA one
寸法(設置時):600 × 490 × 450 mm
総重量(開梱時):12.5Kg
フライホイールの重量:5.3 Kg
騒音レベル:58dB(30Km/h)
最大出力:800W(58Km/h)
最大シミュレーション傾斜:2%
精度:±3.0%
自転車との互換性:ロード650c、700c マウンテン24"、26"
電源:単 4乾電池 2本(別売)
電池稼働時間:約360時間
価格:59,400円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 ナイトプロテイン ココア 1kg グラスフェッド
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
最安価格: ¥ 6,480
アマゾン価格: ¥ 6,480