休息日明けの1級山岳フィニッシュでエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) が遅れた。ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が逃げ切りに成功し、サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)が総合成績を挽回している。



5月26日(水)第17ステージ
カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km ★★★★


ドロミテを見上げるカナツェーイのスタート地点ドロミテを見上げるカナツェーイのスタート地点 photo:RCS Sport
5月26日(水)第17ステージ カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km ★★★★5月26日(水)第17ステージ カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km ★★★★ image:RCS Sport5月26日(水)第17ステージ カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km ★★★★5月26日(水)第17ステージ カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km ★★★★ image:RCS Sport


大会最後の休息日を終え、ジロ・デ・イタリアはドロミテの山々を横目にトレンティーノ=アルト・アディジェ州を南へと移動する。ステージ中盤にかけてアディジェ川が作り出したアディジェ渓谷を走り、2つのスプリントポイントを通過してから再び山岳地帯へと向かうと、残り50kmから1級山岳2連発に挑む。

1級山岳サンヴァレンティーノ峠(登坂距離14.8km・平均勾配7.8%)を越え、超高速ダウンヒルを経て、渓谷を挟んで向かい側にそびえるジロ初登場の1級山岳セーガ・ディ・アーラ(登坂距離11.2km・平均勾配9.8%)へ。実質的な平均勾配は10%オーバーで、特に残り4kmを切ってからは15%前後の勾配を刻む(最大勾配は17%)セーガ・ディ・アーラでの登坂バトルに注目が集まった。

サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ) photo:RCS Sportリラックスした様子のエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)リラックスした様子のエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:RCS Sport

長く激しいアタック合戦を経て19名がエスケープ長く激しいアタック合戦を経て19名がエスケープ photo:RCS Sport
雪を頂いたドロミテ山塊に見送られながら、足を痛めたヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・アソス)不在のプロトンが標高1,300mオーバーの街カナツェーイを出発。これまで8ステージで逃げ切りが決まってきたことから、この日も金星を狙う選手たちが次々とアタックを繰り出していく。渓谷沿いの緩斜面下り(つまり逃げが決まりにくい)で1時間に及ぶ飛び出しと吸収が繰り返された結果、54.7km地点の3級山岳ズヴェゼリ手前で19名という大きな逃げグループが先行することとなった。

逃げグループを形成した選手たち
ジャンニ・モスコン(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)
ジョフリー・ブシャール(フランス、AG2Rシトロエン)
ドリス・デボント(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
シモーネ・ラヴァネッリ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ・プレミアテック)
ジョヴァンニ・カルボーニ(イタリア、バルディアーニ・CSF・ファイザネ)
フェリックス・グロスシャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ピーター・セリー(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マッテオ・バディラッティ(スイス、グルパマFDJ)
ヤン・ヒルト(チェコ、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
アンドレア・パスクアロン(イタリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)
マッテオ・ヨルゲンソン(アメリカ、モビスター)
アントニオ・ペドレロ(スペイン、モビスター)
ジャコポ・モスカ(イタリア、トレック・セガフレード)
ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
アレッサンドロ・コーヴィ(イタリア、UAEチームエミレーツ)

ここまで鉄壁の走りを見せてきたマリアローザのエガン・ベルナル(コロンビア)擁するイネオス・グレナディアーズは、ジャンニ・モスコン(イタリア)を逃げに乗せてメイン集団をコントロール。やがてサイモン・イェーツ(イギリス)の総合ジャンプを狙うバイクエクスチェンジもメンバー3名を牽引役に送り、足の揃った逃げグループとの差を4分前後でキープした。

1級山岳サンヴァレンティーノ峠でダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が逃げグループを絞り込む1級山岳サンヴァレンティーノ峠でダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が逃げグループを絞り込む photo:RCS Sport
平穏に下りと平坦を終え、139km地点から始まる1級山岳サンヴァレンティーノ峠に入ると逃げグループ、3分後方のメイン集団共にふるいに掛けられていく。先頭グループでは中盤までクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が、後半区間はダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が牽引してペースを維持。マーティン、モスコン、アントニオ・ペドレロ(スペイン、モビスター)、ジョフリー・ブシャール(フランス、AG2Rシトロエン)の4名に絞り込まれた中、マリアアッズーラのブシャールが狙い通り1位通過で山岳ポイントを加算している。

サンヴァレンティーノ峠からの高速ダウンヒルでは、先頭のマーティングループから2分半遅れのメイン集団内にて落車が起きた。総合6位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)が巻き込まれたこのクラッシュでは、行き場を無くしたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)がコーナー外側のガードレールに衝突してしまった。エヴェネプールは痛みをこらえながら再乗車し36分遅れでフィニッシュしたものの、各部裂傷や挫傷を負ったため、チームはこの日終了後にエヴェネプールのリタイアを発表。大会序盤に総合2位を走った21歳のグランツール初挑戦は、遅れとクラッシュで幕を閉じることとなった。

1級山岳セーガ・ディ・アーラで独走するダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)1級山岳セーガ・ディ・アーラで独走するダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション) photo:RCS Sport
10%勾配が延々と続く1級山岳セーガ・ディ・アーラ突入時点で、シモーネ・ラヴァネッリ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)とジョヴァンニ・カルボーニ(イタリア、バルディアーニ・CSF・ファイザネ)が追いついた逃げグループとメイン集団の差は1分強。すると、序盤区間でステージ優勝を狙うマーティンがライバルたちを一気に振り落とした。

マーティンはメイン集団との1分半リードを維持しながらジロ初登場の峠道を駆け上がる。落車の影響を感じさせるチッコーネや総合4位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)はイネオス・グレナディアーズが淡々と刻むハイペースに付いていくことができず、峠の序盤区間で遅れを喫してしまった。

イネオストレインからは総合3位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)、そして総合7位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)も脱落。イネオスは前から降ってきたモスコンを牽引役に加えて、遅れた選手たちにダメージを与え続けていく。すると10分1秒遅れのジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)がメイン集団を飛び立った。

ベルナルとの距離を広げていくサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)ベルナルとの距離を広げていくサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ) photo:RCS Sport
ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)の激励を受けながらエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が登るダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)の激励を受けながらエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が登る photo:RCS Sport

最大勾配17%に達する激坂区間をきっかけに総合5位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)が抜け出し、メイン集団だったものはイェーツ、ベルナル、ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)、そしてアルメイダという4人だけになる。するとTVカメラは、快調にペースを刻むイェーツとアルメイダの後方で、力なく遅れていくベルナルの姿を捉えた。

ペダルに込める力を完全に失い、ペースを落としたベルナルを見てイェーツとアルメイダは攻勢に打って出た。先頭を逃げ続けるマーティンとの距離を縮めながら、そしてマルティネスに付き添われながらフラフラ状態で登るベルナルを突き放しながらセーガ・ディ・アーラを突き進む。総合2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)に追いつかれたベルナルは緩斜面区間に入ってリズムを少し取り戻したものの、完全に復調することは最後までなかった。

最後の1急山岳を逃げ切ったダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が区間優勝最後の1急山岳を逃げ切ったダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が区間優勝 photo:RCS Sport
マーティンから30秒遅れでフィニッシュを目指すサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)マーティンから30秒遅れでフィニッシュを目指すサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ) photo:RCS Sport憔悴したエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)憔悴したエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:RCS Sport


水を得た魚のように登るイェーツを振り切って、苦しい表情で登り続けたマーティンがフィニッシュ地点にやってくる。ここまでツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャでステージ優勝を挙げてきたマーティンが、自身初となるジロ区間勝利。その13秒後にアルメイダが、そしてそこから17秒遅れてイェーツがフィニッシュ。カルーゾやベルナルたちはイェーツから約50秒遅れてフィニッシュにたどり着いた。

休息日明けの難易度4つ星ステージで総合成績は大きく動いた。総合1位ベルナルと総合2位カルーゾはほぼ同時にフィニッシュため3秒縮まっただけに留まったものの、イェーツは4分20秒遅れの総合5位から3分23秒遅れの総合3位へと巻き返した。カーシーは表彰台圏内から脱落して6分9秒遅れの総合5位に転落している。

三大グランツール全てでのステージ優勝を達成したダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)三大グランツール全てでのステージ優勝を達成したダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション) photo:RCS Sport
マリアローザこそ守ったものの、ベルナルは勢いづくイェーツを明日以降の山岳ステージで抑えきれるのか。大きな疑問符を残してジロ第3週初日が終了した。

ジロ・デ・イタリア2021第17ステージ結果
1位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)4:54:38
2位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:13
3位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)0:30
4位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)1:20
5位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)
6位ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)1:23
7位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
8位アントニオ・ペドレロ(スペイン、モビスター)1:38
9位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)1:43
10位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィズマ)2:21
11位トビアス・フォス(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)
14位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)2:52
17位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)3:08
21位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)3:52
28位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)7:58
63位新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)22:29
DNFレミ・ロシャス(フランス、コフィディス)
DNSヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・アソス)
マリアローザ 個人総合成績
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)71:32:05
2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)2:21
3位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)3:23
4位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)6:03
5位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)6:09
6位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)6:31
7位ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)7:17
8位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)8:45
9位トビアス・フォス(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)9:18
10位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)11:26
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)135pts
2位ダヴィデ・チモライ(イタリア、イスラエル・スタートアップネイション)113pts
3位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)110pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)180pts
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)109pts
3位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)79pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)71:31:05
2位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)0:04:18
3位ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:07:17
チーム総合成績
1位イネオス・グレナディアーズ215:04:48
2位ユンボ・ヴィズマ26:40
3位トレック・セガフレード30:29
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 パナソニック LED懐中電灯 電池がどれでもライト ホワイト BF-BM10-W
カテゴリー: ホーム&キッチン
メーカー: パナソニック(Panasonic)
参考価格: ¥1,255
最安価格: ¥1,255
アマゾン価格: ¥1,255
の画像 パナソニック 単3形・単4形 USB入出力急速充電器 BQ-CC87L
カテゴリー: Electronics
メーカー: パナソニック(Panasonic)
参考価格: ¥3,255
最安価格: ¥3,222
アマゾン価格: ¥3,255
の画像 【Amazon.co.jp限定】パナソニック エネループ 単3形充電池 20本パック スタンダードモデル BK-3MCC/20SA
カテゴリー: Electronics
メーカー: パナソニック(Panasonic)
参考価格: ¥7,580
最安価格: ¥7,000
アマゾン価格: ¥7,580