マヴィックのカーボンホイール「COSMIC」シリーズの新型が発表された。リムを改良することでチューブレステープ不要な仕様へとアップデート。より軽量でストレスフリーにチューブレスを運用できるレーシングホイール「COSMIC SLR 45 DISC」を紹介しよう。



リムを改良しチューブレステープ不要となったマヴィック COSMIC SLR 45 DISCリムを改良しチューブレステープ不要となったマヴィック COSMIC SLR 45 DISC (c)マヴィック
マヴィックから2021モデルの新作ホイールとして「COSMIC SLR 45 DISC」が発表された。従来のCOSMIC PRO CARBONシリーズの後継モデルとなるレーシングホイールであり、新設計リムにアップデートされたことが最大の変更点だ。

ハイト45mm、内幅19mm、外幅28mmというリム形状は変わらず、エアロに優れたNACAプロファイルを採用することで空気抵抗の少ないスムーズな走りを実現する。その上で、今作は新たに「FORE CARBON」テクノロジーを投入したことがトピックだ。マヴィックのFOREテクノロジーと言えば、アルミリムに直接ニップルのネジ山を切る技術で、タイヤが装着されるリムベッドにホールを空けることなくニップルを通すことが可能となる。

カーボンリムに初投入されたFORE CARBONテクノロジーカーボンリムに初投入されたFORE CARBONテクノロジー (c)マヴィックインフィニティハブプラットフォームという新設計ハブへ刷新インフィニティハブプラットフォームという新設計ハブへ刷新 (c)マヴィック

リムベッドのニップルホールがなくなりチューブレスイージーなホイールへと進化したリムベッドのニップルホールがなくなりチューブレスイージーなホイールへと進化した (c)マヴィック
このテクノロジーをカーボンリムにも応用することで、穴あけ箇所を減らし剛性低下を防ぐとともに、ニップルホールが無くなるためチューブレスタイヤを運用する際に重要な気密性確保にも貢献している。そのため、従来モデルとは異なりチューブレス用のリムテープが不要となったことも大きな進化と言えるだろう。

リムテープをセットする手間も省かれるとともに、テープの隙間から空気が漏れるといった心配もなくなり、よりストレスフリーにチューブレスタイヤを使うことができるはずだ。加えて、リムテープを使用しない分、前後輪合わせて60gの軽量化に繋がっているとマヴィックは説明する。

リムベッド形状の改良によって他メーカータイヤも装着しやすくなったリムベッド形状の改良によって他メーカータイヤも装着しやすくなった (c)マヴィック
リムベッドの形状も見直されており、チューブレスタイヤが着脱しやすく、ビードが上がりやすいように、中央の溝が拡幅されるとともに、パンクによる急激なビードの落ち込みを防ぐために設けられていたハンプ(段差)もなくなっている。

他社のチューブレスタイヤがマヴィックのリムが基準となっているETRTO規格に沿って製品化してきたため、楽にセッティングできるようになったと言い、今まで標準で付属していたマヴィックのロードUSTタイヤはセット販売ではなくなるという(タイヤ単体での販売は継続)。ETRTO規格準拠のチューブレスタイヤであればブランド問わず使用可能で、実際にテストしたマヴィックの担当者によるとシュワルベやヴィットリア、ハッチンソンとのマッチングは良かったとのこと。

カーボンの質感が押し出たシンプルなグラフィックを継続採用カーボンの質感が押し出たシンプルなグラフィックを継続採用 (c)マヴィックライド中の異音発生を防ぐためスポーク同士が接触しないハブ形状に変更されたライド中の異音発生を防ぐためスポーク同士が接触しないハブ形状に変更された (c)マヴィック

ハブも刷新されており、新しい「インフィニティハブプラットフォーム」と呼ばれるタイプへ進化した。従来のSLグレードはリアスポークの組み方をマヴィック独自のイソパルス(ドライブ側ラジアル、反ドライブ側2クロス)としていたが、今作は左右とも2クロス組みを採用する。その理由について担当者は「ディスクブレーキ用のホイールはディスクローターを取り付けする分フランジ幅が狭まり、スポークのおちょこ量の差が小さくなったためイソパルスを採用するメリットが減った」と説明する。

ライド中の異音発生を防ぐためクロスするスポーク同士が接触しないハブ形状に変更されているほか、フランジ径などを最適化することで前後左右全てのスポークが同じ長さになるよう設計されており、メンテナンス性も向上している。スポーク自体はエアロに優れ特許も取得している独自の楕円断面を採用しており、空気抵抗を抑えるよう工夫されている。

今まで標準装備だったマヴィックのチューブレスタイヤはセット販売ではなくなる今まで標準装備だったマヴィックのチューブレスタイヤはセット販売ではなくなる (c)マヴィックフランジ径などを最適化することで全てのスポークが同じ長さになるよう設計されているフランジ径などを最適化することで全てのスポークが同じ長さになるよう設計されている (c)マヴィック

フリーシステムは引き続き「インスタントドライブ360」を採用。40Tの面ラチェットによって細かくギアが噛み合い優れたパワー伝達性を発揮してくれる。フリーボディは工具不要で引き抜くことができるほか、内部には取り外し可能なノイズパッドも装備され、ラチェット音の大きさを調節することも可能だ。

タイヤサイズは32mm以上のオフロード系モデルにも対応するといい、エアロと軽量性を求めるなら25mm、より快適性を重視するなら28mm、荒れた路面にも足を伸ばすなら32mmがおすすめだ。「My MAVIC」アプリから自身に適した推奨空気圧もチェックできるため、ぜひ活用してみてほしい。

マヴィック COSMIC SLR 45 DISCマヴィック COSMIC SLR 45 DISC (c)マヴィック
ディスクローターはセンターロック、独自の楕円形状スポークによって空気抵抗を抑えているディスクローターはセンターロック、独自の楕円形状スポークによって空気抵抗を抑えている (c)マヴィックリアスポークは従来のイソパルス組みから左右2クロス組みへと変更されているリアスポークは従来のイソパルス組みから左右2クロス組みへと変更されている (c)マヴィック

平坦での高速巡航、登りでのアタック、キレのあるハイスピードな下り、どのシーンでもハイパフォーマンスな走りを見せてくれるオールラウンドモデルの新型COSMIC SLR 45 DISC。前後セット重量は1,470gで、価格は250,000円(税抜)だ。発売時期は11月上旬予定、現在全国のマヴィック特約店にて予約受付中。

なお、マヴィックは2021モデルから製品のネーミングを全面刷新し、カーボンホイールを「COSMIC」、アルミホイールを「KSYRIUM」の名前で統一。パフォーマンスレベルに応じて上からULTIMATE、SLR、SL、Sという4グレード展開となる。



マヴィック COSMIC SLR 45 DISC
タイヤタイプ:ロードチューブレスレディ
リム:カーボン、ハイト45mm、内幅19mm、外幅28mm
スポーク:エアロステンレススチール、前後24本、フロント/リア-2クロス
ハブ:アルミニウム、インスタントドライブ360
重量:1,470g
価格:250,000円(税抜)
※11月上旬発売予定

Amazon.co.jp 
の画像 MAVIC(マヴィック) タイヤシーラント チューブレスレディータイヤ対応・タイヤのパンク防止に L35546600NS 120ml
カテゴリー: Sports
メーカー: MAVIC(マヴィック)
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥1,980
アマゾン価格: ¥1,980
の画像 (Stan'sNoTubes/スタンズノーチューブ)(自転車用メンテナンス用品)シーラント TIRE SEALANT RACE - QUART (32 FL OZ)
カテゴリー: Sports
メーカー: Stan'sNoTubes/スタンズノーチューブ
最安価格: ¥ 3,397
アマゾン価格: ¥ 3,800
の画像 フィニッシュライン チューブレス タイヤ シーラント 1L ボトル
カテゴリー: Sports
メーカー: フィニッシュライン
参考価格: ¥ 4,950
最安価格: ¥ 3,960
アマゾン価格: ¥ 4,040