最終日となった1級山岳フィニッシュのクイーンステージでナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)の登坂力が炸裂。ライバルの攻撃に耐え抜いたマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)がキャリア最大の総合優勝を手にした。



36秒差のリードを守り抜きたいマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)36秒差のリードを守り抜きたいマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) (c)CorVos逆転総合優勝を狙うティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)逆転総合優勝を狙うティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ) (c)CorVos

ニースを出発していくコンパクトなプロトン。大会名称は辛くも保たれたニースを出発していくコンパクトなプロトン。大会名称は辛くも保たれた (c)CorVos
本来の最終第8ステージを待たずして、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1日前倒し閉幕となることが決まった第78回パリ〜ニース(UCIワールドツアー)。名物終着地であるニースの海岸通り「プロムナード・デ・ザングレ(イギリス人の遊歩道)」には辿り着かなかったものの、第7ステージのスタート地がニース市街地であることから大会名称は辛くも保たれた。

この日は前日のバーレーン・マクラーレンに続き、イスラエル・サイクリングアカデミーがレースから撤退。ペテル&ユライサガン兄弟をはじめ31名がレース中リタイアを選んでいる。

166.5kmコースの勝負所は最後に控える1級山岳ヴァルドゥブロール・ラ・コルミアーヌ(登坂距離16.3km/平均勾配6.3%)だが、それ以前にも序盤から1級、2級、2級と切り立った岩山に据え付けられた登りが多数登場する。今大会最初にして最後の長大山岳フィニッシュとあって、序盤から総合成績を狙う各チームの思惑が交錯した。

集団から抜け出すトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら集団から抜け出すトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら (c)CorVosデヘントたちを追走する総合7位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)とロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)デヘントたちを追走する総合7位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)とロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール) (c)CorVos

積極的に逃げグループを率いるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)積極的に逃げグループを率いるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)CorVos
総合勢が多数加わったアタック合戦からエスケープしたのは総合10位のアラフィリップや、逃げ巧者デヘント、更には2日連続の逃げとなる山岳賞ジャージのエデを含む豪華な6名。この動きに乗ろうとしたロマン・バルデ(フランス。アージェードゥーゼル)やルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)、ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)らを振り払って逃げた。

逃げグループを形成した6名
ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
オレリアン・パレパントル(フランス、アージェードゥーゼル)
トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)
ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
アントニー・ペレス(フランス、コフィディス)
アルベルト・ベッティオル(イタリア、EFプロサイクリング)

リーダーチームのボーラ・ハンスグローエやアルケア・サムシックがコントロールするメイン集団から逃げる6名。3分弱のリードを得たことでアラフィリップはバーチャルリーダーに立ち、そしてペレスの献身的なアシストを受けたエデは途中の山岳ポイントを荒稼ぎして総合山岳賞獲得を決めている。

ラ・コルミアーヌで独走するトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ラ・コルミアーヌで独走するトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル) (c)CorVos
1級山岳ラ・コルミアーヌが近くほどにペースが上がり、逃げグループからはペレスが遅れ、メイン集団ではボーラ・ハンスグローエがサンウェブを従えた状態で集団の絞り込みを掛けていく。渓谷沿いの登坂が始まるとデヘントが加速し、調子の上がらないアラフィリップを振り切って独走体制に持ち込んだ。

1分後方のメイン集団ではクライマーを揃えたアルケア・サムシックが総合首位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を丸裸にしたものの、一度ペースが落ち着いたことでデヘントとの差は1分半に拡大。逃げ切りを見据えて踏むデヘントに対しては唯一マルタンが追走したものの、最終的にその背中を捉えることはなかった。

マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を完全マークするティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ)マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を完全マークするティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ) (c)CorVosラ・コルミアーヌでエリッソンドとポートがニバリのためにコントロールラ・コルミアーヌでエリッソンドとポートがニバリのためにコントロール (c)CorVos

狙いすましたアタックでリードを稼ぐナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)狙いすましたアタックでリードを稼ぐナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック) (c)CorVos
ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア)のためにトレック・セガフレードのケニー・エリッソンド(フランス)やリッチー・ポート(オーストリア)がコントロールするメイン集団からはバルデもアタックしたが、断続的に緩斜面が現れる峠でリードを奪うには至らない。すると残り4kmサインをきっかけにナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)が飛び出した。

「パリ〜ニース最終日の最終山岳をアグレシッブなスタイルで獲りたかった」と言うキンタナは、牽制に陥るシャフマン、ベノート、イギータ、ニバリ、そしてピノを置き去りにして一瞬のうちにリードを築き上げる。一時逃げ切りの可能性を見出していたデヘントを捉えてもペースは緩まず、メイン集団とのタイム差は残り1km地点で45秒以上にまで拡大。フランスチームに移籍したキンタナが、ツール・ド・プロヴァンス、ツール・ド・アルプスに続く今季5勝目に向けて独走した。

キンタナが抜け、互いに総合成績を狙って牽制する総合上位陣たちキンタナが抜け、互いに総合成績を狙って牽制する総合上位陣たち (c)CorVos
アタックを繰り出すティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)アタックを繰り出すティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ) (c)CorVos
メイン集団では36秒差の総合2位から逆転勝利を狙うベノートがアタック。苦しいシャフマンはニバリとピノ、イギータに牽引を任せるほか無かったものの、ベノートが最終盤に失速したことでリーダーポジションを辛くもキープする。先頭キンタナ、2番手ベノート、そして3番手のシャフマングループがそれぞれフィニッシュを目指した。

最後までペースを守ったキンタナがバイクとジャージを指差してクイーンステージ制覇。ベノートは46秒遅れのステージ2位+ボーナスタイム6秒獲得、その12秒後にピノ、イギータ、ニバリが続き、2秒遅れてシャフマンがフィニッシュ。ゴール直後路上に倒れ込んだシャフマンがリードを失いながらも18秒差でマイヨジョーヌを守り抜いた。

クイーンステージを制したナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)クイーンステージを制したナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック) (c)CorVos
単独2番手でフィニッシュしたティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ)単独2番手でフィニッシュしたティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ) (c)CorVos58秒遅れでまとめ、リードを守り抜いたマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)58秒遅れでまとめ、リードを守り抜いたマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) (c)CorVos

大の字で倒れこむマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)大の字で倒れこむマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) (c)CorVos
「今日はモチベーションも高く、積極的な走りができた。逃げグループの後ろでチームメイトたちが完璧な仕事をしてくれたので僕も続く必要があったんだ。第3ステージの落車で総合優勝は遠のいてしまったけれど、その分ステージ優勝に目標を切り替えて狙い続けていた。今日の勝利はチーム全員で勝ち取ったものだ」と、今季出場したフランスレースでステージ優勝記録を更新中のキンタナは語っている。

ライバル勢の猛攻を凌ぎきり、ドイツチャンピオンジャージの上にマイヨジョーヌを重ね着したシャフマンは、「パリ〜ニースで総合優勝だなんて素晴らしい気分だけど、それよりもとにかく厳しい一日だった。フェリックス、パトリック、そしてミカエルの3人自らレースを作ってくれた。終盤、特に残り3kmからは、正直言って苦痛でしかなかった。地獄に向かうような気分だったよ」と、キャリア初のワールドツアーレース総合優勝をもたらしたタフな一日を振り返る。

パリ〜ニース2020 総合表彰台パリ〜ニース2020 総合表彰台 (c)CorVos
「でも、今は天国にいる気分さ。脚に感じる小さな痛みも全てそれに値するものだ。プロ4年目で掴んだ今回の勝利は僕にとってこれまでで最も重要で大きなステップになる。今までずっと総合系選手になれるかどうか疑問だったし、そうなることが夢だったから。今僕は最も価値のある1週間のステージレース総合優勝を手にしたんだ」と、並み居る強豪を抑えたシャフマンは締めくくっている。

フランス国内での無期限レース中止、ティレーノ〜アドリアティコ、ミラノ〜サンレモ、ジロ・デ・イタリアなどRCSスポルト管轄レースの延期、フランドルクラシックの中止など、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のために、欧州プロトンは明日から一時休業状態に入る。


パリ〜ニース2020第7ステージ結果
1位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)4:27:01
2位ティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ)0:46
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:56
4位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
5位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)
6位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:58
7位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)1:19
8位タネル・カンゲルト(エストニア、EFプロサイクリング)1:22
9位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼル)1:32
10位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)
個人総合成績
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)27:14:23
2位ティシュ・ベノート(ベルギー、サンウェブ)0:18
3位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)0:59
4位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)1:16
5位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)1:24
6位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)1:30
7位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)2:03
8位タネル・カンゲルト(エストニア、EFプロサイクリング)2:16
9位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)3:39
10位セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)4:36
その他の特別賞
ポイント賞ティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)
山岳賞ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
ヤングライダー賞セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
チーム総合成績サンウェブ
Text:So.Isobe
Photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 2020年東京五輪に参加するために読む本(にちぶんMOOK)
カテゴリー: Book
メーカー: 日本文芸社
参考価格: ¥817
最安価格: ¥817
アマゾン価格: ¥817
の画像 Chris Froome: Keniaanse jungle boy
カテゴリー: Book
メーカー: B for Books distriBution
の画像 セガフレード・ザネッティ デカ クレム カフェポッド 18袋 (カフェインレスコーヒー)
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
参考価格: ¥ 1,851
最安価格: ¥ 1,851
アマゾン価格: ¥ 1,851