盗難防止IoTとして注目を集めるオルターロックが、全国にチェーン展開するワイズロードで販売されることとなった。デバイス本体の盗難を防止するための特殊ボルト装着サービスも提供される。以下は、プレスリリースより。


Y’s Road店舗にてAlterLockの取扱販売を開始

ボトルケージ台座に取り付けるスマートデバイス オルターロックボトルケージ台座に取り付けるスマートデバイス オルターロック
2019年4月より株式会社ネクストスケープが開発・運営する「AlterLock サイクルガードサービス」の取扱販売をY’s Road全店舗(一部ウェア館を除く)で開始いたします。具体的な販売開始日や在庫状況等につきましては各店舗に直接お問い合わせください。

AlterLockはスマートフォンと連携し、デバイスに搭載された振動検知アラームやGPS、通信機能により、スポーツ自転車を見守り、盗難抑止や盗難後の発見に役立つサービスです。デバイス本体の盗難を防止するための特殊ボルトによる取付けサービスも取扱店舗で提供いたします。

AlterLockサイクルガードの仕組み
(c)オルターロック1:オートガード/所有者が自転車から離れると自動的に見守りを開始します。

あなたが自転車から離れるとスマーフォンとデバイスのBluetooth接続が切れて自動的にガード状態に移行。再び自転車の近くに戻るとガード状態が解除されます。専用アプリから手動で設定も可能です。

2:アラーム&スマホ通知/自転車の振動を検知してアラーム音が鳴り、スマートフォンに通知します。

自転車の振動を検知するとアラーム音が盗難を抑止し、離れた場所でもあなたのスマートフォンに通知します。設定により振動検知の感度を変更やアラームのオン・オフ、鳴動時間の変更も可能です。

3:GPS追跡/離れた自転車の位置をGPSと通信機能によって追跡します。

万が一、盗難されてしまった場合でも、GPSによる位置情報の取得を長期間にわたり試みます。追跡中は振動を検知するたびに位置情報を送信します。振動検知は数分間隔で動作することで長期間の追跡を可能としています。専用アプリから位置情報の履歴をマップ上で確認することができます。