プロヴァンス最終日にジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)が今季初勝利。ボーナスタイムを稼いだ総合2位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)は1秒以下の差で逆転ならず、ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)が総合首位を守り抜いた。


緊張した面持ちでスタートを待つゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)緊張した面持ちでスタートを待つゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ) (c)Tour de La Provence
ツアー・コロンビア2.1(UCI2.1)と時を同じくして、フランス南部でも4日間開催のツール・ド・ラ・プロヴァンス(UCI2.1)が最終日を迎えた。

ローヌ川沿いの街アヴィニョンから、大学都市や芸術の街として知られるエクス・アン・プロヴァンスまで南下するコースの距離は162km。途中には3級山岳3箇所が用意され、フィニッシュ手前14kmで頂上を迎える「ラ・クリッド(登坂距離2700m/平均勾配5.7%)」を生き残れるかがスプリント勝負への鍵。開幕時よりも13人少ない138名がスタートを切った。

総合成績トップ5が10秒以内にひしめき合っていることから、この日もボーナスタイムが賭けられた中間スプリント争いに火がついた。12.6km地点に唯一設定されたスプリントでは、フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)の後ろで総合4位のサイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)と総合3位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)がそれぞれ2位と3位通過し、1秒を稼いだガロパンは同タイム2位のティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)を逆転して暫定総合2位に浮上した。

暖かい日差しが差し込むプロヴァンスの山中を走る暖かい日差しが差し込むプロヴァンスの山中を走る (c)CorVos
その後生まれた逃げグループに入ったリリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)は山岳ポイントを量産してランキング首位に躍進し、第1ステージ勝者のフィリッポ・ガンナ(イタリア、チームスカイ)やレミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)と共に逃げを続行。終盤に入るとアスタナやアージェードゥーゼルの牽引で逃げを捉えた。

するとエディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)と総合6位のダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ) がアタック。ラ・クリッドの登りを活かしたクライマーコンビは大きなリードを稼ぎ出し10km以上逃げ続けたが、ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)のスプリント勝負に持ち込みたいトレック・セガフレードが組織的にメイン集団を牽引し、残り1kmを切ってダンバーとゴデュをキャッチ。50名弱に絞り込まれた集団の先頭でスプリント勝負が始まった。

ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)が50名弱の集団スプリントを制すジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)が50名弱の集団スプリントを制す (c)Trek Segafredo
縦に長く伸びた集団先頭で、真っ先に加速したのはデゲンコルプだった。10秒のボーナスタイムで逆転総合優勝を狙ったクラークの追い上げは叶わず、デゲンコルブが今季初勝利。ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)はステージ2位に入ったクラークにボーナスタイムを奪われタイム差ゼロまで並ばれるも、初日の個人TTでクラークを上回っていたリードが活き総合優勝に輝いた。

「ものすごく厳しい1日で、正直自分が最後まで生き残れるか不安だった。予想以上にスプリンターにとってはキツいレイアウトだったが凌ぎきれた。強力な逃げを引き戻してくれたチームメイトの働きに感謝したいよ。ゴデュとダンバーが強力で、僕らはダウンヒルを超高速で飛ばしたんだ。シーズン序盤に勝利できて嬉しい」と、デゲンコルプはチームに感謝する。

キャリア初の総合優勝を挙げたゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)キャリア初の総合優勝を挙げたゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ) (c)Tour de La Provence
普段アシストとして働くスペイン王者のイサギレにとっては、これがキャリア初の総合優勝となった。1週間前にボルタ・バレンシアナで総合優勝した弟のヨン・イサギレに続く勝利で、ツアー・コロンビア2.1(ロペス)、ブエルタ・ア・ムルシア(サンチェス)での総合優勝、更にツアー・オブ・オマーン第2ステージのルツェンコ勝利と波に乗るアスタナに再び勝利をもたらすことに。

「僅差の勝負で、しかもクラークがどの位置でフィニッシュしたのか分からなかったのでストレスフルだった。微妙なリードだったけれど、総合優勝を叶えることができて本当に嬉しい」とイサギレは語っている。
ツール・ド・ラ・プロヴァンス2019第4ステージ
1位ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)3h52'11"
2位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
3位アントニー・マルドナルド(フランス、サンミシェル・オベール93)
4位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)
5位ダミアン・トゥゼ(フランス、コフィディス・ソルシオンクレディ)
6位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
7位バンジャマン・トマ(フランス、グルパマFDJ)
8位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位ワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)
10位アウグスト・イェンセン(ノルウェー、イスラエルサイクリングアカデミー)
個人総合成績
1位ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)13h18'06"
2位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)
3位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)+01
4位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)+02"
5位ルディ・モラール(フランス、グルパマFDJ)+10"
6位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)+15"
7位エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)
8位エドゥアルド・プラデス(スペイン、モビスター)+21"
9位ジミー・ヤンセンス(ベルギー、コレンドン・サーカス)+26"
10位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)+29"
山岳賞
1位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)16pts
2位クリース・デボント(ベルギー、コレンドン・サーカス)16pts
3位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)8pts
ポイント賞
1位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファーストプロサイクリング)38pts
2位トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼル)32pts
3位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)28pts
ヤングライダー賞
1位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)13h18'21"
2位エディ・ダンバー(アイルランド、チームスカイ)
3位マイケル・ストーナー(オーストラリア、サンウェブ)+2'11"
チーム総合成績
1位グルパマFDJ39h54'13"
2位モビスター+1'57"
3位ドゥクーニンク・クイックステップ+3'50"
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 セガフレード・ザネッティ デカ クレム カフェポッド 18袋 (カフェインレスコーヒー)
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
参考価格: ¥ 1,851
最安価格: ¥ 1,851
アマゾン価格: ¥ 1,851
の画像 Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) アイスエスプレッソ 無糖 1000ml
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
参考価格: ¥ 772
最安価格: ¥ 772
アマゾン価格: ¥ 772
の画像 Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) インスタント エスプレッソ 1.6g×10P
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
参考価格: ¥ 720
最安価格: ¥ 720
アマゾン価格: ¥ 720