多くのプロ選手が愛用するシマノ・S-PHYREのシューズとアイウェアに、見る角度によって色合いを変えるオーロラカラーが登場。サントス・ツアー・ダウンアンダーでユンボ・ヴィズマの選手が使用し注目を集めたカラーが数量限定で販売される。



シマノ S-PHYRE RC9 オーロラシマノ S-PHYRE RC9 オーロラ (c) シマノ
UCIワールドツアー開幕戦として、オーストラリアで行われたサントス・ツアー・ダウンアンダー。新チームキットに身を包む選手らのお披露目の場で、ユンボ・ヴィズマの選手らの足元に注目が集まった。シマノと緊密な関係を築き、S-PHYREシリーズの開発にも深く関わった彼らが履いていたのは、見慣れないカラーのS-PHYRE RC9。

昨年、第2世代へとモデルチェンジし、アッパーのパターンとヒールカップを改良することで更にフィット感を高めた新型シューズに、高緯度地域で見られる極光のようにブルーからターコイズ、パープルへと絶妙に色合いを変えるスペシャルな塗装を施し開幕戦を戦った。

サントス・ツアー・ダウンアンダーにて、ユンボ・ヴィズマの選手らが使用したオーロラカラーサントス・ツアー・ダウンアンダーにて、ユンボ・ヴィズマの選手らが使用したオーロラカラー (c) シマノ
2つのBOAダイヤルによってフィット感の調整も容易だ2つのBOAダイヤルによってフィット感の調整も容易だ (c) シマノ鮮明な視界を持つシマノ S-PHYRE SPHR1鮮明な視界を持つシマノ S-PHYRE SPHR1 (c) シマノ


注目の的となったスペシャルカラーが、「オーロラ」カラーとして限定発売される。基本的なスペックはRC9と同様となり、高い性能を誇るレーシングシューズだ。サイズは40~43、ワイドサイズとハーフサイズの展開もある。重量は235g(サイズ42)、価格も通常カラーからアップチャージ無しの42,000円となっている。

また、同様のオーロラカラーにペイントされたS-PHYRE アイウェアも限定販売される。こちらもユンボ・ヴィズマの選手らのフィードバックを得て開発されたプロユースモデル。フレームレスの1眼式モデルに偏光レンズを装備し、幅広く鮮明な視界、そして優れた耐衝撃性とUVプロテクションを持つハイエンドなアイウェアだ。重量は25.9g、価格は19,800円。

シマノ S-PHYRE SPHR1 オーロラシマノ S-PHYRE SPHR1 オーロラ (c) シマノ
シューズ、アイウェアともに、数量が限られる製品となる。日本への入荷数は明らかにされていないが、そう多くは無いはずだ。いずれも2月2日より発売される。気になる方は、近隣の取扱店に足を運んでみては。



シマノ S-PHYRE RC9 オーロラ
カラー:オーロラ
サイズ:40~43
   (ワイドサイズあり、ハーフサイズあり)
重量:235g(サイズ42)
価格:42,000円(税抜)

シマノ S-PHYRE SPHR1 オーロラ
カラー:オーロラ
重量:25.9g
価格:19,800円(税抜)