ツアー・ダウンアンダーを走ったUCIワールドチームのバイク紹介記事もいよいよ最終回。今回はユンボ・ヴィズマ、チームスカイ、そしてCCCチームの機材にフォーカスを当てます。



ユンボ・ヴィズマ / ビアンキ Oltre XR4

ユンボ・ヴィズマ / ビアンキ Oltre XR4ユンボ・ヴィズマ / ビアンキ Oltre XR4 photo:Kei Tsuji

2018年シーズンに乗ったバイクをそのままダウンアンダーに持ち込んだユンボ・ヴィズマ。メインバイクであるビアンキのオルトレXR4のトップチューブとフォークに入っていたチーム名の上に新名称のステッカーが重ね貼りされていた。ダウンアンダーではオルトレXR4一択だったが、ヨーロッパレースではスペシャリッシマやインフィニートCVにも乗る。

チームカラーに塗られたヴィジョンのステム一体型ハンドルチームカラーに塗られたヴィジョンのステム一体型ハンドル photo:Kei Tsujiデュラエースのホイールにヴィットリアのタイヤデュラエースのホイールにヴィットリアのタイヤ photo:Kei Tsuji

シマノ・デュラエースR9150Di2で組まれ、ホイールも同デュラエースシリーズを使用。ヴィジョンのハンドル、フィジークのサドル、ヴィットリアのタイヤは踏襲。唯一の違いはパワーメーターがパイオニアからシマノに切り替わったこと。引き続きスポンサーに名前を連ねているパイオニアは新型コンピューターのCA600をチームに供給する。

ハンドルやバーテープ、サドルにはフレームと同じチェレステカラーが入る。なお、選手たちはすでにトレーニングでディスクブレーキモデルを使用しており、ヨーロッパに戻ってからはこのリムブレーキモデルがスペアバイクとなる見通しだ。

パワーメーターはパイオニアからシマノにスイッチパワーメーターはパイオニアからシマノにスイッチ photo:Kei Tsujiサドルはチームカラーのフィジークサドルはチームカラーのフィジーク photo:Kei Tsuji
昨年からの継続バイクのため、チーム名だけステッカーで訂正昨年からの継続バイクのため、チーム名だけステッカーで訂正 photo:Kei Tsujiチェレステカラーが目立つ一台チェレステカラーが目立つ一台 photo:Kei Tsuji



チームスカイ / ピナレロ Dogma F10

チームスカイ / ピナレロ Dogma F10チームスカイ / ピナレロ Dogma F10 photo:Kei Tsuji

2018年から引き続きピナレロのドグマF10に乗るチームスカイ。チームジャージのデザインに合わせて黒色に薄っすらと青色が入るフレームデザインに変更した。エアロロードと軽量ロードを使い分けるチームが多い中、チームスカイはドグマF10をメインに据える。グランツールの山岳ステージではF10Xライトを、石畳系のクラシックレースではF10Sを使用する予定だ。

ステージズからシマノのパワーメーターに変更ステージズからシマノのパワーメーターに変更 photo:Kei Tsujiさりげなく取り付けられたゼッケンプレートの台座さりげなく取り付けられたゼッケンプレートの台座 photo:Kei Tsuji

ディスクブレーキの投入は見送られ、ダウンアンダーではリムブレーキモデルが使用された。重量的なアドバンテージとホイール交換のシンプルさから、ディスクブレーキ化の流れには乗らず、今後もリムブレーキをメインに使用する。

(2020年以降の活動は不透明ではあるものの)ピナレロと継続的なスポンサー契約を結んでいるチームだけに、フレームだけでなくハンドル周りはピナレロ傘下のモストで固められている。シマノ・デュラエースR9150Di2のフルセットで組み上げられ、パワーメーターをステージズからシマノに変更。ペダルやホイールまでシマノづくしとなっている。

ダウンチューブにDi2のジャンクションが入るダウンチューブにDi2のジャンクションが入る photo:Kei Tsujiポジション合わせ用に白くマーキングされたフィジークポジション合わせ用に白くマーキングされたフィジーク photo:Kei Tsuji
黒色にうっすらと青色が入るダウンチューブ黒色にうっすらと青色が入るダウンチューブ photo:Kei Tsujiピナレロ製のガーミンマウントピナレロ製のガーミンマウント photo:Kei Tsuji



CCCチーム / ジャイアント TCR Advanced SL

CCCチーム / ジャイアント TCR Advanced SLCCCチーム / ジャイアント TCR Advanced SL photo:Kei Tsuji

BMCレーシングの後継チームとして、ポーランドのCCC社のバックアップを得て生まれ変わったCCCチーム。鮮やかなオレンジ色が目印のチームだが、ジャイアントのバイクは黒基調のシックなデザインが特徴だ。ちなみに同チームはBMCレーシング時代からスポンサーの扱いに慎重で、ボトルなしのバイク撮影はNG。


シマノのパワーメーターを使用するシマノのパワーメーターを使用する photo:Kei Tsujiサドルもジャイアントで統一しているサドルもジャイアントで統一している photo:Kei Tsuji

シマノ・デュラエースR9150Di2で組み上げられたバイクには、ジャイアント製のホイールとサドル、ステム、ハンドル、ボトルケージ、コンピューターが組み合わされる。バイクだけを見ると2018年のチームサンウェブと間違ってしまいそうなセットアップだ。ジャイアントが発表したパワーメーターの採用は見送り、パワーメーターのシェアで最大勢力(合計7チームが使用)となったシマノ製を投入した。

ダウンアンダーではクライマーからスプリンターまで軽量なTCRアドヴァンスドSLに乗った。ヨーロッパではエアロロードのプロペルも投入されるが、既存のディスクブレーキモデルなのか、それともすでにUCIの認証を受けている未発表のリムブレーキなのかは不明。

ペダルはシマノのデュラエースペダルはシマノのデュラエース photo:Kei TsujiDi2のスプリンタースイッチを使用するマレツコDi2のスプリンタースイッチを使用するマレツコ photo:Kei Tsuji
ハンドル周りはジャイアントで、コンピューターは同社のネオストラックハンドル周りはジャイアントで、コンピューターは同社のネオストラック photo:Kei Tsujiチェーンステーのセンサーはそのままチェーンステーのセンサーはそのまま photo:Kei Tsuji

text&photo:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 Tour de France 2018 (PlayStation PS4)
カテゴリー: Video Games
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ リアディレーラー RD-R9100 11S 対応CS ロー側最大25-30T (トップ14Tギア対応) 33600
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 23,730
最安価格: ¥ 17,497
アマゾン価格: ¥ 17,800