フカヤが国内代理店を務めるGPSデバイスブランド、ブライトンがUCIワールドツアーチームのドゥクーニンク・クイックステップとサプライヤー契約を締結。プロレースでも最多勝利数を誇る強豪チームに供給することで製品力を高めていくという。以下、プレスリリースより紹介しよう。



GPSデバイスのブライトンがドゥクーニンク・クイックステップとサプライヤー契約を結んだGPSデバイスのブライトンがドゥクーニンク・クイックステップとサプライヤー契約を結んだ (c)フカヤ
フカヤが国内代理店を務めるGPSサイクリングコンピューターのブライトンが、このたび2019年よりUCIワールドツアーチームのドゥクーニンク・クイックステップとサプライヤー契約を結び、同社の製品をチームに供給することになりました。

以下、ブライトンが発表したプレスリリースです。

この度、ブライトンは世界No.1のサイクリングチーム、ドゥクーニンク・クイックステップとのスポンサー契約を締結しましたのでお知らせいたします。ブライトンは2019年よりベルギーのUCIワールドツアーチームであるドゥクーニンク・クイックステップの公式スポンサーとなりました。

ドゥクーニンク・クイックステップはブライトンにとって初めてのベルギー国籍のチームで、現在世界No.1プロチームです。2018年はUCIレースで計73勝、UCIワールドツアーでは37勝し、7年連続で最多勝利チームとなりました。2003年に創設されたドゥクーニンク・クイックステップは、ブライトンの最新サイクリングコンピューターを使用するチームの一員となります。

この発表に際し、ドゥクーニンク・クイックステップのCEO、パトリック・ルフェーブルは「急速な発展を遂げ、かつ我々のチームとの協力が製品開発の最善の方法と考える企業がパートナーになることをうれしく思います。この合意が相互に利益をもたらすと確信しています。」と述べています。

ブライトンのGPSデバイスを使用しトレーニングに出るドゥクーニンク・クイックステップのメンバーブライトンのGPSデバイスを使用しトレーニングに出るドゥクーニンク・クイックステップのメンバー (c)フカヤ
ブライトンの最新上位機種は、複数の全球衛星測位システムによる最高の精度を誇り、進化した方向指示を可能にするオープンストリートマップを内蔵、スマート通知機能を備え、センサーとの通信はデュアルモード(ANT+、Bluetooth)に対応しています。

ブライトンのCEO、サミュエル・ワンは次のように述べています。「これはブライトンにとって素晴らしいチャンスです。ブライトンの創業以来、プロチームをサポートしてきました。そして今、世界最高のチームと手を組む時が来ました。我々はドゥクーニンク・クイックステップが世界最高の製品を開発・供給し続けていく力を与えてくれると期待しています。」