11月4日に開催されたツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは終盤に形成された精鋭グループ内の戦いに。独走に持ち込んだ新城幸也に追いつき、追い抜いたアレハンドロ・バルベルデとゲラント・トーマスが一騎打ちを繰り広げ、アルカンシェルを着るバルベルデが両手を広げた。


最終コーナーを曲がるプロトン最終コーナーを曲がるプロトン photo:Kei Tsuji
観客とタッチしてパレード走行に向かうアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)観客とタッチしてパレード走行に向かうアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) photo:Kei Tsujiスプリント予選で競り合うマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)スプリント予選で競り合うマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji
チームタイムトライアルをスタートするチームスカイチームタイムトライアルをスタートするチームスカイ photo:Kei Tsujiチームタイムトライアルでトップタイムを出した松田祥位(スペシャルチームジャパン for さいたま)チームタイムトライアルでトップタイムを出した松田祥位(スペシャルチームジャパン for さいたま) photo:Kei Tsuji

最高気温18度の少し肌寒い曇り空のした行われた第6回ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム。時折小雨がぱらつくシーンもあったが、概ねドライな状況下でツールの祭典が繰り広げられた。

4組の勝ち上がり式で行われたスプリントレースで決勝に残ったのはマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)、別府史之(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)、吉田隼人(NIPPOヴィーニファンティーニ)の4名。フラムルージュ(残り1kmアーチ)通過後に早駆けした吉田や別府を置き去りにする形でキッテルとクリストフがスプリント一騎打ちを繰り広げ、先着したキッテルが勝利を飾っている。

全長2.5kmで行われたチームタイムトライアルは窪木一茂、石上優大、松田祥位の3名で挑んだスペシャルチームジャパン for さいたまが優勝。平均スピード46.392km/hで駆け抜け、松田を発射したスペシャルチームがチーム右京とシマノレーシングに1秒差をつけて勝利した。

スプリント決勝に残ったマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)、別府史之(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)、吉田隼人(NIPPOヴィーニファンティーニ)スプリント決勝に残ったマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)、別府史之(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)、吉田隼人(NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:Kei Tsujiスプリント決勝で先着したマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)スプリント決勝で先着したマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji
スタートラインに並んだ53名の選手たちスタートラインに並んだ53名の選手たち photo:Kei Tsuji
午後2時55分にクリテリウムメインレースがスタート午後2時55分にクリテリウムメインレースがスタート photo:Kei Tsuji
観客に見守られながらハイスピードで周回する観客に見守られながらハイスピードで周回する photo:Kei Tsuji声援を受けて周回を重ねるゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)声援を受けて周回を重ねるゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
集団前方で走るマイヨジョーヌのゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)集団前方で走るマイヨジョーヌのゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
周回コースを19周する全長58.9kmのクリテリウムメインレースは午後2時55分にスタート。国内ナショナルチームが序盤から積極的にアタックを仕掛けたが、スプリント周回(3、7、11、15周目)に向けてカチューシャ・アルペシンをはじめとしたUCIワールドチームがメイン集団をコントロール。スプリントレースでも勝利したキッテルが第1スプリント(3周回)と第2スプリント(7周回)を制して10ポイントを量産したが、2番手通過を繰り返したクリストフがその後の逃げに乗ったことで形勢が逆転した。

クリストフとともに逃げたのはマッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)、ホルヘ・アルカス(スペイン、モビスター)、畑中勇介(チーム右京)という豪華なメンバー。トレンティンを下したクリストフが順当に第3スプリント(11周回)を制してポイント賞のリードを得る中、山岳周回(5、9、13、17周目)ではニバリが力を見せた。

3連続で山岳ポイントを獲得したニバリは果敢にアタックを繰り返すトレンティンとともに逃げ続けたが、チームスカイを中心にした集団コントロールによって吸収される。すると続いて動いたのはツール・ド・フランス ジャパンチームとしてタッグを組んだ別府史之と新城幸也の2人。ペースが上がった集団からは、続いてマイヨジョーヌを着るゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)がアタックした。

曇り空のさいたま新都心を走る曇り空のさいたま新都心を走る photo:Kei Tsuji
逃げるヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)ら逃げるヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)ら photo:Kei Tsujiレースは後半戦へ。トンネルに向けてメイン集団が長く伸びるレースは後半戦へ。トンネルに向けてメイン集団が長く伸びる photo:Makoto.AYANO
逃げ集団を活性化させるべくアタックするマッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット)逃げ集団を活性化させるべくアタックするマッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット) photo:Makoto.AYANO逃げに乗ったマッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)逃げに乗ったマッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
カチューシャ・アルペシンがスプリントポイントに向けてコントロールカチューシャ・アルペシンがスプリントポイントに向けてコントロール photo:Kei Tsuji
このトーマスの動きに反応したのはニバリ、新城、別府、そしてアルカンシェルを着るアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)。17周目の山岳ポイントをニバリが獲得すると、ツール覇者トーマス&世界王者バルベルデという今シーズンの主役2名が先行を開始する。新城と別府は出遅れたものの、ニバリの牽引によって新城が先頭にジョイン。ここから新城が飛び出して最終周回へと入っていく。

独走に持ち込んだ新城だったが、追走するトーマスとバルベルデに追いつかれてしまう。平均スピード44.056km/hの戦いはやがてトーマスとバルベルデによる一騎打ちに持ち込まれ、アルカンシェルを着るバルベルデが先頭でフィニッシュに飛び込んだ。

2位にはマイヨジョーヌのトーマスが入り、6秒遅れで3位に入った新城とともに表彰台に登壇。キッテルは後続集団の先頭を取ったものの、ポイント賞はクリストフの手にわたった。敢闘賞は中盤に逃げたトレンティンが獲得し、9位に入った横山航太(シマノレーシング)がヤングライダー賞に輝いている。

選手たちのコメントや会場周辺の様子は後ほどお伝えします。

ニバリらを吸収したメイン集団ニバリらを吸収したメイン集団 photo:Kei Tsuji
メイン集団のペースを上げる別府史之(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)メイン集団のペースを上げる別府史之(ツール・ド・フランス ジャパンチーム) photo:Kei Tsuji先行したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)やゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)ら先行したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)やゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)ら photo:Kei Tsuji
抜け出したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)とゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)抜け出したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)とゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
独走で最終周回に入る新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)独走で最終周回に入る新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンチーム) photo:Kei Tsuji
トーマスを下してフィニッシュするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)トーマスを下してフィニッシュするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) photo:Kei Tsuji
メインレース2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)、1位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)メインレース2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)、1位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、新城幸也(ツール・ド・フランス ジャパンチーム) photo:Kei Tsuji
ポイント賞を獲得したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)ポイント賞を獲得したアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji山岳賞を獲得したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)山岳賞を獲得したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji
敢闘賞を獲得したマッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)敢闘賞を獲得したマッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsujiヤングライダー賞を獲得した横山航太(シマノレーシング)ヤングライダー賞を獲得した横山航太(シマノレーシング) photo:Kei Tsuji
ベストジャパンチーム賞を獲得したマトリックスパワータグベストジャパンチーム賞を獲得したマトリックスパワータグ photo:Kei Tsujiベストチーム賞を獲得したツール・ド・フランス ジャパンチームベストチーム賞を獲得したツール・ド・フランス ジャパンチーム photo:Kei Tsuji
チームタイムトライアルで勝利したスペシャルチームジャパン for さいたまチームタイムトライアルで勝利したスペシャルチームジャパン for さいたま photo:Kei Tsujiスプリントレースを制したマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)スプリントレースを制したマルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji

表彰式の後にフランコ・ペッリツォッティ(イタリア、バーレーン・メリダ)の引退セレモニーが行われ、新城とニバリから花束が贈られた表彰式の後にフランコ・ペッリツォッティ(イタリア、バーレーン・メリダ)の引退セレモニーが行われ、新城とニバリから花束が贈られた photo: Yuichiro Hosoda
クリテリウムメインレース結果
1位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)1:20:13
2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)
3位新城幸也(日本、ツール・ド・フランス ジャパンチーム)0:00:06
4位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:22
5位別府史之(日本、ツール・ド・フランス ジャパンチーム)
6位マルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)0:00:50
7位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
8位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
9位横山航太(日本、シマノレーシング)
10位小野寺玲(日本、宇都宮ブリッツェン)
ポイント賞
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
山岳賞
1位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
敢闘賞
1位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
ヤングライダー賞
1位横山航太(日本、シマノレーシング)
ベストチーム賞
1位ツール・ド・フランス ジャパンチーム
スプリントレース結果
1位マルセル・キッテル(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)
text:Kei Tsuji
photo:Kei Tsuji, Makoto Ayano, Yuichiro Hosoda
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス2018 スペシャルBOX(Blu-ray2枚組)
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: 東宝
参考価格: ¥ 9,720
最安価格: ¥ 7,321
アマゾン価格: ¥ 7,321
の画像 伝説のツール・ド・フランス [DVD]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: ジェネオン エンタテインメント
参考価格: ¥ 3,990
最安価格: ¥ 13,550
の画像 ツール・ド・フランス 1999-2005 [DVD]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: 東宝