8月25日にスペインのマラガで開幕した第73回ブエルタ・ア・エスパーニャ。初日の8km個人タイムトライアルで、クウィアトコウスキーやカンペナールツを下したオーストラリアTT王者のローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)がステージ優勝とマイヨロホを手にした。

前半は平坦な埋立地を走る前半は平坦な埋立地を走る photo:Unipublic
ブエルタ・ア・エスパーニャ2018第1ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2018第1ステージ photo:Unipublicブエルタ・ア・エスパーニャ2018第1ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2018第1ステージ photo:Unipublic

スペイン南部、アンダルシア州第2の都市(人口57万人)で開幕した第73回ブエルタ・ア・エスパーニャ。ブエルタがチームTTではなく個人TTで開幕するのは、ファビアン・カンチェラーラ(スイス)がステージ優勝した2009年以来9年ぶり。

UCIルールが定める『プロローグ』と『個人TT』の境界である8kmという短距離決戦。地中海に突き出た埋立地や海岸路を走る前半は平坦だが、3.3km地点から勾配6%前後の登りを600mほどこなし、ハイスピードな下りとテクニカルな市街地コーナーを経てフィニッシュを迎える。午後5時26分から1分のインターバルで176名の選手たちがスタートし、最終走者のフィニッシュは日の入り間近の午後8時30分すぎ。後半の選手たちは建物の陰に覆われた薄暗い市街地を駆け抜けた。
マラガの港をスタートしていくマラガの港をスタートしていく photo:Unipublic
29秒遅れのタイムでまとめたサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)29秒遅れのタイムでまとめたサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos38秒遅れたペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)38秒遅れたペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos30秒遅れで初日の個人TTを終えたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)30秒遅れで初日の個人TTを終えたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:CorVos

オランダTTチャンピオンのディラン・ファンバーレ(オランダ、チームスカイ)やネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル、モビスター)が暫定トップタイムをマークしたが、中盤の計測ポイントの時点で暫定トップに立ったのはミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)だった。チームスカイのもう一人のエースであるダビ・デラクルス(スペイン)がタイムを伸ばせない中、ツール・ド・ポローニュ覇者のクウィアトコウスキーは9分45秒の暫定トップタイムでフィニッシュした。ヨーロッパ選手権個人TTで連覇を達成したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)はクウィアトコウスキーに1秒届かず。

唯一クウィアトコウスキーを上回るペースを刻んだのは、2017年大会のチームTTで優勝してマイヨロホを着たデニスだった。来季バーレーン・メリダへの移籍を決めている28歳のスペシャリストが前半からリードを奪い、後半にかけてそのリードを広げる走りでフィニッシュ。最終的にクウィアトコウスキーに6秒差、カンペナールツに7秒差をつけて優勝した。デニスの平均スピードは49.741km/hだった。
トップタイムで優勝したオーストラリアTTチャンピオンのローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)トップタイムで優勝したオーストラリアTTチャンピオンのローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Unipublic
39秒遅れたファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)39秒遅れたファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos6秒差のステージ2位に入ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)6秒差のステージ2位に入ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:CorVosトップタイムでフィニッシュに向かうローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)トップタイムでフィニッシュに向かうローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos

2年連続で大会初日にマイヨロホ獲得を果たしたデニス(2年連続は33年ぶり)。BMCレーシングは今シーズンすべてのグランツールでリーダージャージを獲得している(ジロ=デニス、ツール=ヴァンアーヴェルマート、ブエルタ=デニス)。ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの個人TTで優勝経験のあるデニスにとってこれがブエルタの個人TT初優勝。デニスはすべてのグランツールの個人TTで勝利した初の非ヨーロッパ出身選手となった。

「今日は勝利にこだわって、勝つことだけを狙って走った。その結果、すべてのグランツールでステージ優勝を果たすことができた。今日は後半の下りでタイム差がつかないので、前半の平坦路と登りの走りで結果が決まったと思う。クウィアトコウスキーのタイムを見たときは正直焦ったし、自分の中に不安な気持ちも芽生えたけど、必ず勝てると自分に言い聞かせた。登りの頂上までの6分30秒を全開で走ったんだ」と、この日の戦略についてデニスは語る。

「明日からはチームメイトのために走りたい。明日の第2ステージはスプリンターにとって厳しすぎるレイアウトなので、ディラン・トゥーンスで勝利を狙うことになると思う。そして個人的には第16ステージの個人TTで再び勝利を狙うよ」と、マイヨロホに袖を通したデニスは語る。総合リードキープについては明言しておらず、数日のうちにボーナスタイムによってマイヨロホが動く可能性は高い。

胃腸炎の影響で調子を落としているチームメイトのリッチー・ポート(オーストラリア)はデニスから51秒遅れのステージ97位。最終的な総合争いの観点で見ると、ポートの他にもナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)やイルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)、ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)、ファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)、ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)、リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)らが初日から30秒以上のタイムを失う結果となっている。

選手たちのコメントは後ほどまとめてお伝えします。
体調不良のリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)は51秒遅れ体調不良のリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)は51秒遅れ photo:CorVos30秒遅れで初日を終えたイルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)30秒遅れで初日を終えたイルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) photo:CorVos
初日の個人TTを40秒遅れで終えたヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)初日の個人TTを40秒遅れで終えたヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) photo:Unipublic
マイヨロホに袖を通したローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)マイヨロホに袖を通したローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Unipublic
チーム総合成績トップのBMCレーシングチーム総合成績トップのBMCレーシング photo:Unipublic
ブエルタ・ア・エスパーニャ2018第1ステージ結果
1位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)9:39
2位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:06
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:07
4位ネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル、モビスター)0:17
5位ディラン・ファンバーレ(オランダ、チームスカイ)0:20
6位アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)0:21
7位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)
8位サイモン・ゲシュケ(ドイツ、サンウェブ)
9位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:22
10位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
16位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:24
20位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)0:27
28位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)0:29
30位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
34位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:30
35位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)
44位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:35
59位ファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:39
63位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:40
65位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
80位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:45
81位ダビ・デラクルス(スペイン、チームスカイ)
97位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)0:51
個人総合成績
1位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)9:39
2位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:06
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:07
4位ネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル、モビスター)0:17
5位ディラン・ファンバーレ(オランダ、チームスカイ)0:20
6位アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)0:21
7位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)
8位サイモン・ゲシュケ(ドイツ、サンウェブ)
9位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:22
10位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
ポイント賞
1位ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)25pts
2位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)20pts
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)16pts
チーム総合成績
1位BMCレーシング0:29:40
2位チームスカイ0:00:04
3位モビスター0:00:21
text:Kei Tsuji
photo:CorVos, Unipublic
Amazon.co.jp 
の画像 ロードバイク パワー&スキルアップ教本[雑誌] エイムック
カテゴリー: eBooks
メーカー: エイ出版社
の画像 世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング:ツール・ド・フランスの科学
カテゴリー: Book
著者: ジェイムズ ウィッツ
出版社: 東京書籍
最安価格: ¥ 3,024
アマゾン価格: ¥ 3,024
の画像 ロードバイク スキルアップトレーニング
カテゴリー: Book
著者: 福田 昌弘
出版社: 日東書院本社
参考価格: ¥ 1,836
最安価格: ¥ 1,836
アマゾン価格: ¥ 1,836