2018年のUCIワールドツアー初戦サントス・ツアー・ダウンアンダーに出場したUCIワールドチームのバイクをゼッケン順に紹介する恒例のコーナー。第一弾はBMCレーシング、ボーラ・ハンスグローエ、ミッチェルトン・スコットの3チームをピックアップします。


BMCレーシング / BMC チームマシーンSLR01

BMCレーシング / BMC チームマシーンSLR01BMCレーシング / BMC チームマシーンSLR01 photo:Kei Tsuji
0秒差で大会連覇を逃したが、クイーンステージのウィランガヒル山頂フィニッシュで5年連続優勝を果たしたリッチー・ポート(オーストラリア)はBMCのフラッグシップモデルであるチームマシーンSLR01に乗る。第3世代となる同モデルはエアロ効果を高めるとともに、ダウンチューブにDi2のジャンクションボックスを内蔵している。

シマノのパワーメーターR9100Pを使用するシマノのパワーメーターR9100Pを使用する photo:Kei TsujiコンピューターをSRMからガーミンに変更コンピューターをSRMからガーミンに変更 photo:Kei Tsuji

身長172cmのポートはサイズ47(トップチューブ長517mm)のフレームに120mmのインテグラルステムの組み合わせ。コンポーネントはシマノ・デュラエースR9150Di2でホイールもシマノ・デュラエース。2017年からの変更点としてパワーメーターをSRMからシマノに切り替えたことが挙げられる。コンピューターもSRMからガーミンにスイッチした。ポートは数年前まで167.5mmのクランクを使用していた時期もあったが、現在は170mmで落ち着いている。

近年はクランク長170mmで落ち着いているポート近年はクランク長170mmで落ち着いているポート photo:Kei Tsujiダイレクトマウントディレイラーハンガーダイレクトマウントディレイラーハンガー photo:Kei Tsuji



ボーラ・ハンスグローエ / スペシャライズド S-WORKSターマックSL6

ボーラ・ハンスグローエ / スペシャライズド S-WORKSターマックSL6ボーラ・ハンスグローエ / スペシャライズド S-WORKSターマックSL6 photo:Kei Tsuji
山岳ステージの小集団スプリントで勝利し、ポイント賞を獲得したペテル・サガン(スロバキア)はスペシャライズドS-WORKSのヴェンジとターマックSL6を乗り分けた。ステージ優勝を飾った際に乗っていたのはこのスペシャルカラーのターマックSL6。ハンドルは上部が扁平したスペシャライズドのエアロフライ。相変わらずスポンサー外のジップSLスプリントステムにビニールテープを貼ってロゴを隠している。

スペシャライズドのロゴが入った4iiii(フォーアイ)類似のパワーメータースペシャライズドのロゴが入った4iiii(フォーアイ)類似のパワーメーター photo:Kei TsujiBBにはセラミックスピードのベアリングが入るBBにはセラミックスピードのベアリングが入る photo:Kei Tsuji

コンポーネントはシマノ・デュラエースR9150Di2でホイールはロヴァール。BBにセラミックスピードのベアリングが入る。スペシャライズドのロゴが入ったパワーメーターを使用するが、これは2017年まで使っていた4iiii(フォーアイ)のものに類似。スペシャライズドはプロトタイプとして左右独立したセンサーをテスト中だ。独特のペダリングでスプリントするサガンはこれまで数度ペダルを外して勝利を逃しており、その対策として現在は通常より4mmシャフトが長いデュラエースペダルを使用している。

スペシャライズドのエアロフライハンドルにジップのSLスプリントステムスペシャライズドのエアロフライハンドルにジップのSLスプリントステム photo:Kei TsujiQファクターを広げるため4mm伸ばされたペダルシャフトQファクターを広げるため4mm伸ばされたペダルシャフト photo:Kei Tsuji



ミッチェルトン・スコット / スコット FOIL

ミッチェルトン・スコット / スコット FOILミッチェルトン・スコット / スコット FOIL photo:Kei Tsuji
連日スプリントの上位に絡み、第2ステージの登りスプリントで勝利したカレブ・ユアンの愛車はスコットのフォイル。身長165cmのユアンのサドル高は630mmで、フレームサイズはXXS(トップチューブ510mm)だ。スコット傘下のシンクロス製のステム一体型ハンドルRR1.0SLを使用し、ステム長140mmでハンドル幅は400mm。

カレブ・ユアンの名前が入ったステム一体型ハンドルカレブ・ユアンの名前が入ったステム一体型ハンドル photo:Kei Tsuji2017年に引き続きSRMのパワーメーターを使用する2017年に引き続きSRMのパワーメーターを使用する photo:Kei Tsuji

コンポーネントはシマノ・デュラエースR9150Di2で、多くのステージで54x36Tのチェーンリングを組み合わせた。デュラエースC60ホイールがユアンのお気に入りになっている。BMCと同様にパワーメーターをSRMからシマノに変更している。写真のバイクは2017年からの継続のためフォークには前タイトルスポンサーのオリカ社のロゴが残っており、ニューバイクはヨーロッパでのシーズン始動に合わせて投入される予定。

丸ハンドルにスプリンタースイッチというスプリンターらしいセッティング丸ハンドルにスプリンタースイッチというスプリンターらしいセッティング photo:Kei Tsuji平坦ステージではシマノ・デュラエースC60ホイールを多用した平坦ステージではシマノ・デュラエースC60ホイールを多用した photo:Kei Tsuji

text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 C11 地球の歩き方 オーストラリア 2017~2018
カテゴリー:
メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
参考価格: ¥1
最安価格: ¥1,900
アマゾン価格: ¥1
の画像 ことりっぷ 海外版 オーストラリア (旅行ガイド)
カテゴリー:
メーカー: 昭文社
参考価格: ¥1,320
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥1,320
の画像 オーストラリア [Blu-ray]
カテゴリー: DVD
メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
参考価格: ¥ 2,619
最安価格: ¥ 1,950
アマゾン価格: ¥ 1,950