快晴に恵まれたイベント本番、そして後夜祭と大満足に終わった一日から一夜明けてもまだまだツアーは終わらまい。翌日の朝は夜景で有名なタンタラスの丘へと繰り出した。絶景を楽しんだモーニングヒルクライムの様子をレポート。

タンタラスの丘へのヒルクライムの後半には、ホノルルを一望できる区間もタンタラスの丘へのヒルクライムの後半には、ホノルルを一望できる区間も

ホノルルセンチュリーライド当日から一夜明けてもまだまだ走り足りない!もっともっとバイクでオアフ島を走りたい!という方も楽しめるのが、トップツアーのホノルルセンチュリーライド参加ツアーにオプションとして用意されている「タンタラスの丘ライド」だ。

タンタラスの丘ライドに参加した、まだまだ走り足りない皆さん。ヒルクライム前に記念撮影をパチリタンタラスの丘ライドに参加した、まだまだ走り足りない皆さん。ヒルクライム前に記念撮影をパチリ

大会翌日の午前中に行われるこのライドツアーは、朝早くホテルを出発し、ホノルル市外にあるラウンド・トップ・フォレスト公園の見晴らし台、通称「タンタラスの丘」を目指してヒルクライムするというもの。ゆっくりと走っても往復2時間ほどの行程だが、300m以上の獲得標高を短い距離で一気に上り詰めるとあって、十分に走りごたえのあるコースプロフィールだ。
前日に160kmを走った人がほとんどだが、皆早起きして集合。少しの筋肉痛をおして走りだす。別名「リカバリーライド」のとおり、走ってしまえばじょじょに身体がほぐれて、目覚めていく。ぐったりベッドで過ごすには、ハワイの朝はもったいないから。コースはシクロワイアードのスタッフが現地で事前調査済み。ホノルル市街は一方通行が多くて、いきなり行ってもけっこう分かりにくいのだ。

ホノルルの街並みを抜けてタンタラスの丘を目指す。ドライバーもサイクリストにやさしい運転をしてくれるホノルルの街並みを抜けてタンタラスの丘を目指す。ドライバーもサイクリストにやさしい運転をしてくれる 表情から楽しさが伝わってきますね!にっこりアローハ!表情から楽しさが伝わってきますね!にっこりアローハ!


ヤシの木を背景にヒルクライム。まだまだみんな余裕そう?ヤシの木を背景にヒルクライム。まだまだみんな余裕そう? ヒルクライムの序盤は、閑静な高級住宅街の中を駆け上がるヒルクライムの序盤は、閑静な高級住宅街の中を駆け上がる


この日も昨日に引き続いて天候に恵まれ、およそ20名弱の参加者は、オレンジ色の朝日が眩しい中を走りだしていく。ホノルル中心街はちょうどラッシュ時間帯で少し走りにくいものの、サーフボードを積んだピックアップトラックや黄色いスクールバスが走ったりしていたりと、これだけでもホノルルの立派な観光だ(笑)。そんな観光地を自分のバイクを駆って駆け抜けていくのはなんとも非日常な感覚いっぱい。

ライドにはこの日もサポート役として湘南ベルマーレの内山監督と橘田選手が同行してくれた。もしもの際に備えてツアーのクルマも同行してくれるので、ダブルで心強い。前日に100マイルを走りきった絹代さんも一緒にツアーに同行してくれた。

タンタラスの丘への中腹からホノルル市街を見下ろす。絶景です。タンタラスの丘への中腹からホノルル市街を見下ろす。絶景です。 ヒルクライムもラスト区間。展望台目指して駆け上がっていくヒルクライムもラスト区間。展望台目指して駆け上がっていく


湘南ベルマーレの内山靖樹さんもサポートしてくれた湘南ベルマーレの内山靖樹さんもサポートしてくれた 絹代さんもライドに同行してくれた絹代さんもライドに同行してくれた 常に最後尾でサポートに当たってくれた橘田脩平選手常に最後尾でサポートに当たってくれた橘田脩平選手


バスやタクシーだと随分時間が掛かるホノルル市内の移動も自転車ならばあっという間。交通量は多くても、どのドライバーもサイクリストを尊重してくれるのでさほどストレスは感じない。

中心街を抜け、閑静な住宅街を抜けるといよいよヒルクライムが始まる。時折10%ほどの急勾配も現れるが、頂上に向かうに連れて開けていく景観を楽しんでいるとあっという間に頂上へ。ロードレーサーで参加した健脚の皆さんに続いて、レンタサイクルで参加した人も無事にゴールの展望台へと到着した。

タンタラスの丘頂上の展望台で記念撮影!背後には最高の景色が広がるタンタラスの丘頂上の展望台で記念撮影!背後には最高の景色が広がる

ホノルルの町並みやダイヤモンドヘッドを一望できる展望台では休憩を取りつつ記念撮影。みんな大の大人なのだけれど、子どものようにはしゃいでいる様子を見るとつい微笑ましくなってしまう。こんな風に童心に帰ることができるのは、ハワイならではの奥深さがあるからなのかなぁとふと思ったり。

展望台でひとしきり遊んだ後は爽快なダウンヒルをこなしてホテルへ戻り、これにてオプショナルツアーも含めて現地でのツアーは終了となったが、まだ時間は10時前。シャワーを浴びて、ホテルでゆったりとブランチを済ませた後はビーチに、おみやげ屋さんに、それぞれのハワイを過ごしに出掛けていった。

タンタラスの丘展望台で2人でポーズ!タンタラスの丘展望台で2人でポーズ! ライドに同行してくれた絹代さんもお決まりのポーズ!ライドに同行してくれた絹代さんもお決まりのポーズ!


こうしてとても充実したホノルルセンチュリーライドの3日間も終了。私も国内のサイクリングイベントは何度も取材しているものの、このゆったりとした雰囲気はハワイであるからこそ味わえるというものだろう。レース志向の方も、ロングライド初心者でも、海外旅行の経験が無くても、ぜひともホノルルセンチュリーライドには参加してみて損することは絶対に無いはず。国内イベントでは決して味わえない感覚がそこにはあった。


ホノルルセンチュリーライド2012タンタラスの丘ライドフォトギャラリー(Google Picasaウェブアルバム)。


text:So.Isobe
photo:Makoto.Ayano.So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2013年 01月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥ 681
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2012年 12月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
メーカー: エイ出版社
最安価格: ¥ 734
アマゾン価格: ¥ 734
の画像 funride (ファンライド) 2012年 12月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
メーカー: アールビーズ
参考価格: ¥ 823