レースシーンだけではなくツーリングなど遊び系のトレンドにも敏感なスペシャライズドが、最新規格を詰め込んだクロモリツーリングバイク「Sequoia」をリリースした。同時に身軽にツーリングできるバイクパッキングの「Burra Burra」もラインアップに登場している。



スペシャライズド Sequoia

2017年モデル影の主役としてデビューしたアドベンチャーバイク、セコイヤ。写真はバイクバッグをフル搭載した状態2017年モデル影の主役としてデビューしたアドベンチャーバイク、セコイヤ。写真はバイクバッグをフル搭載した状態
過去に2度リリースされ、各時代のトレンドを取り込んだツーリングバイク「Sequoia(セコイア)」が、2017年モデルで復活する。3世代目となる今作は、クロモリフレームにカーボンフォークを組み合わせたフレームセットに、ディスクブレーキ関連の最新規格を盛り込んだ1台だ。(詳しいストーリーは特集コンテンツをご覧ください)

カーボンが主流の現代にあってクロモリを素材に採用する理由は、ツーリング途中でフレームが破損した場合でも修理できる工場を見つけられる確率が高いためだ。過酷なシチュエーションを走り、万が一のトラブルも想定した実践的なバイクに仕立てられている。

バーテープは自然な風合いの「キャンバステープ」バーテープは自然な風合いの「キャンバステープ」 サドルはPhenom Compだが、表面にバーテープと同じキャンバス生地を用いたサドルはPhenom Compだが、表面にバーテープと同じキャンバス生地を用いた

Hayfieldと名付けられた、専用開発のホイール。四角形断面で耐久性を重視しているHayfieldと名付けられた、専用開発のホイール。四角形断面で耐久性を重視している 700×42cという大ボリュームを誇るSawtoothタイヤ。ホイールと同じく専用開発品だ700×42cという大ボリュームを誇るSawtoothタイヤ。ホイールと同じく専用開発品だ


ブレーキはオンロード系ではスタンダードとなっているフラットマウントの油圧ディスク仕様だ。力の強弱や天候にかかわらず安定した制動力を得られる油圧システムは、長距離移動や雨天も走るツーリングでは味方となるはずだ。また、スルーアクスルを採用することで、リアエンドの剛性強化と車輪脱落の防止を実現させている。

ディスクブレーキ化の恩恵は制動力に加えて、フレーム設計の自由度が高まることにもある。キャリパーブレーキのようにタイヤとの兼ね合いを考慮せず、シートステーやチェーンステー、フロントフォークのクリアランスを広くすることができ、結果としてワイドタイヤの装着を可能とする。

マッシブなフロントフォークはカーボン製。振動吸収性とスタビリティを上げつつ、フロントフォークバッグ用のネジ穴も装備するマッシブなフロントフォークはカーボン製。振動吸収性とスタビリティを上げつつ、フロントフォークバッグ用のネジ穴も装備する レイノルズ製の軽量スチールパイプを使ったフレーム。リアステーの曲げ加工も美しいレイノルズ製の軽量スチールパイプを使ったフレーム。リアステーの曲げ加工も美しい スペシャライズドのダウンチューブロゴはあえて控えめにスペシャライズドのダウンチューブロゴはあえて控えめに


Sequoiaも例外ではなく、ワイドタイヤに対応するべくクリアランスを広げた。完成車の標準で装備されるタイヤは40Cのセミスリック。大きなエアボリュームによる優れた振動吸収性と、通常幅よりも広い接地面積によるグリップ力、安定性は、未舗装路の走行を楽しさを引き出してくれる。

また、ハンドルやサドル、バーテープ、ホイールまで「スペシャライズド・アドベンチャーギア」として同社で作られていることもポイントだ。ホイールは耐久性を向上させる四角断面を採用。サドルはPhenom Compの表皮をキャンバス地としたもので、バーテープも同様にキャンバス地としている。自社パーツで統一させることで、狙った性能の実現やバイクのスタイルを引き立たせている。

「本気で遊びたい方のためのアドベンチャーバイク、それがセコイヤです」「本気で遊びたい方のためのアドベンチャーバイク、それがセコイヤです」 (c)Specialized Japan
駆動系コンポーネントはシマノ105がベースとされている。オフロードを走ることを想定しているためギアはフロント48/32T、リアは11-36Tという設定だ。カラーはCALIFORNIA WHITE SAGE/GRAPHITEの1色展開。サイズは50、52、54、56、58という5種類。価格は230,000円(税抜)だ。

スペシャライズド Sequoia
フレーム:Premium Cr-Mo size-specific tubing, internal light cable routing-ready, Adventure Geometry, flat disc mount, fender/rack mounts
ホイール:Specialized Adventure Gear Hayfield
タイヤ:Specialized Adventure Gear Sawtooth 2Bliss Ready, 700x42mm
クランクセット:FSA Gossamer Pro, alloy, MegaEVO BB, sub compact, 110mm BCD spider
チェーンリング:48/32T
シフトレバー:Shimano 105 hydraulic, 11-speed
ディレイラー:Shimano 105
カセットスプロケット:Sunrace, 11-speed, 11-36t
ブレーキ:Shimano BR-RS505(フロント)、Shimano 105(リア)
ハンドルバー:Specialized Adventure Gear Hover
バーテープ:Specialized Adventure Gear S-Wrap Canvas Tape
ステム:Specialized, 3D forged alloy, 4-bolt, 7-degree rise
サドル:Body Geometry Phenom Comp, hollow Cr-Mo rails, 143mm
カラー:CALIFORNIA WHITE SAGE/GRAPHITE
価 格:230,000円(税抜)



スペシャライズド Burra Burraシリーズ

バイクバッグも各種同時リリースされている。スペイン語でロバの意味、Burra Burraシリーズというバイクバッグも各種同時リリースされている。スペイン語でロバの意味、Burra Burraシリーズという
北米を中心に流行しているバイクパッキング。キャリアやパニアバッグではなく、大容量のフレームバッグなどを用いてなるべくコンパクトに、そして軽量にツーリングを楽しむという概念の総称。必要最低限のものをピックアップし身軽にすることで、自転車の軽快な走行感などを楽しみつつ、キャンプまでこなしてしまおうというものだ。

このバイクパッキングという分野にツーリングバイクに明るいスペシャライズドが参入。「スペシャライズド・アドベンチャーギア」シリーズとして、大容量シートバッグ、フレームバッグ、ドライバッグ、ハンドルバー用ハーネスという4種類のアイテムがラインアップされる。シリーズの名前はスペイン語でロバを意味する「Burra Burra」。

バイクパッキングのアイコンとも言える大容量シートバッグは、ロールトップ式の開口部を採用し荷物の量に柔軟に対応することができるアイテム。ロールトップのバッグは雨が侵入しにくいため、荷物が守られることが特徴だ。

ロールトップ式のハンドルバッグ。特製のハーネスでドロップバーにもフラットバーにも確実にフィットロールトップ式のハンドルバッグ。特製のハーネスでドロップバーにもフラットバーにも確実にフィット 各種バッグのファスナーは止水仕様。中身が濡れない本格派だ各種バッグのファスナーは止水仕様。中身が濡れない本格派だ


大容量シートバッグのデメリットはバッグが上下左右に揺れることだが、スペシャライズドはシートポストにクランプするスタビライザーを用意することで、バッグの安定性を強化している。一般的なベルクロをきっちり締め上げることで、より高い安定感を得られるだろう。

ラインアップは容量違いのBurra Burra Stabilizer Seatpack 10と、Burra Burra Stabilizer Seatpack 20という2種類。Seatpack10は50×16×20cmという大きさで、重量は415g。Burra Burra Stabilizer Seatpack 20は55×19×10cmという大きさで、重量は450g。価格は10が13,000円(税抜)、20が14,000円(税抜)。

フレームバッグはコーティングしたナイロン素材を熱融着させることで、優れた強度と耐水性が実現しているバッグ。ジッパーはウレタンコーティングを施したYKK製耐水仕様のため、浸水の心配も少ないはずだ。フレームへの固定はストラップとカム式留め具を用いる。6点でバッグを支えるため、走行中にバッグが暴れることも少ないだろう。

スペシャライズド Stabilizer Seatpackスペシャライズド Stabilizer Seatpack (c)スペシャライズド・ジャパンスペシャライズド Burra Burra Framepackスペシャライズド Burra Burra Framepack (c)スペシャライズド・ジャパン

スペシャライズド Burra Burra Drypackスペシャライズド Burra Burra Drypack (c)スペシャライズド・ジャパンスペシャライズド Handlebar Stabilizer Harnessスペシャライズド Handlebar Stabilizer Harness (c)スペシャライズド・ジャパン


ラインアップは40×5.5×10cmサイズのBurra Burra Framepack 3と、45×5.5×12cmサイズのBurra Burra Framepack 5という2種類だ。価格はFramepack 3が8,500円(税抜)、Framepack 5が9,000円(税抜)。

Burra Burraシリーズはハンドルバーに取り付けるハーネスと、ドライパックがそれぞれ用意されている。ドライパックは左右どちらからも開くことができるロールトップタイプの開口部に加えて、外側にジッパー開閉式のポケットが設けられている。サイズは13リットル。ドライパックの素材は100Dコーデュラ。価格は4,000円(税抜)。

ドライパックを持ち運ぶためにはHandlebar Stabilizer Harnessが必要となる。このハーネスはスペシャライズドのドライパックはもちろん、一般的なドライパックも持ち運ぶことができる。また、ハーネスにはカラビナ等を装着できる場所も設けられているため、様々なものを持ち運ぶことが可能だ。

Handlebar Stabilizer Harnessはアルミブラケットでハンドルバーに取り付けるため、不整地を走行しても振動で破損する心配が少ない。サイズは横幅27cmとされており、ドロップハンドルでも取り付けることができそうだ。重量は318g。価格は10,000円(税抜)。

スペシャライズド Stabilizer Seatpack 10、20
サイズ:50×16×20cm(Seatpack10)、55×19×10cm(Seatpack 20)
重 量:415g(Seatpack10)、450g(Seatpack 20)
付属品:アルミスタビライザー(27.2mm、30.9mmシートポスト対応)
価 格:13,000円(税抜、Seatpack 10)、14,000円(税抜、Seatpack 20)

スペシャライズド Burra Burra Framepack 3、5
サイズ:40×5.5×10cm(Framepack 3)、45×5.5×12cm(Framepack 5)
重 量:213g(Seatpack10)、253g(Seatpack 20)
価 格:8,500円(税抜、Seatpack 10)、9,000円(税抜、Seatpack 20)

スペシャライズド Burra Burra Drypack 13
素 材:コーデュラ(100D、リップストップ・メッシュ)、ハイパロンエラストマー
サイズ:13リットル
価 格:4,000円(税抜)

スペシャライズド Handlebar Stabilizer Harness
サイズ:27cm
重 量:318g
価 格:10,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 新しいキャンプの教科書
カテゴリー: Book
出版社: 池田書店
最安価格: ¥ 1,320
アマゾン価格: ¥ 1,320
の画像 あつあつホットサンドメーカー SJ1681
カテゴリー: Kitchen
メーカー: ヨシカワ(Yoshikawa)
参考価格: ¥ 2,750
最安価格: ¥ 1,000
アマゾン価格: ¥ 1,212