4月18日に行われたジロ・デル・トレンティーノ2012第2ステージは、山岳コースに突入。チームメイトの強力なアシストを受けたダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD)が頂上ゴールでのスプリント勝負を制した。

雨の打ち付ける厳しいコンディションとなった雨の打ち付ける厳しいコンディションとなった photo:Riccardo Scanferlaチームタイムトライアルを終えた第36回ジロ・デル・トレンティーノは、第2ステージから山岳ステージへ突入する。第2ステージの舞台となったのは、ガルダ湖畔の街モーリから北上し、サントルソラ・テルメの山を1周してから山頂へと駆け上がり、ゴールを迎える152km。コースは短いものの途中2級と1級の山岳を通過するハードな内容だ。

山岳で遅れたテイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシングチーム)山岳で遅れたテイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシングチーム) photo:Riccardo Scanferla大会最初の逃げを決めたのは、ファンパブロ・フォレーロ(コロンビア、コロンビア・コルデスポルテ)、マティアス・フリードマン(ドイツ、チャンピオンシステム)、ダヴィデ・ムチェッリ(イタリア、ウテンシルノルド・ネイムド)、マルコ・フラッポルティ(イタリア、チームイデア)の4名。

スプリントで先行するダミアーノ・クネゴ(ランプレ・ISD)スプリントで先行するダミアーノ・クネゴ(ランプレ・ISD) photo:Riccardo Scanferla対する集団はリーダージャージのテイラー・フィニー(アメリカ)擁するBMCレーシングチームがコントロールを行い、徐々に先頭4名との差を詰めていく展開に。山岳地帯に突入すると先頭グループからフォレーロとフリードマンが脱落。残る2名も粘りを見せたものの、ダミアーノ・クネゴ(イタリア)で勝利を狙うランプレ・ISD勢がペースを上げるメイン集団には対抗できず吸収される。

サントルソラ・テルメ山頂へと至る上りでは、集団の人数は30名ほどまで縮小。そこから数名が抜け出しを図るものの、いずれもランプレ勢の前では成功せず。最後は山頂でカルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、アックア・エ・サポーネ)を下したクネゴがステージ優勝を飾った。

クネゴはこれが今季初勝利。「惜しいレースやアンラッキーが続いていたから、そのぶん本当に待ち望んでいた勝利なんだ。今日チームの働きは素晴らしかったね。明日のステージも楽しみだよ。」と嬉しさを語る。

総合首位テイラー・フィニーはこの日22分32秒遅れの115位でフィニッシュ。リーダージャージは3秒遅れのステージ3着に入った、マティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム)に移っている。ロマン・クロイツィゲル(チェコ、アスタナ)がステージ3位に入り好調な仕上がりを見せる一方、イヴァン・バッソ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)は1分50秒遅れの30位に沈んだ。

ステージ優勝 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD)ステージ優勝 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD) photo:Riccardo Scanferlaリーダージャージを獲得したマティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム)リーダージャージを獲得したマティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム) photo:Riccardo Scanferla

ジロ・デル・トレンティーノ2012第2ステージ結果
1位 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD) 3h59'30"
2位 カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、アックア・エ・サポーネ)
3位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、アスタナ)
4位 エロス・カペッキ(イタリア、リクイガス・キャノンデール) +03"
5位 フランチェスコ・レーダ(イタリア、アックア・エ・サポーネ)
6位 ユベール・デュポン(フランス、アージェードゥーゼル・ラモンディアール)
7位 マティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム)
8位 マルク・デマール(オランダ、ユナイテッドヘルスケア) +09"
9位 アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア、チームイデア)
10位 バルトス・フザルスキー(ポーランド、チームネットアップ)

個人総合成績
1位 マティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム) 4h15'32"
2位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、アスタナ) +03"
3位 カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、アックア・エ・サポーネ) +07"
4位 マルコ・ピノッティ(イタリア、BMCレーシングチーム) +09″
5位 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD) +10"
6位 フランチェスコ・レーダ(イタリア、アックア・エ・サポーネ) +16"
7位 エロス・カペッキ(イタリア、リクイガス・キャノンデール) +19"
8位 ミゲール・ルビアーノ・チャベス(コロンビア、アンドローニ・ジョカトーリ) +27"
9位 バルトス・フザルスキー(ポーランド、チームネットアップ) +29"
10位 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・ISD) +34"

ポイント賞
マティアス・フリードマン(ドイツ、チャンピオンシステム)

山岳賞
マルコ・フラッポルティ(イタリア、チームイデア)

新人賞
カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、アックア・エ・サポーネ)

チーム総合成績
アージェードゥーゼル・ラモンディアール


text:So.Isobe
photo:Riccardo Scanferla