スウェーデン発のプロテクションギアブランド”POC”が、スポンサーを務めるEFエデュケーション・イージーポストの選手たちが着用するプロ仕様のVentral Airを発売する。チームの象徴である鮮やかなピンク色で彩られた魅力的なアイテムを紹介しよう。



箱まで特別仕様のVENTRAL AIR MIPS EF EDUCATION-EASYPOST ED.

人々の目をひくピンク色のチームカラーで、プロトンの中でも一際目立つ存在のEFエデュケーション・イージーポスト。ロードチームながら”オルタナティブカレンダー”としてグラベルやマウンテンバイクなどにも参戦する独特なスタイルで、他のチームと一線を画するチームとして多くのファンを魅了している。

そんな彼らが着用するメインヘルメットの一つVentral AirをPOCが販売開始する。デザインはチームの象徴である鮮やかなピンクで全体を染め上げ、各所にメインスポンサーのEFエデュケーションとイージーポストのロゴがあしらわれる特別仕様。

イージーポストのロゴもしっかりといれられている
タイトルスポンサーのEFエデュケーションロゴが大きくあしらわれる

EFエデュケーション・イージーポストのファンや個性的なデザインを求めるサイクリストにとって非常に魅力的なアイテムとなっている。ワールドチームで奮闘する留目夕陽やアルベルト・ベッティオールら日本でもお馴染みの選手たちを応援したい方にはおすすめだ。

Ventral Airは4種類存在するVentralシリーズに含まれるオールラウンドモデル。エアロ性能に優れるベーシックモデルのVentralよりも数多くの通気口を備え、Ventral Liteよりもアウターシェル面積を広くすることで、涼しさとプロテクション性能のバランスを整えていることが特徴だ。

整列したベンチレーションホールによって効率よく風を取り入れる設計となっている

ヘルメット後端部を22°に設定し空気抵抗低減を狙った

シェルの基本設計は徹底したCFD解析をもとに生み出されており、ヘルメットに沿って流れる風がヘルメットを離れる瞬間まで考慮された。その結果、ヘルメット後端のトレーリングエッジを22°に設定することで、乱流の発生を抑え空気抵抗を低減している。

Ventral Airではその形状をベースに、どの角度からでも風がヘルメット内に入り込むような通気口形状と配置を採用。またヘルメット内部で熱がこもらないようにエアチャネルも設けられているため、低速から高速域までどのようなシチュエーションでも通気性を発揮する。

Mipsはパッドによってスライド量を確保したINTEGRAが採用された

製品タグもチーム仕様だ
エマージェンシーカードのようなサービス”twICEme”に対応する



採用されるMIPSの仕様はパッド自体が頭を打った時に動きやすい仕様のINTEGRA。チームモデルはVentral Airのプロテクション性能だけではなくtwICEmeというサービスに対応し、万が一の事態に備えている。これはNFC(近距離無線通信規格の一つ)を利用したエマージェンシーカードのようなもので、保存した着用者の氏名や緊急連絡先をスマホを近づけるだけで読み取れる便利なサービスだ。山奥でライドすることもあるサイクリストにとっては、あれば嬉しい機能だ。

チームエディションの限定モデルは、ユニバーサルフィットのみの展開。サイズはS、M、Lの三種類。価格は42,000円(税込)。

EFエデュケーション・イージーポストはVentralシリーズのベースモデルとLiteを主に使い分ける



POC VENTRAL AIR MIPS EF EDUCATION-EASYPOST ED.
カラー:EF Race Team 2024 Replica
サイズ:S、M、L
価格:42,000円(税込)

リンク

同じ製品カテゴリーの記事

ブルーグラス JETRO MIPS  フルフェイスでもハーフでもない、新機軸のオフ用ヘルメット Naoki Yasuoka 2024/06/16(日) - 16:24
新製品情報2024

最新ニュース(全ジャンル)