集団スプリントで決着したツール・ド・ポローニュ最終日にアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)が勝利。前日の個人TTでリーダージャージを手に入れたイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)が第79代総合覇者となった。



出走サインをするリーダージャージを着たイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)出走サインをするリーダージャージを着たイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
7日間に渡り開催されたポーランド最大のステージレース「ツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)」も最終日。ヴァルシルからクラクフまでの177.8kmで争われた。この日は1級山岳と3級山岳が立て続けに登場するが、後半は低難易度の丘と4級山岳以外は平坦路のため集団スプリントが予想されていた。

アクチュアルスタート直後からアタックと吸収が繰り返されるなか、36歳のベテランクライマーであるアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエル・プレミアテック)やジャラッド・ドリズナーズ(オーストラリア、ロット・スーダル)ら4名が逃げグループを形成。1級山岳と3級山岳をトップ通過したドリズナーズがポイントを加算し、今大会の山岳賞獲得に成功した。

逃げグループを形成したアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエル・プレミアテック)ら4名逃げグループを形成したアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、イスラエル・プレミアテック)ら4名 photo:CorVos
この日も沿道から多くのポーランド人が声援を送ったこの日も沿道から多くのポーランド人が声援を送った photo:CorVos
4分以上のタイム差を許さずにメイン集団をコントロールしたのはリーダーチームであるイネオス・グレナディアーズ。総合2位のテイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)と11秒差、3位のペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)と13秒差をつけるイーサン・ヘイター(イギリス)は自身2度目の総合優勝のため、チームメイトに守られながらフィニッシュを目指した。

徐々に縮まるタイム差を見たデマルキが残り15km地点で飛び出したものの、チームDSMなども牽引に加わったプロトンにあえなく吸収される。途中、集団スプリントでは勝ち目のないウノエックス・プロサイクリング チームが組織的なアタックを見せたが展開を作ることはできず、フィニッシュまで幅広な直線が続く最終ストレートで今大会最後のスプリントバトルが幕開けた。

フラムルージュ(残り1km地点)から主導権を握ったのは初日勝者オラフ・コーイ(オランダ)を擁するユンボ・ヴィスマだった。そこからグルパマ・エフデジが前に出るとコーイが残り250mから早くもスプリントを開始。その動きに慌てて反応したパスカル・アッカーマン(ドイツ、UAEチームエミレーツ)のスピードは伸び悩み、冷静な判断力で大外を回り先頭に出たアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)が勝利を掴み取った。

ハンドルを投げて勝利を決めたアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)ハンドルを投げて勝利を決めたアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) photo:CorVos
雄叫びを上げるアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)雄叫びを上げるアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) photo:CorVos
「集団後方からスプリントを強いられたものの、活路が左側に見えたので踏み込んだ。最高の形でツール・ド・ポローニュを終えることができて本当に嬉しいよ。この勝利によって欧州選手権と残りのシーズンに向けて弾みがついた」と喜ぶデマールは、勝利にあと一歩届かず2位に終わった第5ステージのリベンジ成功。またポイント賞も獲得している。

そして第79代ツール・ド・ポローニュの総合優勝はトップと同タイムでフィニッシュしたヘイターの手に。「ワールドツアーのステージレースで優勝することは大きな成果。特に今日はチームに感謝しなければならないステージとなった。彼らのおかげでリラックスして走ることができたからね」と語るヘイターは、大会初のイギリス人総合優勝者となった。

ポローニュ最終日を制したアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)ポローニュ最終日を制したアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) photo:CorVos
ワールドツアーのステージレースで初の総合優勝を喜ぶイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)ワールドツアーのステージレースで初の総合優勝を喜ぶイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
ツール・ド・ポローニュ2022第7ステージ結果
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)3:59:20
2位オラフ・コーイ(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)
3位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)
4位マックス・カンター(ドイツ、モビスター)
5位ヘルベン・タイッセン(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
6位マレィン・ファンデンベルフ(オランダ、EFエデュケーション・イージーポスト)
7位ダヴィデ・チモライ(イタリア、コフィディス)
8位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
9位パスカル・アッカーマン(ドイツ、UAEチームエミレーツ)
10位カーデン・グローブス(オーストラリア、バイクエクスチェンジ・ジェイコ)
個人総合成績
1位イーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)28:26:23
2位テイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)0:11
3位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:18
4位マッテオ・ソブレロ(イタリア、バイクエクスチェンジ・ジェイコ)0:23
5位ベン・ターナー(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)0:25
6位レミ・カヴァニャ(フランス、クイックステップ・アルファヴィニル)0:31
7位サムエーレ・バティステッラ(イタリア、アスタナカザフスタン)0:32
8位セルヒオ・イギータ(コロンビア、ボーラ・ハンスグローエ)
9位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:45
10位ブルーノ・アルミライル(フランス、グルパマ・エフデジ)0:50
その他の特別賞
山岳賞ジャラッド・ドリズナーズ(オーストラリア、ロット・スーダル)
ポイント賞アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)
チーム総合成績イネオス・グレナディアーズ
text:Sotaro.Arakawa
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 WAHOO(ワフー) KICKR(キッカー)AXIS FEET ダイレクトドライブ式スマートバイクトレーナー(ZWIFT連動可) WFBKTR120
カテゴリー: Sports
メーカー: WAHOO(ワフー)
参考価格: ¥167,805
最安価格: ¥167,805
アマゾン価格: ¥167,805
の画像 BRYTON(ブライトン) RIDER 750T(ライダー750T) GPSサイクルコンピューター(スピード/ケイデンス/心拍センサー付)
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: BRYTON(ブライトン)
参考価格: ¥42,680
最安価格: ¥42,680
アマゾン価格: ¥42,680
の画像 Bryton (ブライトン) Rider 750 ライダー750 GPSサイクルコンピューター サイコン (750E)
カテゴリー: Sports
メーカー: bryton
参考価格: ¥32,780
最安価格: ¥32,000
アマゾン価格: ¥32,780