ツール・ド・フランス2009にも出場が決まったフランスのプロコンチーム"アグリチュベル"が採用するクォータ。KOMは"キング・オブ・マウンテン"の略称のとおり、フレーム単体重量870gという超軽量に仕上がっている。

クオータKOMクオータKOM (c)MakotoAYANO/cyclowired.jp
ボリューム感あふれるヘッド周り。下側ベアリングにはスーパーオーバーサイズの1-1/4サイズが採用されるボリューム感あふれるヘッド周り。下側ベアリングにはスーパーオーバーサイズの1-1/4サイズが採用される クォータは2001年にイタリアで生まれたブランド。イタリアンデザインならではの高い造形美と先進のカーボンテクノロジーで人気を博してきている。

KOMは素材にクォータ独自の研究が活かされたナノテクノロジーカーボンを採用。角断面を持つトップチューブとダウンチューブ、オーバーサイズBBシェルにはかかる応力を受け止める設計が施されている。











ダウンチューブも極太ダウンチューブも極太 チェーンステイはペダリングパワーに対して高い剛性を保持する左右非対称形状を採用。衝撃吸収性にも優れるという。

ヘッド下側ベアリングにはスーパーオーバーサイズの1-1/4サイズが採用され、フロントフォークも根元がかなり太いスクェア形状。軽量高剛性なフレームと剛性バランスをあわせる設計が見て取れる。

複雑に盛り上がった形状のBB周りがKOMを象徴するデザインだ複雑に盛り上がった形状のBB周りがKOMを象徴するデザインだ HTP(クオータ・ハイパワー・トランスファー)コンセプトによって結実した高剛性は大いに誇るところで、フレーム各所が盛り上がったボリュームのあるデザインとともに、プロロードレーサーのスピードレースでの使用においても十分耐える性能が確保されているという。

これら最新テクノロジーが活かされた“KOM”は、ヒルクライムはもちろん長距離サイクリングからロードレースまで、様々なシーンでライダーの能力を最大限引き出すレーシングフレームに仕上がっていることはチームの活躍で実証されている。




バックステーも力強いデザインバックステーも力強いデザイン

KUOTA KOM クォータ ケーオーエム


カーボンコンポジットフレーム
フレームセット: 399,000円(税込)
DURA-ACE 完成車:777,000円(税込)
ULTEGRA-SL 完成車:552,300円(税込)

カーボンフォーク1-1/4'Integral OverSize 359g
オリジナルHP、カーボンシートピラー付き

Tube:カーボンモノコック
Weight:870g(フレーム単体)
Color:エキップ、ホワイト
Size:XS(48),S(50),M(53),L(55) C-T

フォトギャラリー