IRCのグラベルタイヤ、BOKENシリーズに追加されたDOUBLECROSSをインプレッション。レースタイヤでありアグレッシブなオールコンディションタイヤでもある「グラベルライドの真打ち」とも言えるオフロードタイヤをオフロードで乗り込んでみた。



IRC BOKEN DOUBLECROSSIRC BOKEN DOUBLECROSS photo:Makoto AYANO
マウンテンバイクやシクロクロスのタイヤにとくに定評のあるIRC。日本のメーカーながら2018年には北米で盛り上がりを見せるグラベルライドにフィットするモデルとしてBOKENをいち早くリリース。トレンドをキャッチアップしたBOKENは、1日で250km以上を走るグラベルレースでもトラブル無く完走するなど、順調に実績を積んできた。

加熱するグラベルシーンはマウンテンバイクのようなハードコンディションも登場するようになり、タイヤにもコンディションに合わせたパフォーマンスが求められるように。その要望に応えるべく開発されたBOKEN DOUBLECROSSは、舗装・未舗装路が適度にミックスしたグラベル向けのオールラウンドモデルだ。

走破性と低転がり抵抗の両立を意識して設計されたトレッドパターン走破性と低転がり抵抗の両立を意識して設計されたトレッドパターン photo:Makoto AYANO
ハードパック向けのBOKEN初代モデル、舗装路に特化したBOKEN PLUS、マッド&ルーズ路面向けのBOKEN SLOPCHOP、ロードバイクにも使える細いグラベルタイヤのMARBELLAと、状況に応じて対応するBOKENのラインアップは完成したかに見える。

シクロクロスとグラベルどちらでも使えるように開発されたのが"BOKEN DOUBLECROSS"であり、そのモデル名には2種類の遊び方ができるという意味が込められている。そしてもうひとつの意味として、対応路面で言えば舗装路や未舗装路どちらでもパフォーマンスを発揮できるようなノブ設計が行われていることが特徴だ。

サイドノブにはSERAC CXとの類似性も見いだせるサイドノブにはSERAC CXとの類似性も見いだせる photo:Makoto AYANO
センター部分は繋がるようなデザインで転がりの良さを確保。ミドルからサイドにはBOKENベーシックモデルよりアグレッシブなノブを備えることで、ガレ場や砂利道での走破性を向上させている。グラベルが60-70%、残りが舗装路という標準的な海外グラベルレースのハイスピードな展開で活きてくるトレッドデザインだ。

フロント、リア共に回転方向が同じトレッドパターンフロント、リア共に回転方向が同じトレッドパターン photo:Makoto AYANO
BOKENシリーズはタイヤのサイド部分に補強材を加えていることが特徴だ。IRCのテクノロジーの1つであるX-GUARDはビードからビードまでに補強材が配されるが、BOKENシリーズの場合はトレッド下には補強が施されていない。これはトレッド部分のしなやかさを残しつつ、サイドカットやタイヤの変形を抑えようという狙いがある。サポートライダーからもタイヤが滑った際に対応できるように、サイド剛性を求められたという。

トップグラベルライダーのピーター・ステティナやジェイク・ウェルズ、そして野辺山シクロクロスやシクロクロス東京で日本のファンにおなじみの存在となったアンソニー・クラークらがIRCサポートライダーとして開発に協力。本場アメリカのグラベルエッセンスを盛り込んだモデルとなった。

インプレッション

IRC BOKEN DOUBLECROSSIRC BOKEN DOUBLECROSS photo:Makoto AYANO
「冒険」からネーミングされたBOKENは、すでに本場アメリカのグラベルライダーに受け入れられた存在であり、トップレーサーも使うほど定評あるタイヤだ。今まで筆者もシクロクロスレースでSERAC CXを使い、そこから派生するように生まれたBOKENシリーズを順に使ってきた。

砂利を含む林道など標準的なグラベルをオールラウンドに走破できる砂利を含む林道など標準的なグラベルをオールラウンドに走破できる photo:Michinari Takagi
SERAC CXをそのまま太くしたベーシックモデルのBOKENは扱いやすく転がり抵抗も少ないながらも、センターのダイヤ目が土や砂利、泥に対してはグリップ力が低く、スリップしてトラクションが抜けることが気になっていた。

ノブがトレッド全面に備わったDOUBLECROSSは当然そうしたシチュエーションでグリップが抜けず、トラクションが保たれている。急勾配の砂利道の登りでも後輪がスリップせず、ロス無く登っていける。とはいっても転がり抵抗が低い設計であり、舗装路でも軽く進み、ノブの存在や引っ掛かりによる抵抗は気にならない。

砂利道の走破はDOUBLECROSSがもっとも得意とするところだ砂利道の走破はDOUBLECROSSがもっとも得意とするところだ photo:Michinari Takagi
ピレリのグラベルタイヤMシリーズなど似たパターンのタイヤも他にあるが、それらと比べてもIRCの独特なフィーリングは、そのしなやかさに由来する。柔らかいコンパウンドと高密度ケーシングによるしなやかな乗り心地は、マイクロサスペンションのように振動を吸収し、ギャップをいなしてくれる。パターンが似ていてもそのフィーリングは他に類を見ないほど快適なものだ。

砂利でのトラクションの掛かりがよく、パンクにも強い砂利でのトラクションの掛かりがよく、パンクにも強い photo:Michinari Takagi
柔らかな土のトレイルや草地でもグリップは良く、ベーシックモデルでスリップしていた激坂登りも可能になる。湿った土ではグリップは少し物足りないが、砂利のグラベルをメインにするならDOUBLECROSSは「どストライク」。柔らかい土系トレイルならSLOPCHOPの出番だが、アグレッシブなグリップ力を求めなければDOUBLECROSSでもだいたいどんな路面でも走りきれるだろう。

トレイルをアグレッシブに走ることも可能な万能性を持つトレイルをアグレッシブに走ることも可能な万能性を持つ photo:Michinari Takagi
柔らかいコンパウンドで舗装路でのノイズも少なく、不快感がない。BOKENシリーズに共通して受け継がれる快適性はDOUBLECROSSでも健在で、タイヤが弾むように軽く転がってくれるため、乗っていてとても楽しくなるフィーリングだ。それがIRCのファンとなってしまう要因だ。

土道のトレイルもウェットで無い限り確実なグリップを稼ぎ出してくれる土道のトレイルもウェットで無い限り確実なグリップを稼ぎ出してくれる photo:Michinari Takagi
コンパウンドが柔らかいぶんやや摩耗は早いと思われるので、舗装路メインで走る通勤ライドなどには使うのがもったいない。しかしそのぶんを補って余りあるほど価格は安く、「アンダー6千円」はとてもユーザーフレンドリーな値付けだ。

太さは38Cと42Cの2種があり、少し軽く・速く走りたいレース志向がある筆者は、前輪に42C、後輪に38Cを装着して漕ぎを軽くする使い方がお気に入りだ。

舗装路でも転がりは軽く、ロードノイズも少ない舗装路でも転がりは軽く、ロードノイズも少ない photo:Michinari Takagi
マヴィックのALLROAD SLホイールにセットした際は適合性が高く、手だけで嵌められ、ポンプだけでビードがスムーズに上がった。タイヤ内部のコーティングが効いているのか、エア漏れも少ないようで、シーラントを入れずに放置してもエアはほとんど抜けなかった。そうした扱い易さもIRCのオフロード用チューブレスレディタイヤならではだ。(インプレッション:綾野 真/CW編集部)

IRC BOKEN DOUBLECROSSIRC BOKEN DOUBLECROSS photo:Makoto AYANO
IRC BOKEN DOUBLECROSS TLR
サイズ(重量):700×38C(465g)、42C(530g)
価格:5,720円(税込)


text&photo:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 IRC(アイアールシー)BOKEN DOUBLECROSS [TUBELESS READY] ボーケン ダブルクロス チューブレスレディ700×38C HT M158/TLR
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: 井上ゴム工業
参考価格: ¥4,915
最安価格: ¥4,400
アマゾン価格: ¥4,915
の画像 IRC tire グラベルロード BOKEN チューブレスレディ 700X40C 190532 M138
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 5,720
最安価格: ¥ 3,958
アマゾン価格: ¥ 4,669
の画像 IRC tire グラベルロード BOKEN PLUS チューブレスレディ 650X47B 186274 M149
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 5,720
最安価格: ¥ 5,013
アマゾン価格: ¥ 5,013