大会唯一の山岳ステージで争われたハンガリー最終日。残り2kmから独走を決めたエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)を、猛追の末ラスト10mで抜き去ったアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)がプロ初勝利。敗れたダンバーは総合優勝に輝いた。



ハンガリー有数の工業都市、ミシュコルツを出発する選手たちハンガリー有数の工業都市、ミシュコルツを出発する選手たち photo:Tour de Hongrie
ツール・ド・ハンガリー(UCI.2.1)第5ステージは最終日にして大会唯一の山岳ステージ。スタート直後から1級山岳が現れると、コース真ん中の2級山岳を越え、最後は1級山岳ジェンジェジュ・キーケシュテトゥの山頂でフィニッシュを迎える。距離184km、獲得標高差2,751mのクイーンステージで総合優勝の争いが決着した。

僅かな逃げ切りの可能性に賭け、序盤から7名が集団を作って逃げを打つ。その中に入ったニコラス・ダッラヴァッレ(イタリア、ジョッティヴィクトリア・サヴィーニデュエ)が山岳ポイント獲得に積極的に動いたものの、山岳ジャージを着用するアーロン・ファンパウク(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)には届かず。ファンパウクの山岳賞が確定している。

イネオス・グレナディアーズやボーラ・ハンスグローエが協力しながら牽引するメイン集団は、最終1級山岳ジェンジェジュ・キーケシュテトゥ(距離12.1km/平均5.6%)の直前で逃げを吸収。残り3km地点までは勾配4%前後の傾斜面が続くため、集団は大きな動きもなく淡々と登坂していった。

最終山岳で高速牽引を見せた22歳のベン・ターナー(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)最終山岳で高速牽引を見せた22歳のベン・ターナー(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) photo:Tour de Hongrie
独走状態で残り300mまでやってきたエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)独走状態で残り300mまでやってきたエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ) photo:Tour de Hongrie
残り4kmから総合リーダーであるエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)の最終アシスト、22歳ベン・ターナー(イギリス)に牽引が代わりペースが一気に上がる。ターナーがライバルチームのアシストを振り落としながら急勾配区間に突入すると、早くもダンバーが飛び出した。

フィニッシュまで2kmという距離からアタックしたダンバーは、ダンシングでオスカル・ロドリゲス(スペイン、モビスター)ら各チームのエースクライマーたちを引き離していく。それを追う集団は協力体制が整わず、決め手に欠く散発的なアタックが繰り返される。そして残り1km地点からアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)が飛び出すと、一気にダンバーとの差を縮めにかかった。

フィニッシュまで300m地点から再び腰を上げたダンバーは快調に飛ばす。しかし昨年大会の同じ山岳でステージ3位に入った20歳ティベーリは、それを上回るスピードでダンバーに迫っていく。文字通り駆け上がるように猛然と進むティベーリは、フィニッシュライン手前10mでダンバーを抜き去り、先頭でフィニッシュに飛び込んだ。

横並びになるエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)とアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)横並びになるエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)とアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード) photo:Tour de Hongrie
ラスト10mでダンバーを抜き去ったアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)ラスト10mでダンバーを抜き去ったアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード) photo:Tour de Hongrie
「スタートして1時間が経った頃から調子が悪くなり、最後の登りまでずっと脚が重かった。そのためダンバーのアタックにも反応できなかった。だが追走集団でタイム差を縮め、フィニッシュ手前で追いつくことができた」と、興奮収まらないティベーリはプロ初勝利をそう喜んだ。

プロ初勝利を挙げたアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)プロ初勝利を挙げたアントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード) photo:Tour de Hongrie
総合表彰台:2位オスカル・ロドリゲス(スペイン、モビスター)、1位エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)、3位サムエーレ・バティステッラ(イタリア、アスタナカザフスタン)総合表彰台:2位オスカル・ロドリゲス(スペイン、モビスター)、1位エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)、3位サムエーレ・バティステッラ(イタリア、アスタナカザフスタン) photo:Tour de Hongrie
一方、敗れはしたものの自身2度目のステージレース総合優勝に輝いたダンバーは「もちろんステージ優勝が欲しかったが、総合優勝も十分嬉しい結果だよ。フィニッシュラインが40mばかり遠すぎたね。でもチームの皆の働きを、総合優勝という結果で報いることができて嬉しい」とコメント。

「今年ジロ・デ・イタリアに出場できれば最高だったものの、その目標は叶わなかったので良い意味で結果にハングリーだった。だから前を向いてコンディションを整え、落ち込みながら臨み、結果的に良い大会になった」と語る25歳のダンバーは、3月にセッティマーナ・インテルナツィオナーレ・コッピ・エ・バルタリ(UCI2.1)で総合優勝しながらもジロのメンバーから落選。チームは20歳のクライマーであるベン・トゥレット(イギリス)を選んだ。

現時点でダンバーとチームとの契約期間は2022年末まで。契約更新の有無が不明であるなか、ダンバーの今後の動向が注目される。
ツール・ド・ハンガリー2022第5ステージ結果
1位アントニオ・ティベーリ(イタリア、トレック・セガフレード)4:39:31
2位エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)0:02
3位オスカル・ロドリゲス(スペイン、モビスター)0:23
4位サムエーレ・バティステッラ(イタリア、アスタナカザフスタン)0:25
5位エドアルド・ザンバニーニ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)
個人総合成績
1位エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)20:38:43
2位オスカル・ロドリゲス(スペイン、モビスター)0:23
3位サムエーレ・バティステッラ(イタリア、アスタナカザフスタン)0:28
4位エドアルド・ザンバニーニ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:29
5位カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、イスラエル・プレミアテック)0:35
その他の特別賞
ポイント賞ファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップ・アルファヴィニル)
山岳賞アーロン・ファンパウク(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
text:Sotaro.Arakawa
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ガーミン Edge 530 本体のみ ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥41,580
最安価格: ¥41,580
アマゾン価格: ¥41,580
の画像 GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)抹茶 1KG
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
参考価格: ¥ 4,980
最安価格: ¥ 4,980
アマゾン価格: ¥ 4,980
の画像 チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン 抹茶 (1.05kg) GMOフリー / 人工甘味料不使用 / 粉末 ドリンク グラスフェッド プロテイン
カテゴリー: Drugstore
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
参考価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)
最安価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)
アマゾン価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)