アメリカのノースカロライナに拠点を構えるブラックオックスが用意するシーラント、OX1とOX2。カーボン繊維をラテックスに配合することで、大きな穴を防げる対パンク性能を獲得したシーラントだが、OX1とOX2は耐久性の設計が異なることが特徴だ。



ブラックオックスのシーラント2種類。最新版のOX2(右)、ベーシックモデルのOX1(左)ブラックオックスのシーラント2種類。最新版のOX2(右)、ベーシックモデルのOX1(左)
アメリカのノースカロライナ発のシーラントブランドのブラックオックス。パンクが原因でレースの優勝を逃した悔しさからスタートしたブランドであり、パンク後の修復力を追求したシーラントの開発に力を入れている。そんな想いから生み出されたのがOX1だ。

OX1は優れたシーリング性能を実現するラテックスを主成分としており、そこにカーボンの繊維が加えられた配合が特徴。パンクホールにラテックスが流れ込み、硬化することで空気漏れを止めることはもちろん、カーボンの繊維がパンク穴を埋めることで、大きな穴の修復を狙っている。

インジェクション・チューブを使用すればバルブからシーラントを充填しやすいインジェクション・チューブを使用すればバルブからシーラントを充填しやすい
また、配合されるカーボン繊維は自社で長さをコントロールし、パンクシーリング能力を高めているという。結果として最大9mmの穴を埋めることができるという。

そんなOX1をベースにアップデートしたOX2がリリースされている。カーボン繊維によるパンク修復能力はそのままに、ベースとなる液体を安定剤で強化することで、シーラントの硬化を遅らせたモデルとなっている。パンク修復スピードと修復できる穴の大きさの性能はOX1に譲るが、より幅広い気温と長い期間に渡る使用ができるシーラントに仕上げられている。

 (充填直後)シーラントの液中にカーボン繊維を含ませることで、大きなパンクホールに対応させている (充填直後)シーラントの液中にカーボン繊維を含ませることで、大きなパンクホールに対応させている
3ヶ月経過したOX2は液体が多く残っている3ヶ月経過したOX2は液体が多く残っている
今回、シクロワイアード編集部の藤原は、1月末にMTBの前輪にOX1を、後輪にOX2を充填してみた。それから3か月が経った4月末にタイヤ内部を確認してみたところ、OX2を充填したタイヤは3ヶ月後もまだ液体が大量に残り、そのまま使い続けられそうな印象を受けた。シーラントが液体として残っているため、タイヤ内に張られる膜は少ない。

対してOX1は完全には乾ききってはないものの、タイヤ内に残る液体量は少なめ。OX1の方はもう一度シーラントを充填したのちにライドに出かけたい印象だ。とは言え、乾くスピードが早すぎるということはなく、他ブランドの製品も3ヶ月に1回の頻度ではシーラントの具合は確認したいところ。ライバルのプロダクトに対してOX1が背負うディスアドバンテージはないだろう。

3ヶ月経過したOX1は液体が少なくなっている3ヶ月経過したOX1は液体が少なくなっている
つまり、OX2がとりわけ耐久性が高いという印象だ。タイヤに充填せず、OX1とOX2それぞれの液体を外気に触れさせる形で乾かしてみると、どちらも1日で液体は無くなった。しかし、OX1はタイヤ内部に張られる膜のようにシーラントが残ったが、OX2は蝋のような塊としてシーラントが残るといった違いを確認できた。一見しただけでは、OX1とOX2の違いは見受けられなかったが、実際に働く作用が異なるシーラントに仕上げられていると実感できた。

また、今回のシーラント充填では4ozのボトルに付属するチューブを活用し、シーラントをタイヤ内部に送り出してみた。タイヤのビードを上げたのちに、コアを外したバルブに液体を流し込むため、シーラントが溢れて周囲を汚す心配は少なく、タイヤに直接注ぐ方式よりも非常に作業性は良好。

ブラックオックスのチューブレスバルブ。長さは40mmと50mmの2種類が展開されているブラックオックスのチューブレスバルブ。長さは40mmと50mmの2種類が展開されている
大きなホールはシーラントが詰まりにくいだろう大きなホールはシーラントが詰まりにくいだろう
最大9mmの穴を塞げるカーボン繊維ということもあり、バルブを詰まらせる心配も感じていたが、それは8割杞憂に終わった。残りの2割はシーラントが流れ込みにくくなった時に、焦ってボトルを押し込んでしまったがために、シーラントがチューブとバルブの隙間から漏れ出してしまったというミスを犯したことにある。流量を考慮せずボトルを押し込んだ私が悪いのだが、バルブの穴が小さい場合は気をつけてもらいたい。

リム純正のバルブではなく、ブラックオックスのバルブを使うのも一つの手だろう。バルブホールは大きめに作られているため、シーラントが留まることなくサラリと流れてくれるはずだ。3種類のアダプターが付属するため、様々な形状のリムベッドに適合させられる。

チューブレスバルブキットには3種類のグロメットと2つのバルブコアが付属するチューブレスバルブキットには3種類のグロメットと2つのバルブコアが付属する
さて、OX1とOX2のどちらを選ぶかは非常に難しい問題だ。オフロードライドでパンクリスクを避けるために、短いスパンでメンテナンスを行うのであればOX1が適している。パンクリスクが未舗装路より小さいオンロードメインの場合であれば、メンテナンス頻度を落とせるOX2が適しているだろう。



ブラックオックス OX1
容量:4oz(118ml)、16oz(473ml)、32oz(946ml)
税込価格:880円(4oz)、2,200円(16oz)、3,630円(32oz)

ブラックオックス OX2
容量:4oz(118ml)、16oz(473ml)、32oz(946ml)
税込価格:990円(4oz)、2,420円(16oz)、3,740円(32oz)

ブラックオックス チューブレスバルブキット
キット内容:チューブレスバルブ×2セット、グロメット3タイプ×各2、スペアバルブコア×2、コア抜きツール
バルブ長:40mm、50mm
カラー:ブラック、レッド、オレンジ、グリーン、ブルー
税込価格:2,750円

Amazon.co.jp 
の画像 ビアレッティ エスプレッソメーカー 直火式 モカエキスプレス 3カップ用 コーヒー マキネッタ 0001162/AP
カテゴリー: 家庭用品
メーカー: BIALETTI(ビアレッティ)
参考価格: ¥4,246
最安価格: ¥2,649
アマゾン価格: ¥4,246
の画像 デロンギ(DeLonghi)エスプレッソ・カプチーノメーカー スタンダードモデル ブラック×シルバー 1L  EC152J
カテゴリー: Kitchen
メーカー: DeLonghi(デロンギ)
最安価格: ¥ 9,603
アマゾン価格: ¥ 10,670
の画像 シロカ 全自動コーヒーメーカー 新ブレード搭載 [静音/コンパクト/ミル2段階/豆・粉両対応/蒸らし/ガラスサーバー] SC-A211 ステンレスシルバー
カテゴリー: Kitchen
メーカー: シロカ
参考価格: ¥10,165
最安価格: ¥9,349
アマゾン価格: ¥10,165