ドイツに拠点を構える総合バイクブランドのコラテックが、マルチパーパスバイクA-ROADのアルミフレーモデルをリリースする。現在のグラベル系バイクに求められるスペックを盛り込んだエントリーグレードを紹介する。



コラテック A-ROAD(GRAY BLUE/WHIT)コラテック A-ROAD(GRAY BLUE/WHIT) (c)グローブライド
シティバイクからレースバイクまで幅広い車種を展開するドイツの総合ブランド、コラテック。国内で展開される2022年ラインアップに追加されたA-ROADは、ハイドロフォーミングで洗練された形とされたダブルバテッドのアルミフレームに、フルカーボンフォークをアセンブルする本格的な1台だ。

特にトップチューブはヘッドからシート方向に向かうにつれて扁平する形状とされており、さながらカーボンチューブのよう。シートステーにも薄型の扁平形状を採用することで、路面からの衝撃を和らげるコンフォート性を実現している。

扁平したシートステーがコンフォート性を向上させる扁平したシートステーがコンフォート性を向上させる (c)グローブライドカーボンフォークのブレードにはストレージ台座が用意されているカーボンフォークのブレードにはストレージ台座が用意されている (c)グローブライド


フルカーボンのフォークはブレードにアイレットが設けられており、アドベンチャーバイクのようにストレージが追加可能だ。フェンダーも取り付けることができ、ツーリングや通勤通学のように雨天にも対応できる仕様が採用された。もちろんフレーム側にもキャリア用などのアイレットは設けられている。

またフラットマウントのディスクブレーキかつエンドが前後ともスルーアクスルであり、現在主流の仕様が採用されていることも特徴だ。エントリーグレードながら堅実なスペックとされたことに加え、完成車に装備されるWTBのRiddler 700×45Cタイヤも相まって、買った状態からオフロード走行を楽しめるはずだ。

ドロップ部がフレアしたグラベル向けのハンドルがアセンブルされているドロップ部がフレアしたグラベル向けのハンドルがアセンブルされている (c)グローブライドトップチューブにもストレージマウントが用意されているトップチューブにもストレージマウントが用意されている (c)グローブライド

WTBのRiddlerを標準装備しており、そのままオフロードも対応できるはずだWTBのRiddlerを標準装備しており、そのままオフロードも対応できるはずだ (c)グローブライドボトルケージの台座が3つあり高さを調節することが可能ボトルケージの台座が3つあり高さを調節することが可能 (c)グローブライド


変速機はシマノSORAを採用し、11-34Tの9速スプロケットが搭載される。ブレーキはテクトロの機械式ディスクブレーキだ。サイズは46、48、50、52cmという4種類。カラーはM.FOREST/L.GREEN、GRAY BLUE/WHITEという2色展開だ。価格は152,900円(税込)。

コラテック A-ROAD(M.FOREST/L.GREEN)コラテック A-ROAD(M.FOREST/L.GREEN) (c)グローブライド


コラテック A-ROAD
フレーム:ハイドロフォーミングダブルバテッド AL6061-T6
フォーク:フルカーボングラベルディスク FM
クランク:FSA Tempo 46/30T
スプロケット:SHIMANO CS-HG200 9S 11-34T
変速機:SHIMANO SORA R3000
ブレーキ:TEKTRO MD-C510 FM 160mm
ブレーキローター:TEKTRO TR160-22
タイヤ:WTB RIDDLER 700x45c COMP
重 量:10.89kg(48cm)
サイズ:46、48、50、52cm
カラー:M.FOREST/L.GREEN、GRAY BLUE/WHIT
価 格:152,900円(税込)

Amazon.co.jp