2000年代前半に名車として名を馳せ、2020年に復活を遂げたアンオーソライズドの"33rpm"。日本のトレイルシーンにマッチしたハードテールMTBに限定カラー3色が登場する。



アンオーソライズド 33rpm Enduroアンオーソライズド 33rpm Enduro (c)ダイアテック
日本のトレイルに合わせてジオメトリー開発が行われたアンオーソライズドの33rpm。2000年代前半に名車として名を轟かせたハードテールMTBは、登場以後17年間に渡って世界中のトレイルを走り続けたスタッフによって冒頭のような設計が施され2020年にリメイクされた1台だ。

日本のトレイルは傾斜が急、コンパクトな山が多く、木の根や岩などが露出しており、他にはない独特な風土だという。ハードなシチュエーションに適応するべく最新作の33rpmはモデル名にEnduroとつけられるように、上りの性能も確保しつつダウンヒルの性能が高められた。

アンオーソライズド 33rpm Enduro(M.SAND)アンオーソライズド 33rpm Enduro(M.SAND) (c)ダイアテック
アンオーソライズド 33rpm Enduro(BLACK)アンオーソライズド 33rpm Enduro(BLACK) (c)ダイアテックアンオーソライズド 33rpm Enduro(M.GREEN)アンオーソライズド 33rpm Enduro(M.GREEN) (c)ダイアテック


特にトラベル量160mmのフロントサスペンションを搭載した時にヘッドアングルが63°となるように設計されている。ヘッドを寝かせたフォワードジオメトリーによって、ダウンヒル時のコントロール性や安定性を確保。木の根が多い場面でも安心して攻められるだろう。

対してリアセンターは418mmと短く設定されており、急峻かつタイトコーナーの多い里山でも乗車してこなせるコーナリング性を実現している。フレームは断面形状がアレンジされたクロモリチューブが採用されており、走行性能を追求していることがうかがえる。

そんな33rpm Enduroに限定カラーが3色、40本限定でリリースされる。今回はBLACK、M.SAND、M.GREENというベーシックカラーとアースカラーが用意された。価格は147,400円(税込)。

急峻な日本の里山に適したアンオーソライズド 33rpm急峻な日本の里山に適したアンオーソライズド 33rpm (c)ダイアテック


アンオーソライズド 33rpm Enduro
チューブ:Original クロモリチュービング
適正フォーク長:最大160mm(44mmオフセット)
カラー:BLACK、M.SAND、M.GREEN
サイズ:S、M
ヘッドアングル:63度 (160mmストローク時)
適正身長:S〜173cm、 M〜180cm
付属品:9point8オリジナルシートクランプ / ロバートアクスルシャフトmade in USA
※ボトルケージ用ボルトは付属しない
価格:147,400円(税込)

Amazon.co.jp