ジャイアントのフルサスXCモデルであるANTHEMがフルモデルチェンジ。より難易度を増す現代のXCコースに対応する先進的なジオメトリーと、駆動効率と軽量化を重視して新開発されたシングルピボットリンケージ”FlexPoint Pro”の採用によって、登りと下りどちらのセクションでもアドバンテージを生み出すレーシングバイクとなった。



ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2 ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2 (c)ジャイアント
世界最大の自転車メーカーとして君臨するジャイアント。ハイエンドなレーシングバイクから子供車に至るまで膨大なラインアップを誇る総合自転車ブランドだが、そのラインアップの中でXCレーシングバイクとして17年以上続いてきたのがANTHEMシリーズだ。

その長い歴史の中でワールドカップの表彰台を始め、多くの栄光を掴み取ってきたANTHEM。近年ではレオナルド・パエッツとともに2019年のXCマラソンの世界選手権を制しており、その高い性能を全世界に知らしめてきた。

現代のXCレースに対応するピュアレーサーとなったジャイアント ANTHEM 現代のXCレースに対応するピュアレーサーとなったジャイアント ANTHEM (c)ジャイアント
そんなANTHEMが、年々激しくテクニカルになるXCコースに対応すべくフルモデルチェンジを果たす。アントワーヌ・フィリップをはじめとしたジャイアントファクトリーオフロードチームからのフィードバックを受け、最新のXCレーシングバイクにふさわしい性能を手に入れた。

数多い前作からの変更点の中でも、最もセンセーショナルなのが新たなリンケージシステムの開発・採用だろう。これまでジャイアントがほぼ全てのレンジのフルサスバイクに採用してきた"Maestro"を廃し、代わりに採用したのは"FlexPoint Pro"と名付けられた新型リンクシステム。

伝統のMaestroを廃し、"FlexPoint Pro"と名付けられた新型リンクシステムを採用伝統のMaestroを廃し、"FlexPoint Pro"と名付けられた新型リンクシステムを採用 (c)ジャイアント
ハイパフォーマンスなXCバイクに向けて専用設計されたFlexPoint Proは、シンプルなシングルピボットシステムで、高い効率性と反応性、そして軽量性を有しているのが特徴。上下2つのリンクでリア三角を保持していたMaestroに対し、下側のリンクを排除しピボットの数を減らしつつ、リアフレームの撓みによって前作と変わらないスムーズなストロークを実現。

下側リンクおよびピボットの排除に加え、前作に存在した左側のチェーンステーとシートステーをリンク付近で繋ぐブリッジを廃止。フルカーボンモノコックとされたスイングアームは250gもの軽量化を果たしている。ばね下の大幅な軽量化によって、リアサスペンションの反応性も向上しているだろう。

フロントは110mmストロークへと拡大フロントは110mmストロークへと拡大 (c)ジャイアント35mmクランプのハンドルとステムを採用35mmクランプのハンドルとステムを採用 (c)ジャイアント


下側リンクとピボットを一か所廃し、従来のMaestroより軽量になったFlexPoint Pro下側リンクとピボットを一か所廃し、従来のMaestroより軽量になったFlexPoint Pro (c)ジャイアントカーボン製のロッカーアームを採用カーボン製のロッカーアームを採用 (c)ジャイアント


更に、FlexPoint Proの採用によって、ねじれ剛性を7%、BBエリアの剛性を20%向上。高めに設けられたメインピボットは優れたアンチスクワット性能にも貢献しており、優れたペダリング性能を発揮する。

リンケージシステムに加え、ジオメトリーも刷新。シートチューブアングルを前作の73.5°から75.5°へと起こすことで、急勾配の登りセクションでも体重を活かしたパワフルなペダリングを可能に。

一方でヘッドアングルは69°から67.5°へと大幅に寝かされ、リーチも延長。更にフロントサスのストロークも100mmから110mmへと拡大し、高速でテクニカルな下りセクションに対応する安定感のあるハンドリングとキャパシティを手に入れた。

スラックなジオメトリーでハードな下りセクションに対応するスラックなジオメトリーでハードな下りセクションに対応する (c)ジャイアント
一新されたフレームに組み合わせられるコンポーネント類もライドクオリティを高めるための設計が与えられている。前作では臼式だったシートクランプも、軽量性と固定力のバランスが整えられたトラディショナルな設計に戻っているほか、チェーン落ちのリスクを低減する専用チェーンガイドを搭載している。

販売形態は完成車のANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2および、フレームセット。ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2はフロントにフォックス 34 FLOAT SC PERFORMANCE 110mm、リアにトラニオンマウント仕様のフォックス FLOAT DPS REMOTE PERFORMANCE ELITEを採用。メインコンポーネントはシマノ SLX、ブレーキセットはDEOREとなる。

ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2 ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2 (c)ジャイアント
更に、フロント周りの剛性を高め、正確なコントロールを可能とする35mmクランプ径のハンドル&ステムや、軽量かつ高剛性で高い駆動効率を誇るジャイアント XCR 2カーボンフックレスホイール、リモートコントロール可能なドロッパーポストを標準装備している。390 (S)、420 (M)mmの2サイズ展開で、カラーはブラックダイアモンド、価格は660,000円(税込)。

オーロラにインスピレーションを受けたという「アークティックライト」にペイントされたフレームセットはリアショックにフォックスのFLOAT DPS FACTORYを採用。サイズは390 (S)、420 (M)、465 (L) mmの3サイズ展開で385,000円(税込)となる。

ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER FRAMESETジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER FRAMESET (c)ジャイアント


ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2
フレーム:Advanced-Grade Composite,Advanced-Grade Rear Swingarm,100mm FlexPoint Pro Suspension OLD148mm
F.フォーク:FOX 34 FLOAT SC PERFORMANCE 29 OverDrive Column 110mm Travel 15mm Axle
R.ショック:FOX FLOAT DPS REMOTE PERFORMANCE ELITE,TRUNNION MOUNT L : 165 T : 45
ギアクランク&変速パーツ:SHIMANO SLX
ブレーキセット:SHIMANO DEORE F:180mm R:160mm Rotors
ホイールシステム:GIANT XCR 2 29 Boost Hookless Carbon
タイヤ:MAXXIS REKON RACE 120TPI 29x2.4 Tubeless Ready
シフト段数:12 Speed
サイズ:390 (S)、420 (M) mm
重量:11.3kg(420mm)
カラー:ブラックダイヤモンド
価格:660,000円 (税込)

ジャイアント ANTHEM ADVANCED PRO 29ER フレームセット
フレーム:Advanced-Grade Composite,Advanced-Grade Rear Swingarm,100mm FlexPoint Pro Suspension OLD148mm
R.ショック:FOX FLOAT DPS FACTORY、TRUNNION MOUNT L : 165 T : 45
ヘッドセット:FSA ORBIT 1.5 ZS Sealed Cartridge
付属品:チェーンガイド,コラムスペーサー,リア12mmスルーアクスル
サイズ:390 (S)、420 (M)、465 (L) mm
重量:1,760g(390mm)
カラー:アークティックライト
価格:385,000円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 OTAHEN アンセム
カテゴリー: Digital Music Purchase
メーカー: Nippon Columbia Co., Ltd.
参考価格: ¥250
最安価格: ¥250
アマゾン価格: ¥250
の画像 アンセム
カテゴリー: ミュージック
メーカー: キングレコード
参考価格: ¥1,313
最安価格: ¥1,352
アマゾン価格: ¥1,313
の画像 BEATLESS “Arm for the Outsourcers”
カテゴリー: Hobby
メーカー: アンクロン(Uncron)
参考価格: ¥ 3,300
最安価格: ¥ 4,980
アマゾン価格: ¥ 4,980