ドイツのフォーカスが誇るフラッグシップレーサー、IZALCO MAX DISCの2022モデルが発表された。ケーブル内装を実現するCISステムが改良され、より軽量に。シマノの新型コンポーネントを搭載した完成車を紹介しよう。



フォーカス IZALCO MAX DISC 9フォーカス IZALCO MAX DISC 9 (c)グローブライド
ドイツの総合バイクブランドであるフォーカスのフラッグシップロードバイク"IZALCO MAX DISC 9"。空力性能、剛性、快適性を高次元でバランスしたピュアレーシングバイクとして生み出され、発表以来高い人気を集めてきた。

IZALCOシリーズの特徴である軽量性を受継ぎつつ、フォークブレードやヘッドチューブ、ダウンチューブは後方の乱流を抑えるためのカムテール形状とすることでエアロダイナミクスを向上。さらにケーブル内装コックピットを採用することで、軽量オールラウンダーでありながらエアロロードとしての側面も持つ現代のレーシングバイクの新基準を示す一台となった。

また、シートチューブと専用のシートピラーには翼断面の後端をカットしたD型デザインを採用しており、エアロ面だけではなく快適性に配慮している設計も特徴。レーシングバイクに求められるあらゆる性能を高次元でミックスしたバランス型のレーサーだ。

アップデートが施されたCISステムアップデートが施されたCISステム (c)グローブライド
IZALCO MAXに搭載されるCISステムIZALCO MAXに搭載されるCISステム (c)グローブライド
そんなIZALCO MAX DISC 9の2022モデルが発表された。フレーム自体は継続となるが、ケーブル内装に欠かせないステムがアップデートされることが大きな変更点だ。新たなC.I.Sステムは従来モデルの剛性とインターナルケーブルルーティングを確保しつつ74gの軽量化を実現(120mmモデルにおいて)。これまで、重量を理由にステムを汎用品へと交換しているユーザーの存在も考えれば、IZALCO MAXの価値を更に高めるアップデートだと言えるだろう。また、フロントキャップに装着するタイプのサイクルコンピューターマウントも別売で用意される。

マイナーチェンジを施され、正統進化を遂げた2022年のIZALCO MAX DISC 9には、シマノの新型DURA-ACEと新型ULTEGRAを用いた完成車が用意される。国内工場により組付けられた"Japan Assembly"モデルとなり、ホイールをマヴィックのCOSMIC SL 45もしくはフルクラム RACING 400 DBから選択できる。

カラーはシンプルなマットブラックのみ。サイズはXXS/47, XS/50, S/52, M/54, L/56の5種類が用意される。価格は737,000円(ULTEGRA/RACING 400完成車、税込)から。



フォーカス IZALCO MAX DISC 9
カラー:マットブラック
フレーム重量:890g(M/54サイズ)
フォーク重量:360g(M/54サイズ)
完成車パッケージおよび価格
R9270 DURA-ACE Di2+COSMIC SL 45 D :1,133,000円(税込)
R9270 DURA-ACE Di2+RACING 400 DB:957,000円(税込)
R8170 ULTEGRA Di2+COSMIC SL 45 D :913,000円(税込)
R8170 ULTEGRA Di2+RACING 400 DB:737,000円(税込)
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥306
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥306
アマゾン価格: ¥792