ツールプロバイク特集の第22弾は、クベカ・ネクストハッシュが駆ったBMCを紹介。オールラウンドバイクTeammachine SLR01や、エアロロードのTimemachine Roadなどを紹介する。



BMCのオールラウンドバイクTeammachine SLR01を駆ったクベカ・ネクストハッシュBMCのオールラウンドバイクTeammachine SLR01を駆ったクベカ・ネクストハッシュ photo:Makoto Ayano
ハントがチームのために開発したチューブラーモデルにプロトタイプのグッドイヤータイヤを合わせるハントがチームのために開発したチューブラーモデルにプロトタイプのグッドイヤータイヤを合わせる photo:Makoto Ayanoハントのカーボンスポーク採用ホイール、タイヤはグッドイヤーのEAGLE F1ハントのカーボンスポーク採用ホイール、タイヤはグッドイヤーのEAGLE F1 photo:Makoto Ayano


セルヒオルイス・エナオ(コロンビア)をエースナンバーに据え、ツールに臨んだNTTプロサイクリング。昨年に引き続き、使用機材はBMCだ。ほぼ全ての選手が軽量オールラウンダーでありながらエアロ性能も確保したTeammachine SLR01を使う一方で、平坦ステージではエアロロードのTimemachine Roadに跨る選手の姿も見られた。

ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)やマキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ)らはTMR01をメインで使用し、他の選手らはSLR01をメインバイクとして使っていたようだ。

ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)のTimemachine Roadヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)のTimemachine Road photo:Makoto Ayano
セラミックスピードのOSPWを使用する選手もセラミックスピードのOSPWを使用する選手も photo:Makoto AyanoクランクはローターのALDHU CARBON、チェーンはKMCクランクはローターのALDHU CARBON、チェーンはKMC photo:Makoto Ayano


コンポーネントはシマノのDURA-ACEを使用するが、クランク周りはローターを採用。ALDHU CARBONクランクに、パワーメーターのIN SPIDERを組み合わせるほか、通常のダイレクトマウントスパイダーを使用する選手も。

また、駆動系というくくりでは、チェーンもシマノ純正ではなくKMCを使用している。それぞれの好みなのかブラック/レッドのカラーチェーンを使用しているバイクもいれば、ゴールドカラーが組付けられたバイクもあった。更に、一部の選手はセラミックスピードのビッグプーリー、OSPWを使用している。

TTバイクはTimemachine 01のリムブレーキモデルを採用 TTバイクはTimemachine 01のリムブレーキモデルを採用  photo:Makoto Ayano
ホイールは今年からイギリスのハントを採用。当初ラインアップにチューブラーモデルが無かったため、対応に注目が集まっていたハントだが、チーム側からの要望に応える形で開発した55mmハイトのCARBON TEAM TUBULARを使用する選手が多かったようだ。一方で、カーボンスポークを採用した4454 UD CARBON SPOKE DISCを使用する選手や、より軽量な30mmハイトのモデルを使用する選手もおり、それぞれの脚質とコース特性に応じて使い分けがなされていたようだ。

タイヤはグッドイヤーのEAGLE F1シリーズを使用。現在ラインアップに存在しないチューブラータイヤは、PROTOTYPEのレターが入ったスペシャルモデルが用意されていた。また、ユニークなのは、BMCはエリートと専用ボトルケージを共同開発しており、チームも使用しているのだが、そこに差されるのはタックスのボトルという点。

TTバイク用のチェーンにはセラミックスピードのコーティングを施工TTバイク用のチェーンにはセラミックスピードのコーティングを施工 photo:Makoto Ayano
DHバーはエアロコーチをチョイスDHバーはエアロコーチをチョイス photo:Makoto AyanoサドルはセッレイタリアのBOOSTモデルを使用する選手が多かったサドルはセッレイタリアのBOOSTモデルを使用する選手が多かった photo:Makoto Ayano


TTバイクはTimemachine 01を採用。重量制限にひっかかる恐れの少ないTTバイクでは、より軽量なほうが有利だという判断もあるだろうか、ディスクブレーキモデルも存在するバイクだが、リムブレーキモデルをあえてチョイスしているようだ。なお、同じBMCをチームバイクとするアージェードゥーゼールも同じ選択をしているため、サプライヤーの都合という可能性も考えられる。

text:Naoki Yasuoka
photo:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥1,430
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792