イネオス・グレナディアーズのパートナーとして知られるイタリアンヘルメットブランドのカスク。ミドルグレード"MOJITO³"の限定コレクション"Capsule Collection"が、カラーラインアップを新たにした第2弾となって登場した。



カスクのMOJITO³に第2弾となるカプセルコレクションが登場カスクのMOJITO³に第2弾となるカプセルコレクションが登場 (c)カスク
カスクを代表するヘルメットの一つ"Mojito(モヒート)"は、カスクが創設時からパートナーシップを締結している旧チームスカイ(現イネオス・グレナディアーズ)の要望から開発されたモデル。その後ProtoneやUtopia、Valegroなどレーススペックのヘルメットが生み出されても、ブランドを象徴するモデルとして2度のモデルチェンジが行われながらラインアップされ続けるヘルメットだ。

第3世代目に当たるMOJITO³は現在のトレンドを取り入れながらもMOJITOらしいデザインにまとめられたエントリーグレード。前頭部は丸みを帯びた形状ながら、後頭部は第1世代から継承される作りが採用される。通気口はValegroからインスパイアされた配置とされたうえ、開口部の面積が第2世代よりも拡大していることが特徴だ。

ヨーロッパの夏をイメージさせる色使いが採用されたヨーロッパの夏をイメージさせる色使いが採用された (c)カスク
また、MOJITO³はWG11という欧州の安全基準をクリアする安全性を獲得。WG11とは欧州の規格を作成するCEN(欧州標準化委員会)の頭部保護を専門とする委員会(TC158)に属するワーキンググループのことであり、そこで実施される回転衝撃に対する試験のことを示している。その試験をクリアしたMOJITO³は、従来品と比較して後部で32%、前部で25%、上部で12%の耐衝撃性向上を実現しているという。

そんなMOJITO³に限定カラーラインアップ第2弾となるCapsule Collectionが登場する。2021年の7月に登場した第1弾はイタリアらしいカラーだったが、第2弾ではヨーロッパの夏がテーマのペイントが施された。ラインアップには絵画のような色使いで青空や草木、花々、太陽をイメージさせる5色が用意されおり、ヨーロッパの自然を思い起こすことができそうだ。

今回のCapsule Collectionももちろん1度限りの生産で、国内に入荷するのも1度のみ。各カラーによって展開されるサイズが異なっている。S,M,Lの全サイズが揃うのはRED、KOO BLUEとなり、LAVENDERはSとM、ARCTIC BLUEおよびLIMEはMとLのみの展開となる。気になる方は早めにチェックしたほうが良さそうだ。サイズはS、M、Lの3種類で、重量は230g(Mサイズ)。価格は19,800円(税込)。発売は10月以降順次行われる予定だ。

カスク MOJITO³ Capsule Collection(ARCTIC BLUE)カスク MOJITO³ Capsule Collection(ARCTIC BLUE) (c)カスク


カスク MOJITO³ Capsule Collection 2021
サイズ:S(50-56cm)、M(52-58cm)、L(5-62cm)
重 量:230g(Mサイズ)
カラー/サイズ:RED、KOO BLUE/S, M, L
        LAVENDER/S, M
ARCTIC BLUE、LIME/ M, L
価 格:19,800円(税込)

Amazon.co.jp