今回はチームDSMのバイクをピックアップ。今シーズンよりスコットへと機材を変更し、メインバイクとしてはADDICT RCを、TTバイクとしてはPLASMA PREMIUMを使用する。



チームDSMのスコット ADDICT RCチームDSMのスコット ADDICT RC photo:Makoto AYANO
チーム全員がPROのサドルを使用するチーム全員がPROのサドルを使用する photo:Makoto AYANO
新型DURA-ACEホイールにRT-MT900を組み合わせる新型DURA-ACEホイールにRT-MT900を組み合わせる photo:Makoto AYANO

昨年までサンウェブとして活動していたチームDSM。今シーズンはメインスポンサーのみならず、チームのメイン機材も一新。サーヴェロから、スコットへとバイクをチェンジし、イメージを一新することに成功している。

今ツールでは、序盤の落車に巻き込まれる選手も多く、影の薄かったDSMだが、先般行われたブエルタではステージ3勝を飾るなど調子を上げてきている。チームがツールでメインバイクとして用いたのは、エアロオールラウンダーへと進化したADDICT RCだ。

レッドアルマイトのスルーアクスルが目を引くレッドアルマイトのスルーアクスルが目を引く photo:Makoto AYANO
プロトタイプと思われるサドルの姿もプロトタイプと思われるサドルの姿も photo:Makoto AYANO
スプリンタースイッチを使用する。バーテープはリザードスキンズスプリンタースイッチを使用する。バーテープはリザードスキンズ photo:Makoto AYANO

スコットにはエアロロードであるFOILも用意されているが、全選手がオールラウンダーであるADDICTを選択。それだけ、新ADDICTのエアロ性能がFOILに迫っており、その上で重量はライドフィールにおいても優れているということなのだろう。

シマノのサポートチームでもあるチームDSMは、コンポーネントおよびホイールもシマノで統一。クランクももちろんFC-R9100-Pを採用。ハンドルやシートポストはシンクロスのADDICT専用品を使用するが、サドルはPROで揃え、シューズもシマノ S-PHYREとされている。

チームDSMのPLASMA PREMIUMチームDSMのPLASMA PREMIUM photo:Makoto AYANO
リムブレーキ仕様ながら前方投影面積を最小限に抑える設計だリムブレーキ仕様ながら前方投影面積を最小限に抑える設計だ photo:Makoto AYANO
後輪はエアロコーチを使用する後輪はエアロコーチを使用する photo:Makoto AYANO

ホイールに関しては、DURA-ACEのC40かC60を使用。中にはR9200シリーズのプロトタイプを使用する姿も見られた。スルーアクスルは市販品と異なるレッドアルマイトのもので、こちらは昨年のサポートチームであるミッチェルトン・スコットも使用していたものと同じものだと思われる。選手供給用の証でもあるのだろうか。

TTバイクのPLAZMAはリムブレーキモデル。前輪はPROの3スポークモデルを使用しているが、後輪はエアロコーチのディスクホイールを使用。ピットではPROのディスクホイールの姿も見られた。タイヤはヴィットリアで、ロードレースではCORSAを、TTバイクではCORSA SPEEDを採用していた。

TTバイクのポジションを合わせるメカニックTTバイクのポジションを合わせるメカニック photo:Makoto AYANO

text:Naoki Yasuoka
photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥1,430
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792