アルデンヌを駆けるベネルクスツアーの6日目にバーレーン・ヴィクトリアスのチーム力が炸裂。ソンニ・コルブレッリ(イタリア)が25kmに渡る独走勝利を挙げ、マテイ・モホリッチ(スロベニア)とともに総合ワンツー体制を築きあげた。



夏の名残が残るアルデンヌ地方を駆け抜ける夏の名残が残るアルデンヌ地方を駆け抜ける photo:CorVos
ベネルクスツアー2021第6ステージ コースプロフィールベネルクスツアー2021第6ステージ コースプロフィール 僅差の総合争いが続くベネルクスツアー(UCIワールドツアー)もいよいよ佳境に入った。オティニー=ルヴァン=ラ=ヌーヴからウッファリーズまで、ベルギーのワロン地域を駆け巡る第6ステージの後半には合計10箇所の登坂区間が用意され、獲得標高は3,000mを優に超える。前日よりも一つ一つの登坂が長く、そして険しくなった同地方らしいコースレイアウトで、各チームの戦略が激しくぶつかりあった。

比較的平坦な道が続く序盤区間で逃げを打ったのはゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)とジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス)の2人。24kmに渡るアタック合戦から抜け出し、およそ7分のリードを得て巡航したものの、僅差ゆえ中間ボーナスタイムを狙うメイン集団を引き離すには至らなかった。

逃げるゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)とジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス)逃げるゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)とジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
僅差の総合リードを守りたいシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)僅差の総合リードを守りたいシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ) photo:CorVos
「(逃げることは)今日の予定にはなかったけれど、それでも楽しむことができた。ベルギーレースで先頭を走ること、つまりプロトンにいないことはいつだって素晴らしいこと」と振り返るトーマスは、逃げの終盤にリカールトを引き離して独走していたものの、登坂区間が4箇所組み込まれた周回コース(x2周)に入ると活性化したメイン集団に飲み込まれた。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ名物のコート・ド・サンロッシュを越え、2つ目のコート・ボワ・デ・モワン(登坂距離12.km/平均勾配8%/最大勾配13%)でトーマスは吸収。ここからマテイ・モホリッチ(スロベニア)とソンニ・コルブレッリ(イタリア)を擁するバーレーン・ヴィクトリアスが本格的なアタックに打って出る。モホリッチのアタックにはマルク・ヒルシ(スイス、UAEチームエミレーツ)とコルブレッリが続き、総合首位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)たちを引き離して15〜20秒のリードを築いた。

アタックするマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)アタックするマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス) photo:CorVos
モホリッチやヒルシを突き放して独走するソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)モホリッチやヒルシを突き放して独走するソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス) photo:CorVos
トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)たちがコルブレッリを追うも、差は縮まらないトム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)たちがコルブレッリを追うも、差は縮まらない photo:CorVos
キュングにとっては総合14秒遅れのコルブレッリと16秒遅れの同6位モホリッチを逃すわけにはいかない。メイン集団はドゥクーニンク・クイックステップとグルパマFDJが牽引し、一時50秒程度まで開いた差をほぼゼロにまで縮めて最終周回に入ったものの、すぐさま現れた2度目のコート・ド・サンロッシュでコルブレッリが再加速。トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)やティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)がモホリッチとヒルシを捉えるのを尻目に、単独になったコルブレッリはアタックを続行する。

モホリッチから入る追走グループの状況を無線で聞きながら、誰よりも速いペースで連続登坂をこなすコルブレッリ。合計3箇所の中間ボーナスを全て1位通過し、合計9秒を稼ぎながらイタリアチャンピオンが独走した。アシストを使い果たし、登りで苦しむキュングは大きく遅れ、この日総合成績を4位まで落とすことになる。

「フィニッシュまで独走できるとは思っていなかったけれど、常に良いリズムを刻み、決して振り返ることはしなかった」と言うコルブレッリは、アタック合戦を続けながら追う追走グループとの差を広げ続け、42秒差でウッファリーズのフィニッシュラインに到達。力強いガッツポーズとともに総合首位浮上、さらに後続グループのスプリントをモホリッチが制し、2人がステージと総合成績のワンツー浮上を叶えた。

25kmの独走を成功させたソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)25kmの独走を成功させたソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス) photo:CorVos
「おそらく人生で最もキツいレースだった。マテイと逃げてからはお互いにアタックを仕掛けあうことで同意したんだ。僕の番になった時、タイミングが早かったので逃げ切れるとは思わなかった。途轍もないことを成し遂げることができたので本当に嬉しい。今後僕の競技人生でこんな勝ち方は起こらないだろう。体力を使ったので明日の回復具合が気がかりだけど、もし僕がダメでもマテイがいる」と、モホリッチに51秒、ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)に53秒リードを積み上げたコルブレッリは話している。

2日間のアルデンヌステージを終え、ベネルクスツアーは世界選手権の予行演習となるフランドル地方で最終日を迎える。石畳の急勾配登坂、ボスベルグやミュール・カペルミュールが登場する周回コースが最終総合成績の行方を決める。
ベネルクスツアー2021第6ステージ結果
1位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)4:55:27
2位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:42
3位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
4位ティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM)
5位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)
6位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
7位マルク・ヒルシ(スイス、UAEチームエミレーツ)
8位トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
9位ニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)1:02
10位ジャンニ・フェルメルシュ(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
個人総合成績
1位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)20:23:30
2位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:51
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)0:53
4位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)1:07
5位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)1:09
6位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)1:09
7位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)1:16
8位ティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM)1:33
9位マイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)1:40
10位カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)1:42
その他の特別賞
ポイント賞ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
チーム総合成績バーレーン・ヴィクトリアス
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 [クロックス] サンダル クロックバンド クロッグ 11016 メンズ スタッコ/メロン 22.0 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥3,401
最安価格: ¥3,289
アマゾン価格: ¥3,401
の画像 [クロックス] サンダル ライトライド クロッグ 204592 (定番品) ほぼ白/ほぼ白 22.0 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥3,980
最安価格: ¥3,980
アマゾン価格: ¥3,980
の画像 [クロックス] ビーチサンダル ライトライド フリップ Smoke/Pearl White 22 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥5,280
最安価格: ¥5,280
アマゾン価格: ¥5,280