ホイールだけでなく、高機能なアパレルも展開しているマヴィックから、2021年の春夏コレクションがリリースされている。今回はロンバルドSL、コスミックH2O、シロッコSL(ジャケット&ベスト)という4着をピックアップして紹介しよう。



マヴィック ロンバルドSLジャケット

マヴィック ロンバルドSLジャケットマヴィック ロンバルドSLジャケット
季節の変わり目が最もウェアを選ぶのが難しい。気温や天候の変化が起こりやすく、ジャージだけで出かけるのか、ジャケットをポケットに忍ばせるのか、それともアウターを羽織ってから出かけるのか、考えることは非常に多く悩ましい限り。

ライド中に雨が降ってきた時、最も活躍してくれるのが優れた防水性を誇るロンバルドSLジャケットだ。悪天候に耐える防水性を実現するのは、ゴアテックス社のシェイクドライという素材。

ゴアテックスのシェイクドライが採用されているゴアテックスのシェイクドライが採用されている 非常に優れた防水透湿性を実現するシェイクドライ非常に優れた防水透湿性を実現するシェイクドライ

シームテープで保護されている縫い目シームテープで保護されている縫い目 襟部分は裏起毛とされている襟部分は裏起毛とされている


アウトドアではお馴染みのゴアテックスといえば、多孔性メンブレンによる防水透湿性が最大の特徴。通常はメンブレンを表地と裏地で挟んだ3層構造の生地として利用されることが多いが、シェイクドライは表地を廃止し、メンブレンをむき出しにした2層構造とした生地だ。

メンブレンが剥き出しになった構造により、汚れなどによる撥水性の低下と、それに伴う透湿性の減少から解放されたことが、シェイクドライ最大の特徴だ。更に表地が無いため、非常に薄手に。軽量かつしなやかな着心地となり、コンパクトに折りたたむことができるため、ジャージのバックポケットに忍ばせて置くことができる。一方で、バックパックなど背負ってしまうと生地を痛める可能性があるため、使用の際は気をつけたい。

ジッパーのタブを上に上げた状態では、ウェアを割くようにするだけでジッパーを開放できるジッパーのタブを上に上げた状態では、ウェアを割くようにするだけでジッパーを開放できる 折り畳むと手のひらサイズになるロンバルドSLジャケット折り畳むと手のひらサイズになるロンバルドSLジャケット


ディテールもこだわっており、泥はねで下に着たウェアを濡らさないように背面の裾は長め、かつ高めの襟と絞られた袖、防水仕様のジッパーで雨の侵入を防いでいる。このジッパーは、タブを上げ身頃を割くようにするとジッパーが開放されていく仕様となっており、グローブをした状態でもウェアを脱ぎやすいことが特徴だ。

そのため雨天でもライドに飛び出すハードな乗り方をする方にぴったりのモデルだろう。カラーはブラックのみ。サイズはS、M、L、XL。価格は39,600円(税込)。

前傾ポジションに馴染むカッティングが採用されている前傾ポジションに馴染むカッティングが採用されている
マヴィック ロンバルドSLジャケット
カラー:ブラック
サイズ:S、M、L、XL
価 格:39,600円(税込)



マヴィック コスミックH2Oジャケット

マヴィック コスミックH2Oジャケットマヴィック コスミックH2Oジャケット
重量が僅か110gで、コンパクトに折り畳めるにも関わらず、優れた防水性を実現しているのがコスミックH2Oジャケットだ。このモデルの防水性を司るのは、ポリウレタン製メンブレンを使用した2.5層の生地。外側からの水を弾きつつ、ウェア内側の湿気は外に逃がしてくれるという高機能マテリアルによって、防水性と快適性を両立していることが特徴だ。

また、この生地のアウターレイヤーは耐久性に優れる素材を使用していることもポイント。耐久性のあるシェルというと、生地が硬くかさばるというイメージを受けるが、H2Oジャケットは2.5層ということもあり非常にしなやか。この柔軟性により、コンパクトに折りたたむことが可能となっている。防水性のシェルながら、ジャージのポケットに入れて持ち運びやすいというのは非常に心強い味方となってくれるだろう。

止水ファスナーの一部がリフレクティブ仕様とされている止水ファスナーの一部がリフレクティブ仕様とされている 止水テープでしっかりと留めているため、水が侵入しにくい止水テープでしっかりと留めているため、水が侵入しにくい

腰部分はリフレクターがあしらわれている腰部分はリフレクターがあしらわれている 非常に優れた防水性を誇るという非常に優れた防水性を誇るという


ライディングポジション時のフィット感を高めるエルゴノミックなパターンで仕立てられている。また、体のラインにそうようなプロフィットとされているため、風でアウターがバタつきにくくなっている。背面の裾は長めに作られているため、腰にタイヤが跳ね上げた泥水が付着しにくくなっている。

ラインアップはブラックの1色。サイズはS、M、L、XLの4種類で、価格は20,900円(税込)。

マヴィック コスミックH2Oジャケットマヴィック コスミックH2Oジャケット
マヴィック コスミックH2Oジャケット
カラー:ブラック
サイズ:S、M、L、XL
価格:20,900円(税込)



マヴィック シロッコSLジャケット、ベスト

マヴィック シロッコSLジャケットマヴィック シロッコSLジャケット
北アフリカから地中海に向かって吹き付ける地方風のシロッコをモデル名としたジャケットとベストをマヴィックが用意している。風にちなんだ名前の通り、シロッコSLシリーズは強い風から体を守ってくれるウィンドブレーカー。

防風性を備えたメインファブリックは非常に柔軟かつ柔らかな肌触りのため、心地よい着用感を実現している。撥水性も備えており、多少の雨であれば浸水する心配なく使うことができそうだ。

背面の一部と袖の内側には伸縮性に優れた生地が配置されており、体の動きを妨げない柔軟性を獲得している。シロッコSLは体のラインに沿うようなタイトフィットだが、伸縮性に富む生地によって、アグレッシブなライディングフォームでも生地が突っ張りにくいはずだ。この部分は通気性にも優れているため、ウェア内に熱がこもる心配も少ない。

背中と脇は伸縮性と通気性に優れた生地が配されている背中と脇は伸縮性と通気性に優れた生地が配されている 襟には生地を1枚追加することで、肌に張り付く心配も少ない襟には生地を1枚追加することで、肌に張り付く心配も少ない

袖の外側は若干長く作られている袖の外側は若干長く作られている 僅か70gかつコンパクトに収納できるため、持ち運ぶのにピッタリだ僅か70gかつコンパクトに収納できるため、持ち運ぶのにピッタリだ


また、非常に薄手の生地とされているため、備え付けられているポケットにウェアをコンパクトに収納することが可能となっている。重量は70gと非常に軽量のため、ジャージのバックポケットに収納して持ち運ぶのも苦ではない。ウェアの選択に悩む場合は常に持っていても良いだろう。

シロッコSLには先述したように長袖のジャケットと、ノースリーブのベストの2種類がラインアップされている。いずれもレッドオレンジとブラックの2色展開で、価格はジャケットが15,950円(税込)、ベストが14,850円(税込)だ。

マヴィック シロッコSLベストマヴィック シロッコSLベスト
マヴィック シロッコSLジャケット
サイズ:S、M、L、XL
カラー:レッドオレンジ、ブラック
価格:15,950円(税込)

マヴィック シロッコSLベスト
サイズ:S、M、L、XL
カラー:レッドオレンジ、ブラック
価格:12,650円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 アサヒ飲料 スーパーH2O 2000ml×6本
カテゴリー: Grocery
メーカー: アサヒ飲料
参考価格: ¥1,291 (¥215 / 本)
最安価格: ¥1,080 (¥180 / 本)
アマゾン価格: ¥1,291 (¥215 / 本)
の画像 アサヒ スーパーH2O (2000ml×6本)×2箱
カテゴリー: Grocery
メーカー: アサヒ飲料
参考価格: ¥3,060 (¥255 / 本)
最安価格: ¥2,025 (¥169 / 本)
アマゾン価格: ¥3,060 (¥255 / 本)