大きな斜面を組み込んだUCIシクロクロスワールドカップ第4戦で、マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)とデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)が男女レースを制圧した。



ラース・ファンデルハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)がホールショット。マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)は2番手ラース・ファンデルハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)がホールショット。マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)は2番手 photo:CorVos
全5戦に短縮開催した上で争われる2020-2021年のUCIシクロクロスワールドカップは早くも4戦目。COVID-19により今季ほとんどレースがキャンセルとなったオランダレースであり、南部のベルギーと接する街、フルストを舞台にベルギー/オランダ勢を中心としたトップ選手が揃い踏みした。

初登場となるコースは、海にほど近いエスコー川の河川敷にレイアウトされたもの。大きく、なだらかな堤防の斜面と平坦な芝生区間を組み合わせ、キャンバーを登りきるパワーと、斜めになったコーナーのライン取りが問われる。そんなオランダレースを、この日は世界チャンピオンのマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)が掌握した。

後続を突き放して進むマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)後続を突き放して進むマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
2位グループを率いるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)2位グループを率いるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
スタートダッシュをラース・ファンデルハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)が獲り、続く泥区間でトーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)が先頭に。ファンデルプールはハイペースを刻むアールツと共に抜け出し、レース時間が10分に満たないタイミングで猛然と加速する。混乱するピットでバイク受け取りを失敗し、数秒を失うワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)を尻目に、世界王者が独走を開始した。

ファンデルプールのスピードに、アールツも、ワールドカップリーダーのファンアールトも、トーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)も、マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)も太刀打ちならず。2番手グループを組む4名に対し、世界王者のリードは全10周回中の5周回を完了したタイミングで1分を越えることとなる。

ファンアールトの先行を許したトーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)は3位ファンアールトの先行を許したトーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)は3位 photo:CorVosスペシャルペイントのバイクを駆るワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)スペシャルペイントのバイクを駆るワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos

年明け3日連続勝利を収めたマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)年明け3日連続勝利を収めたマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
1月1日のGPスヴェンネイスと、2日のシクロクロス・グルレーゲムで連続勝利を飾り、3日連続勝利に向け突き進んだファンデルプール。「今まで3日連続でレースを走った経験はなく、どれだけ走れるかは疑問符だった。(レース前)まだ脚はほぐれていなかったけれど、ウォームアップの段階で回復してきたんだ。おそらく今日が今季でベスト・デイ。コースとの相性もとても良かったし、良いラインを良いペースで走ることができた」と話すファンデルプールが、そのままペースを緩めることなく勝利した。

「ホームレースでの勝利のようなものだ。今季オランダでは数戦しか開催されないので、今日ここで勝った意味は大きいよ。レースを楽しむことができたし、コンディションも良かった。ただし先週末はファンアールトに3分差で負けているし、(世界選手権に向けて)今日の結果は何も意味がない」と、冷静に話している。

男子エリートレース表彰台男子エリートレース表彰台 photo:CorVos
4名の2番手グループからはアールツが脱落し、一時ファントーレンハウトが抜け出したものの、8周目に入ってファンアールトとピドコックの戦いに。大型コンテナ船が行き来する河川のたもとで、ファンアールトが力でピドコックを押し切り2位を確保した。

「バイク交換時の混乱も含めて序盤何度かロスしてしまったし、脚も思ったほど動かなかった。今日はマチューが最強で、自分自身のレースに集中していたよ」と、第一子の誕生を控えるファンアールトは話している。




マリアンヌ・フォス(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)とベルギーロード王者のロッテ・コペッキー(リブレーシング)マリアンヌ・フォス(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)とベルギーロード王者のロッテ・コペッキー(リブレーシング) photo:CorVos
母国オランダの女子トップ選手が揃い踏みした女子レースでは、序盤からデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)がリードを築いた。

ベッツィマはホールショットを奪ったサンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)を追い抜き、今季トップ2と言える世界チャンピオンのセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)とルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)を引き離していく。パワーが求められるフルストのコースは、小柄かつパンチ力あるベッツィマの走りにマッチした。

独走に持ち込むデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)独走に持ち込むデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
2番手グループから抜け出すルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)2番手グループから抜け出すルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ) photo:CorVosセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)は奮わず3位にセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)は奮わず3位に photo:CorVos


ベッツィマの後方ではブラントとアルバラード、そしてアンマリー・ワースト(オランダ、777)が2番手争いを繰り広げ、レース時間が半分を過ぎたあたりでブラントが単独に。新設されたユンボ・ヴィズマ女子チームに加入したマリアンヌ・フォス(オランダ)はこの日振るわず、10番手前後でのレースが続くこととなる。

ベッツィマは、ブラントたちとの差を広げ続けたまま7周回を走りきり、フィニッシュ。今季何度も表彰台に上がりながらも、ブラントとアルバラードの二人にあと一歩届いていなかった27歳が、「風と短い登坂が続く得意のコンディション」でワールドカップ初勝利を挙げた。

W杯初勝利を飾ったデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)W杯初勝利を飾ったデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
ブラントはアルバラードの猛追を7秒差で退け2位。前日のシクロクロス・グルレーゲムで優勝したカータ・ヴァス(ハンガリー、ドルチーニ・ファンアイクスポーツ)が5位、クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)が6位と、非オランダ勢が上位に食い込んでいる。
UCIシクロクロスワールドカップ2020-2021第4戦 男子エリート結果
1位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)1:05:27
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)1:31
3位トーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)1:49
4位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:41
5位トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)3:07
6位ラース・ファンデルハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)3:19
7位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンスシクロクロスチーム)3:32
8位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)3:37
9位ライアン・カンプ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)4:12
10位コルネ・ファンケッセル(オランダ、トルマンスシクロクロスチーム)4:46
UCIシクロクロスワールドカップ2020-2021第4戦 女子エリート結果
1位デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)53:06
2位ルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)1:02
3位セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)1:09
4位アンマリー・ワースト(オランダ、777)1:26
5位カータ・ヴァス(ハンガリー、ドルチーニ・ファンアイクスポーツ)1:57
6位クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)2:10
7位パック・ピーテルス(オランダ、アルペシン・フェニックス)2:22
8位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)2:23
9位マノン・バッカー(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)2:41
10位フェム・ファンエンペル(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:50
Amazon.co.jp 
の画像 泥汚れ用洗濯洗剤 New泥クリヤ 2kg入り 野球・サッカーのユニフォームの泥汚れにお母さん楽々!
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: クリヤケミカル株式会社
参考価格: ¥ 2,000
最安価格: ¥ 2,100
アマゾン価格: ¥ 2,100
の画像 お徳用 泥汚れ用洗濯洗剤 New泥クリヤ 5kg入り 野球・サッカーのユニフォームの泥汚れにお母さん楽々!
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: クリヤケミカル株式会社
参考価格: ¥ 3,780
最安価格: ¥ 3,700
アマゾン価格: ¥ 3,700
の画像 泥スッキリ本舗 303 黒土専用洗剤 1.5kg
カテゴリー: Sports
メーカー: 泥スッキリ本舗
参考価格: ¥ 2,750
最安価格: ¥ 2,648
アマゾン価格: ¥ 2,750