全日本選手権トラックの最終日。女子は3km個人パーシュートとポイントレースで優勝した梶原悠未(筑波大学大学院)が6冠達成。男子は橋本英也(チームブリヂストンサイクリング)がポイントレースを制して5冠を達成した。また、1kmタイムトライアルでは、新田祐大(ドリームシーカーレーシングチーム)が、大会新記録で優勝した。



高い天井と外光の入る大きな窓が特徴のヤマダグリーンドーム前橋高い天井と外光の入る大きな窓が特徴のヤマダグリーンドーム前橋 photo:Satoru Kato
ヤマダグリーンドーム前橋で4日間に渡り開催されてきた全日本選手権トラック。最終日は男子4km個人パーシュート、女子3km個人パーシュート、男子1kmタイムトライアル、女子500mタイムトライアル、男女ポイントレース 、パラサイクリングのパーシュートが行われた。



男子4km個人パーシュート 近谷が3年ぶり優勝

男子4km個人パーシュート優勝 近谷涼(チームブリヂストンサイクリング 写真は予選時)男子4km個人パーシュート優勝 近谷涼(チームブリヂストンサイクリング 写真は予選時) photo:Satoru Kato
カメラにサムズアップして見せる近谷涼(チームブリヂストンサイクリング)カメラにサムズアップして見せる近谷涼(チームブリヂストンサイクリング) photo:Satoru Kato16名による予選が行われた男子4km個人パーシュートは、昨年と同じく窪木一茂と近谷涼によるチームブリヂストンサイクリング同士の決勝戦。窪木のペースが伸びない一方、予選で出した4分27秒台に近いラップを重ねた近谷が最後までペースを落とさず走り切り、3年ぶり3度目の優勝を決めた。

近谷涼 コメント
「前回優勝した時は窪木選手が不在で、昨年、一昨年と負けていたので、今年は勝ちたいと強く思って臨んだ。僕は2本目のタイムが大きく崩れないことが強みだと思っているので、それが今日の勝因にもなったと思う。今年は5月に両手を骨折する怪我をしてしばらく練習出来ない時期があったので、全日本は無理だと思っていた。でも周りの人達に支えてもらって、ここまで準備を整えることが出来たので感謝の気持ちでいっぱいです」



女子500mTTは山本さくらが有終の美を飾る優勝男子1kmTTは新田祐大が大会新で優勝

女子500mTT優勝 山本さくら(CIEL BLEU KANOYA)女子500mTT優勝 山本さくら(CIEL BLEU KANOYA) photo:Satoru Kato
女子500mTTは、リオ五輪代表の山本さくらが2016年以来となる優勝。表彰式ではこのレースをもって引退することを発表した。

女子500mTT 表彰式女子500mTT 表彰式 photo:Satoru Kato山本さくら コメント
「最後の大会で優勝出来て本当に嬉しい。鹿児島国体に向けて準備してきたが、3年後に延期になってしまい、モチベーションを保つことが難しいと思ったので引退することを決めた。リオ五輪の後、バーンアウトのようになって競技を辞めようかと思ったことがあった。けれど、子供を授かって一時休んで、ゆっくり考える期間があって、チームもまた頑張ってと言ってくれたので、ここまで戻って来られたと思っている。今まで色々あったけれど、ここまで応援してくれた方々に感謝したい」


男子1kmTT優勝 新田祐大(ドリームシーカー・レーシングチーム)男子1kmTT優勝 新田祐大(ドリームシーカー・レーシングチーム) photo:Satoru Kato
男子1kmタイムトライアルでは、短距離の東京五輪代表に内定している新田祐大が1分1秒551の大会新記録を出し、この種目で10年ぶりの全日本優勝を決めた。

男子1kmTT 表彰式男子1kmTT 表彰式 photo:Satoru Kato新田祐大コメント
「今年2度目の1kmタイムトライアルを走ったが、自己ベストを1秒以上更新して自分の成長が可視化できる結果だった。やっていることが間違ってないことと、五輪に向けて成長出来ていることを実感出来た。でも、1分を切る日本記録を出すつもりでいたので、その点は心残り。

コロナ禍が無ければ全日本に出ることは無かったと思うので、自分の中では今回が最後の全日本と思って走った。1kmタイムトライアルは自転車競技をやる上で基準になる種目でもあるので、若手も含めた今回の大会で優勝出来たことで彼等に刺激を与えられたのではないかと思う」




個人パーシュートとポイントレースを制した梶原悠未が6冠達成

女子3km個人パーシュート決勝 後半にペースを上げて逆転した梶原悠未(筑波大学大学院)女子3km個人パーシュート決勝 後半にペースを上げて逆転した梶原悠未(筑波大学大学院) photo:Satoru Kato
女子ポイントレース 古山稀絵(日本体育大学)に続いてポイントを取りに行く梶原悠未(筑波大学大学院)女子ポイントレース 古山稀絵(日本体育大学)に続いてポイントを取りに行く梶原悠未(筑波大学大学院) photo:Satoru Kato
前日まで4種目で優勝している梶原悠未が、最終日も個人パーシュートとポイントレースの2種目で優勝。宣言通り出場した6種目全てで優勝して見せた。

3km個人パーシュートでは、予選1位の古山稀絵(日本体育大学大学院)と決勝で対戦し、後半にペースアップする作戦で逆転優勝。今回は3分41秒台のタイムだったが、「個人パーシュートはクロエ・ダイガート選手(アメリカ)の世界記録(3分16秒937)との差が自分の力の差だと考えている。その差を縮めていけるようにしたい」と話す。

6種目制覇を達成した梶原悠未(筑波大学大学院)6種目制覇を達成した梶原悠未(筑波大学大学院) photo:Satoru Katoポイントレースでは1回目のポイント周回から1位通過を繰り返し、終盤には古山と共に飛び出して集団をラップ(周回遅れ)して見せ、2位以下に30ポイント以上の差をつけて優勝した。

6冠を達成した4日間を振り返り、梶原は「4日間で6種目10レースを走ったが、大会前に色々と戦略を練って臨み、その戦略以上の走りが出来たと思う。たくさんの方々が応援に来てくれ、その声援が力になった。それを日々のトレーニングでもしっかり胸に刻んでやっていきたい」と、語った。



ポイントレース優勝で橋本英也が5冠達成

男子ポイントレース  スタート男子ポイントレース スタート photo:Satoru Kato男子ポイントレース レース中盤に先行した4名の集団男子ポイントレース レース中盤に先行した4名の集団 photo:Satoru Kato

男子ポイントレース フィニッシュも先頭を獲って優勝を決めた橋本英也(チームブリヂストンサイクリング)男子ポイントレース フィニッシュも先頭を獲って優勝を決めた橋本英也(チームブリヂストンサイクリング) photo:Satoru Kato
オムニアムのポイントレースでは守りのレースを見せた橋本英也(チームブリヂストンサイクリング)だが、この日は積極的なレースを見せた。同じチームの近谷涼と共に4名の逃げ集団を形成し、レース中盤を逃げ続けてポイントを加算。ラップポイントも獲得し、さらにフィニッシュも先頭を獲り、他を圧倒する強さを見せた。

男子ポイントレース  表彰式男子ポイントレース  表彰式 photo:Satoru Kato橋本英也 コメント
「最後のポイントレースを勝って終わりたかったので良かった。積極的にレースを動かせたことが今回の勝因だと思う。レース中盤に4名の逃げに乗ったが、普段のレースでは牽制の中から逃げが生まれる展開が多いが、今回は脚のある選手が揃って逃げ集団を形成することになった。序盤からマークがきつくて、そういう場合はレースをきつくするのが良いと思った。強いメンバーで逃げられたことが今回の勝因だったと思う。近谷選手とワン・ツーを獲ることが出来たので満足です。

6種目に出場してマディソンは優勝を逃したけれど、チームメイトが勝ってくれたし、チームオーダーもあるので1位としてもいいのではないかと思っている。見ている人が面白いと思えるレースをすることが僕のメインテーマ。勝つことも重要だけれど、駆け引きとか競り合いとか、見て楽しむスポーツを作り上げたい」



最終日はパラサイクリングのパーシュートも行われた。

パラサイクリング3km個人パーシュートWC2-3優勝 杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)パラサイクリング3km個人パーシュートWC2-3優勝 杉浦佳子(楽天ソシオビジネス) photo:Kensaku SAKAIパラサイクリング3km個人パーシュートMC2-3優勝 川本翔太(大和産業)パラサイクリング3km個人パーシュートMC2-3優勝 川本翔太(大和産業) photo:Kensaku SAKAI

パラサイクリング4km個人パーシュートMC4-5優勝 石井雅史(イナーメ信濃山形)パラサイクリング4km個人パーシュートMC4-5優勝 石井雅史(イナーメ信濃山形) photo:Kensaku SAKAIパラサイクリング4km個人パーシュートMB 木村和平・倉林巧和(楽天ソシオビジネス)パラサイクリング4km個人パーシュートMB 木村和平・倉林巧和(楽天ソシオビジネス) photo:Kensaku SAKAI


全日本選手権トラック 4日目結果
女子500mタイムトライアル 結果
1位山本さくら(CIEL BLEU KANOYA)36秒141
2位佐藤水菜(JPCA)36秒401
3位松井優佳(同志社大学)37秒243
男子エリート1kmタイムトライアル 結果
1位新田祐大(ドリームシーカー・レーシングチーム)1分1秒551(大会新)
2位中野慎詞(ドリームシーカー・レーシングチーム)1分2秒011(大会新)
3位小原佑太(JPCA)1分2秒260(大会新)
4位寺崎浩平(JPCA)1分2秒374(大会新)
5位山崎賢人(JPCA)1分2秒684
6位治田知也(新潟県)1分2秒728
女子エリート3km個人パーシュート 結果
1位梶原悠未(筑波大学大学院)3分41秒327
2位古山稀絵(日本体育大学大学院)3分44秒282
3位上野みなみ(CIEL BLEU KANOYA)3分48秒053
4位石田 唯(北桑田高校)3分54秒110
男子エリート4km個人パーシュート 結果
1位近谷 涼(チームブリヂストンサイクリング)4分28秒222
2位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)4分35秒704
3位安達光伸(朝日大学)4分33秒923
4位山本哲央(中央大学)4分39秒271
5位西澤優聖(岐阜第一高校)4分35秒780(予選時)
6位渡邉翔太郎(那須ブラーゼン)4分39秒858(予選時)
ポイントレース  結果
男子(30km)女子(20km)
1位橋本英也(チームブリヂストンサイクリング)59p梶原悠未(筑波大学大学院)58p
2位近谷 涼(チームブリヂストンサイクリング)42p古山稀絵(日本体育大学大学院)27p
3位佐藤 健(熊本県自転車競技連盟)33p内野艶和(ライブガーデンBiciStelle/JIK)19p
4位小出 樹(京都産業大学)31p鈴木奈央(JPCA)16p
5位兒島直樹(日本大学)13p中村妃智(日本写真判定株式会社)8p
6位植益和行(MATRIX POWERTAG)11p上野みなみ(CIEL BLEU KANOYA)7p
パラサイクリング3km個人パーシュート 結果
WC2-3タイム係数タイム
1位杉浦佳子(楽天ソシオビジネス) WC34分11秒2604分11秒260
2位藤井美穂(楽天ソシオビジネス) WC24分47秒6104分26秒183
MC2-3
1位川本翔大(大和産業)3分51秒5223分42秒632
2位藤田征樹(藤建設)3分43秒2583分43秒258
パラサイクリング4km個人パーシュート 結果
MC4-5タイム係数タイム
1位石井雅史(イナーメ信濃山形)5分15秒5715分12秒794
2位沼野康仁(usp lab.VC SPLENDOR)6分18秒3136分18秒313
MB
1位木村和平・倉林巧和(楽天ソシオビジネス)4分28秒454

text:Satoru Kato
Photo:Kensaku SAKAI, Satoru Kato
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 トリガーポイント(TRIGGERPOINT) グリッド フォームローラー オレンジ 筋膜リリース マッサージ ストレッチポール【日本語ガイドブックなし】 [並行輸入品] 350006
カテゴリー: Sports
メーカー: TRIGGERPOINT(トリガーポイント)
参考価格: ¥3,640
最安価格: ¥3,469
アマゾン価格: ¥3,640
の画像 BUFFALO 法人向け 管理者機能搭載 無線アクセスポイント WAPM-1266R
カテゴリー: Personal Computer
メーカー: バッファロー
参考価格: ¥30,500
最安価格: ¥30,500
アマゾン価格: ¥30,500
の画像 レノボ・ジャパン ThinkPad トラックポイント・キーボード - 日本語 0B47208
カテゴリー: Personal Computer
メーカー: Lenovo
参考価格: ¥5,840
最安価格: ¥5,840
アマゾン価格: ¥5,840