初登場となった"激坂"超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠でマイヨジョーヌ争いが勃発。ステージ優勝を飾ったミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)が総合3位に浮上し、マイヨジョーヌのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がステージ2位に入った。



グルノーブルの街をスタートしていく152名の選手たちグルノーブルの街をスタートしていく152名の選手たち photo:Kei Tsuji
9月16日(水)第17ステージ
グルノーブル〜メリベル
距離:170km
獲得標高差:4,200m
天候:晴れ時々曇り
気温:15〜32度

カテゴリー山岳とスプリントポイント
45.5km地点 スプリントポイント
107.5km地点 超級山岳ラ・マドレーヌ峠(距離17.1km・平均8.4%)
170km地点 超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠(距離21.5km・平均7.8%・最大24%)

9月16日(水)第17ステージ グルノーブル〜メリベル 170km9月16日(水)第17ステージ グルノーブル〜メリベル 170km photo:A.S.O.9月16日(水)第17ステージ グルノーブル〜メリベル 170km9月16日(水)第17ステージ グルノーブル〜メリベル 170km photo:A.S.O.



初登場の「激坂」にフィニッシュするクイーンステージ

アルプス2日目は獲得標高差4,200mのクイーンステージ(最難関ステージ)。ツール・ド・フランス2020年大会には標高2000mオーバーの峠が2つ設定されているが、その2つが組み込まれたのがこの第17ステージだ。特に麓の勾配が厳しい登坂距離17.1km・平均8.4%という標高2,000mの超級山岳ラ・マドレーヌ峠を越え、最後に登場するのが超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠。ツール初登場で、今大会最後の山頂フィニッシュであり、今大会最高地点となる標高2,304mという高さを誇り、しかも"ツールらしくない"激坂が姿を現した。

超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠は登坂距離21.5km・平均勾配7.8%。標高1,415mに位置するスキーリゾート地のメリベルに向かう登り前半は6〜8%の常識的な勾配を刻むが、標高が1,800mを超え、フィニッシュまで残り4kmを切ったところで激坂へと姿を変える。何しろラ・ロズ峠は普段から交通量のある峠道ではなく、スキー場を貫く山道を舗装しただけの「自転車専用道路」。最大勾配が24%に達する激坂であり、その勾配はフィニッシュラインまで緩むことがない。この酸素の薄い標高2,000mオーバーの激坂で、今大会最大のクライミング対決が繰り広げられた。

すでに総合で19分以上遅れていたディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が第17ステージをスタートせずにレースを去るというニュースが駆け抜けたグルノーブルのスタート地点。晴れわたるアルプスの山間をスタートすると、この日も例に漏れず、逃げ狙いのアタッカーとスプリントポイント狙い獲得の思惑が交錯するアタック合戦が始まる。

クイーンステージでステージ優勝を狙うには登坂力が必要だが、ステージ優勝につながる逃げに乗るためには平地のアタック力が必要。ファーストアタックを仕掛けたトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)に20名が追いつく形で大きな逃げグループが形成されたが、最終的にそこから5名が抜け出すことに成功した。

逃げグループを形成した5名
ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)
レナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)
ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)

総合争いに関係しない、全員がグランツールでステージ優勝を経験済みの5名の逃げ。前日のステージ優勝者ケムナと同ステージ2位カラパスを含む逃げは最初の1時間を平均スピード49.5km/hで駆け抜ける。逃げグループから3分遅れで差し掛かった45.5km地点のスプリントポイントでは、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)らを下したサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)がマイヨヴェールのリード拡大に成功している。

ステージ前半はユンボ・ヴィスマが徹底的にメイン集団をコントロールステージ前半はユンボ・ヴィスマが徹底的にメイン集団をコントロール photo:Luca Bettini
最大6分のリードで逃げたゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)ら5名最大6分のリードで逃げたゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)ら5名 photo:Luca Bettini


超級山岳ラ・マドレーヌ峠でバーレーン・マクラーレンが攻撃開始

ユンボ・ヴィスマ率いるメイン集団から最大6分のリードを築いて最初の超級山岳ラ・マドレーヌ峠(距離17.1km・平均8.4%)に差し掛かった先頭5名だったが、登りでバーレーン・マクラーレンが集団ペースアップを開始したため逃げ切りに黄信号が灯る。総合7位ミケル・ランダ(スペイン)のジャンプアップを目指すバーレーン・マクラーレンのハイペース牽引によって、スプリンターたちはもちろん、総合10位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)までメイン集団から脱落した。

ケムナの脱落によって4名(アラフィリップ、イサギレ、カラパス、マーティン)となった逃げグループはリードを1分25秒まで減らした状態で超級山岳ラ・マドレーヌ峠をクリア。下り区間でばらけながらもリードを2分40秒まで広げた状態で超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠へと向かった。

麓のムティエの街から21.5kmかけて標高2,304mまで駆け上がる超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠。アラフィリップのアタックは不発に終わり、カラパスとイサギレだけが先頭に残ったものの残り13km地点でタイム差は1分を切る。残り9km地点でカラパスが独走に持ち込んだ一方、バーレーン・マクラーレンの牽引が終わったメイン集団内ではマイヨジョーヌ争いが始まった。

超級山岳ラ・マドレーヌ峠でメイン集団のペースを上げるバーレーン・マクラーレン超級山岳ラ・マドレーヌ峠でメイン集団のペースを上げるバーレーン・マクラーレン photo:Luca Bettini
標高2,000mの超級山岳ラ・マドレーヌ峠を登るプロトン標高2,000mの超級山岳ラ・マドレーヌ峠を登るプロトン photo:Luca Bettini
リードを失いながらも逃げ続けるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)らリードを失いながらも逃げ続けるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ら photo:Luca Bettini


標高2,000mオーバーで光ったロペスの登坂力

激坂と緩斜面がコンスタントに入れ替わる「自転車専用道路」に入るとダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)がペースアップを開始。ここで総合7位ランダは遅れてしまう。続いて総合3位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)も、総合5位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)も、精鋭グループから遅れて行った。

フィニッシュまで残り3kmを残した急勾配区間で5名の精鋭グループの中から真っ先に仕掛けたのはセップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)。ジロ・デ・イタリア総合優勝者のカラパスを吸収するとともに加速したクスには総合4位のミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)が飛びついた。2日連続で逃げ切り勝利を逃したカラパス。ステージ敢闘賞はアラフィリップの手にわたっている。

超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠で逃げグループから飛び出すジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠で逃げグループから飛び出すジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠で独走したリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)の後ろに集団が迫る超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠で独走したリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)の後ろに集団が迫る photo:Luca Bettini

天気予報が告げる高い降水確率も、稜線の向こうで不気味にうごめく鉛色の雲も、遠くで雷鳴を響かせる稲妻も、ラ・ロズ峠には無関係だった。やがて先頭ではロペスがクスを振り切って独走開始。総合で1分45秒遅れのロペスを逃してはなるまいと、クスのアシストを受けた総合1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)が自ら追走を仕掛ける。このマイヨジョーヌの動きに、総合2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)も総合6位リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)も反応することができなかった。

マクロン大統領の訪問によっていつも以上に厳しい警備体制が敷かれた超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠に、「スーパーマンロペス」の異名をもつロペスが独走でフィニッシュ。今大会初めて険しい表情を浮かべたログリッチが15秒遅れで入り、ポガチャルが30秒遅れ。続いてポートを退けてクスが56秒遅れでフィニッシュしている。

総合ライバルたちを振り切ってフィニッシュに向かうミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)総合ライバルたちを振り切ってフィニッシュに向かうミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ) photo:Kei Tsuji
ポガチャルらを引き離すマイヨジョーヌのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)ポガチャルらを引き離すマイヨジョーヌのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:Kei Tsuji
ログリッチに先行を許してしまったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)ログリッチに先行を許してしまったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Luca Bettini
4番手と5番手を走るリッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)とセップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)4番手と5番手を走るリッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)とセップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ) photo:Kei Tsuji
ステージ7位に終わったミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)ステージ7位に終わったミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン) photo:Kei Tsuji総合3位の座を失ったリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)総合3位の座を失ったリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング) photo:Kei Tsuji

談笑しながらフィニッシュを目指すダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)ら談笑しながらフィニッシュを目指すダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)ら photo:Kei Tsuji25分以上遅れたナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)を含むグルペット25分以上遅れたナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)を含むグルペット photo:Kei Tsuji



家族に捧げるステージ初優勝を飾ったロペスと、リード拡大に成功したログリッチ

「自宅で妻や息子、家族とともに積んできたトレーニングの成果をこうして出すことができて、感情的になった。この勝利は家族に捧げたい」。初出場のツールでステージ初優勝を飾ったロペスは、フィニッシュ後に溢れ出る涙を拭いながらそう語った。

この日の勝利で総合4位から総合3位に浮上したロペス。「今日は自分にとって庭のような環境だった。標高2,000mは自宅のよう。アドバンテージは有益に使うしかない。無事にパリにたどり着くという目標を立てて初出場した今回のツール。最後まで毎日しっかりと走るのみ。チームのボスであるアレクサンドル・ヴィノクロフの誕生日を祝う勝利だ」。まだログリッチとは1分26秒のタイム差があるが、スロベニアン総合ワンツーに割って入る力があることをロペスは示した。

超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠にフィニッシュするミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠にフィニッシュするミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ) photo:CorVos
超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠にフィニッシュするプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)超級山岳メリベル/ラ・ロズ峠にフィニッシュするプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVos
「ラスト4〜5kmは、他に比較できる登りがないような厳しさだった。とにかく今日というステージが無事に終わってよかったよ」と、マクロン大統領に見守られながらマイヨジョーヌの表彰台に登ったログリッチは語る。「レース中にセップ・クスと話して、彼でステージ優勝を狙う作戦だった。彼の飛び出しに対して追いかけるライバルたちの様子を観察できたし、自分のアタックのタイミングを窺うのに助かった」

ログリッチはロペスから19秒(ボーナスタイム含む)を失ったが、ポガチャルから17秒(ボーナスタイム含む)奪うことに成功した。クイーンステージを終えて両者の総合タイム差は57秒に広がっている。「まだ仕事が終わったとは思っていない」とログリッチ。「ハードなステージが残っているし、タデイ(ポガチャル)は素晴らしいクライマーだから。まだまだ十分なタイム差がついているとは思えない」。

対して今大会初めてログリッチに先行を許してしまったポガチャルは「とにかく勾配がきつい登りで、今日は少しタイムを失ってしまった。ロペスとログリッチにタイム差をつけられたものの、バッドデーだったとは思わない。まだ総合争いは終わっていないし、明日も厳しいステージが、厳しい戦いが待っている」と前向きだ。連日山岳で動きを見せるポガチャルは山岳賞首位に浮上しており、翌日はマイヨアポワを着用。マイヨブランはヤングライダー賞2位のエンリク・マス(スペイン、モビスター)が着用する。

この日はベルナルの他にもロード世界選手権個人タイムトライアルに照準を合わすためにシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)がDNS。ミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)が途中リタイアし、イェンス・デブシェール(ベルギー、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)がタイムアウト扱いに。アルプス最終日となる翌日の第18ステージには、終盤に急勾配&頂上通過後未舗装という超級山岳プラトー・デ・グリエールが登場する。

クリスティアン・プリュドム大会ディレクターと エマニュエル・マクロン大統領クリスティアン・プリュドム大会ディレクターと エマニュエル・マクロン大統領 photo:CorVos


デイリーハイライト: J SPORTSでツール・ド・フランス全21ステージ独占生中継

ツール・ド・フランス2020 第17ステージ結果
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)4:49:08
2位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:00:15
3位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:30
4位セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)0:00:56
5位リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)0:01:01
6位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:01:12
7位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)0:01:20
8位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
9位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)0:01:59
10位トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)0:02:13
11位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)0:02:41
12位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:02:48
46位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)0:25:17
OTLイェンス・デブシェール(ベルギー、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)
DNFミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)
DNSエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
DNSシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)74:56:04
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:57
3位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:01:26
4位リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)0:03:05
5位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:03:14
6位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)0:03:24
7位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)0:03:27
8位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:04:18
9位トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)0:07:23
10位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:09:31
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)278pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)231pts
3位マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)218pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)66pts
2位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)63pts
3位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)51pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)74:57:01
2位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:03:21
3位ヴァランタン・マデュアス(フランス、グルパマFDJ)1:24:17
チーム総合成績
1位モビスター224:49:23
2位ユンボ・ヴィスマ0:30:07
3位EFプロサイクリング1:03:21
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 美食の古都散歩 フランス・リヨンへ (旅のヒントBOOK)
カテゴリー: Book
メーカー: イカロス出版
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥1,760
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 リヨンプランニング はんぺんウェッジパフ12P
カテゴリー: Beauty
メーカー: リヨンプランニング
参考価格: ¥385
最安価格: ¥385
アマゾン価格: ¥385
の画像 人生はどこでもドア: リヨンの14日間
カテゴリー: Book
メーカー: 東洋経済新報社
参考価格: ¥1,540
最安価格: ¥1,540
アマゾン価格: ¥1,540