ピレリから新登場したロード用チューブレスレディタイヤ「P ZERO RACE TLR」をインプレッション。路面を滑らかに転がる軽い走行感、振動の角が取れた高い快適性、素早い切り返しが可能な操舵感が特徴的なレーシングタイヤに仕上がっている。



ピレリから新登場したチューブレスレディタイヤ「P ZERO RACE TLR」ピレリから新登場したチューブレスレディタイヤ「P ZERO RACE TLR」
ピレリのロードタイヤと言えばクリンチャーモデルのP ZERO VELOが主力製品であり、そこに加えプロチームも使用するチューブラータイプもフラッグシップとして展開されているが、今回さらなるラインアップ拡充を図るべくチューブレスレディタイヤの「P ZERO RACE TLR」が新登場した。

タイヤサポートを行っているワールドチームのミッチェルトン・スコットとトレック・セガフレードの協力を得て開発されたという今作。プロライダーが満足する高い走行性能が与えられた、オールラウンドなピュアレーシングタイヤに仕上がっている。より低い転がり抵抗を追求した「P ZERO RACE TLR SL」と、耐パンク性能にも配慮した「P ZERO RACE TLR」という2モデルがラインアップする。

P ZERO RACE TLRは稲妻状のパターンを入れグリップや水はけの向上を狙うP ZERO RACE TLRは稲妻状のパターンを入れグリップや水はけの向上を狙う P ZERO RACE TLR SLは浅い縦溝を2本入れたのみのパターンで転がり抵抗低減を狙うP ZERO RACE TLR SLは浅い縦溝を2本入れたのみのパターンで転がり抵抗低減を狙う

P ZERO RACE TLR 実測重量269g(ゴムバンド6g含む)P ZERO RACE TLR 実測重量269g(ゴムバンド6g含む) P ZERO RACE TLR SL 実測重量252g(ゴムバンド6g含む)P ZERO RACE TLR SL 実測重量252g(ゴムバンド6g含む)

いずれも新開発されたSMART EVOコンパウンドを採用。特殊なシリカを配合することで性能を高めた従来のコンパウンドに、さらに3種類の高機能ポリマーを添加することで、ドライとウェット路面のどちらにおいてもグリップ力と低転がり抵抗という相反する性能を向上させたという。

また、チューブレスレディ専用に「TECHWALL ROAD」と呼ばれるケーシング構造を採用する。120tpiのケーシングをベースとし、トレッドとの間にパンク防止用の補強層を挟み込んだ作りとなっている。ノーマルのP ZERO RACE TLRにはトレッド中央部分にのみ耐パンク層を1枚追加しており、日頃のライドでも安心して使えるよう工夫されている。

ピレリ P ZERO RACE TLRピレリ P ZERO RACE TLR
トレッドパターンの向きに合わせてローテーション方向が決まっているトレッドパターンの向きに合わせてローテーション方向が決まっている P ZEROロゴの反対側にはピレリのブランドロゴを配置P ZEROロゴの反対側にはピレリのブランドロゴを配置

各社のリムとのマッチングがシビアなチューブレスレディタイヤとあって、ETRTO規格に基づいた設計としていることも特徴。17C、19C、21Cという昨今のワイドリムに合うよう周長などが揃えられており、各サイズのリムに嵌めた際のタイヤ幅や外径も公表している。なお、フックレスリムには非対応とタイヤに印字されている。

また、体重別の推奨空気圧も出されており、快適性を重視するならフロントを0.3Bar低く、ウェットコンディションでは前後を0.3Bar低くするなど、タイヤを知り尽くした世界的なメーカーらしい細かなアドバイスもあるため、セッティング時にはぜひ参考にしてみてほしい。

ピレリ P ZERO RACE TLR SLピレリ P ZERO RACE TLR SL
タイヤの摩耗レベルが判別できる小さなホールも備わっているタイヤの摩耗レベルが判別できる小さなホールも備わっている タイヤのサイズはサイドに大きく印字されているタイヤのサイズはサイドに大きく印字されている

レースレベルのパフォーマンスを重視したP ZERO RACE TLR SLは、転がり抵抗の低い縦溝が2本入ったのみのトレッドパターンとし、一方でP ZERO RACE TLRはショルダー部分に稲妻状のパターンを入れることでコーナーでのグリップや水はけを向上させるよう考えられている。

24C、26C、28Cという3サイズが共通ラインアップで、ノーマルモデルには30Cも用意される。価格はP ZERO RACE TLR SLが9,800円(税抜)、P ZERO RACE TLRが9,200円(税抜)だ。



― 編集部インプレッション

ピレリ初のレーシングチューブレスレディタイヤとして登場したP ZERO RACE TLR。今回、ノーマルモデルとSLモデルの2種(どちらも26C)を借り受け試乗を行った(体重55kgで空気圧は6Barを基本としテスト)。

P ZERO RACE TLRシリーズの2モデルを乗り比べたP ZERO RACE TLRシリーズの2モデルを乗り比べた
ロードのチューブレスタイヤに関しては、マヴィック、IRC、コンチネンタル、ハッチンソン等を使用してきた筆者だが、それらと比べてもP ZERO RACE TLRは手で触った時のしなやかさが印象的。重量の軽さに貢献しているであろうトレッドの薄さが感じられ、スピードを追求したレーシングモデルだということがよく分かる。

そのしなやかさ故に、テストに使用したイーストンのホイールにも素手で簡単に嵌めることができた(特にSLは装着のしやすさが顕著だった)。空気を入れる際もフロアポンプでビードを上げることができたので、タイヤの精度も良く扱いには不便しないはず。チューブレスレディとあってシーラントの併用は必須だ(試しにシーラントを入れずに装着してみたが程なくして空気は抜けてしまった)。

非常に滑らかな転がり、クイックな操舵感、振動の角が取れた快適な乗り心地が印象的非常に滑らかな転がり、クイックな操舵感、振動の角が取れた快適な乗り心地が印象的
乗り始めでまず感じたのがチューブレス特有の乗り心地の良さ。特に今作はモチモチとは言わないまでも柔らかな感触の乗り味に仕上がっており、路面からの振動を確実にカットしてくれている印象だ。硬いタイヤだとコツコツした衝撃が手に伝わるが、今作はさらに振動の角が取れた優しい乗り心地で、快適性は非常に高い。

その乗り味と反比例するかのように、スピードに乗った時の転がり感は至ってレーシー。路面の上を滑っていくかのような軽快なフィーリングがあり、レース向けな速さ重視のタイヤなのだと気づかせてくれる。重量で見た時に極端に軽いという訳ではないが、TT向けの超軽量タイヤを思わせるような軽い走りを見せてくれた。

触った感触もかなりしなやかでホイールへの装着に手間取ることもなかった触った感触もかなりしなやかでホイールへの装着に手間取ることもなかった
転がりもそうだが、走りの挙動やハンドリングも異様に軽い。路面に張り付くようなタメ感が一切なくバイクが付いてくるような感覚で、操舵感はかなりクイックだ。左右への素早い切り返し、ダンシングでの振りやすさはピカイチで、そういった性格もレーシングタイヤらしさを助長していると感じた。

逆に言えば、路面への接地感は薄めでグリップに関しても心理的な不安感は若干あった。モータースポーツを知り尽くしたピレリとあって、断面形状を上手くコントロールすることでそういった軽さを与えているのかもしれない。もちろん私のようなホビーレベルのコーナリングでは攻め切ることはできず、グリップが抜けるようなことは皆無だった。

SLモデルの方が耐パンク層を省いたことでより軽くしなやかに仕上がっているSLモデルの方が耐パンク層を省いたことでより軽くしなやかに仕上がっている
SLモデルは漕ぎ出しや加速時などスピードを上げ下げする場面で軽さが際立つSLモデルは漕ぎ出しや加速時などスピードを上げ下げする場面で軽さが際立つ
ただ、トラクションを稼ごうと5Barほどまで空気圧を落としてみると、乗り心地等は良くなるものの、このタイヤの旨味である転がり感が損なわれてしまい"コレジャナイ"感が出てしまった。このタイヤのキャラクターを考えれば、やはりより速く気持ち良く転がる走行感を重視したいところ。ピレリの製品ページでは体重別の推奨空気圧も示されているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

ノーマルモデルとSLモデルを比較したときには、漕ぎ出しや加速時などスピードを上げ下げする場面でSLの軽さが際立った。単純に耐パンク層の有無に起因する重量差による違いなのだろう。トレッドパターンも両者で異なっているが、ドライな路面ではその差を感じ取ることはできなかった。

チューブレスレディタイヤとしては後発となったものの、他社ブランドと十分に渡り合える高い性能を感じられた今回のP ZERO RACE TLR。よりハイスピードな走りを追求するライダーにぜひ使って欲しい一品だ。(CW編集部:村田)

レーシングロードタイヤとして高次元でまとまった性能を発揮してくれる一品だレーシングロードタイヤとして高次元でまとまった性能を発揮してくれる一品だ
ピレリ P ZERO RACE TLR SL
サイズ:700x24C、700x26C、700x28C
重 量:230g(24C)、245g(26C)、275g(28C)
ケーシング:120tpi
コンパウンド:SmartEVO Compound
アンチパンクチャー:TechWALL
価格:9,800円(税抜)

ピレリ P ZERO RACE TLR
サイズ:700x24C、700x26C、700x28C、700x30C
重 量:245g(24C)、270g(26C)、295g(28C)、320g(30C)
ケーシング:120tpi
コンパウンド:SmartEVO Compound
アンチパンクチャー:TechWALL+
価格:9,200円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 MAVIC(マヴィック) タイヤシーラント チューブレスレディータイヤ対応・タイヤのパンク防止に L35546600NS 120ml
カテゴリー: Sports
メーカー: MAVIC(マヴィック)
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥1,980
アマゾン価格: ¥1,980
の画像 フィニッシュライン チューブレス タイヤ シーラント 120ml ボトル
カテゴリー: Sports
メーカー: フィニッシュライン
参考価格: ¥1,051
最安価格: ¥950
アマゾン価格: ¥1,051
の画像 (Stan'sNoTubes/スタンズノーチューブ)(自転車用メンテナンス用品)シーラント TIRE SEALANT RACE - QUART (32 FL OZ)
カテゴリー: Sports
メーカー: Stan'sNoTubes/スタンズノーチューブ
最安価格: ¥ 3,397
アマゾン価格: ¥ 3,800