その強さ、もはや敵無し。レースが決まりかけたかに見えた終盤に後方グループからペースアップし、追従を許さず先行メンバーを全て抜き去ったアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)がストラーデビアンケ女子レースを制した。



砂埃舞う"ストラーデビアンケ"。今年は最高37℃という暑さが選手たちを苦しめた砂埃舞う"ストラーデビアンケ"。今年は最高37℃という暑さが選手たちを苦しめた (c)CorVos
ストラーデビアンケ2020女子レース コースプロフィールストラーデビアンケ2020女子レース コースプロフィール 新型コロナウイルスによる長い長いレース休止期間を経て、いよいよ男女ワールドツアーレースが再始動した。時差開催される男子レースに先立ちスタートしたストラーデビアンケ女子レース(正式名称はストラーデビアンケ・ドンネ)には、シーズン再開初戦を迎えた與那嶺恵理(アレ・BTCリュブリャナ)を含む、女子トップクラスの強豪選手が多数顔を揃えた。

「ストラーデビアンケ」が意味するのは「白い道」。イタリア中部トスカーナ州のシエナ近郊に広がる丘陵地帯に張り巡らされ、踏み固められた未舗装路を含むアップダウンコースがその舞台。男子コースを部分的にカットした136kmルートには8箇所のセクター(未舗装区間)が組み込まれ、その合計は31km。コース全体に占める割合は25%にも及ぶ。

イタリアカラーだらけのマルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレ・BTCリュブリャナ)イタリアカラーだらけのマルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレ・BTCリュブリャナ) (c)CorVosアルカンシエルのアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が登場アルカンシエルのアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が登場 (c)CorVos


昨年大会と同じコース、同じ砂埃舞うドライコンディションだが、大きく違ったのが気温だ。最高36℃を指したこの日、序盤からアシスト役を担った與那嶺には、熱中症によって残り40km地点でレースを降りるという結末が待っていた。

また、前日のトレーニング中に落車し、60針を縫う大怪我を負ったアシュレー・ムールマン(南アフリカ、CCC・リブ)はスタートを見送ったほか、前夜にトレック・セガフレードの機材トラックが襲われ女子チーム用の6台が盗まれるという事件が起きる。各選手はスペアバイクに乗ったほか、エレン・ファンダイク(オランダ)はクーン・デコルト(オランダ)のバイクを借りて出走するという事態となった。

厳しいコースと酷暑が序盤から選手をふるいにかけ、明確なエスケープが決まらないまま集団が縮小していくサバイバルレース。9.5kmに及ぶセクター5「サンマルティーノ・イン・グラニア」では集団が分裂したものの、その後選手たちが追いついたことで40名の先頭グループが形成される。決定的な動きが生まれたのは残り50kmを切ってからだった。

ファンダイクやアマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)、リサ・ブレナウアー(ドイツ、セラティツィット・WNTプロサイクリング)、カロルアン・カヌエル(カナダ、ブールス・ドルマンス)を含む11名が先行し、その中からアレ・BTCリュブリャナのエースを担うマビ・ガルシア(スペイン)が先行する。序盤に與那嶺のアシストを受けたガルシアはすぐさま5分のリードを稼ぎ、45km以上先のフィニッシュを目指して巡航体制に切り替えた。

45km以上を残して単独走に持ち込んだマビ・ガルシア(スペイン、アレ・BTCリュブリャナ)45km以上を残して単独走に持ち込んだマビ・ガルシア(スペイン、アレ・BTCリュブリャナ) (c)RCS Sport
ガルシアを追いかけるエレン・ファンダイク(オランダ、トレック・セガフレード)らガルシアを追いかけるエレン・ファンダイク(オランダ、トレック・セガフレード)ら (c)RCS Sport
しかし、ガルシアが独走態勢を築いたことを知った優勝候補筆頭アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が動く。この日メイン集団内で過ごしていた世界王者だったが、「逃げが先行したので私で勝負することはない、今日はチームメイトのアマンダ(スプラット)が勝つはずと思っていた。でも強力なマビが逃げたので私が行くしかないと感じた」と、もはや形を無くしたメイン集団から追撃に打って出た。

通常であれば不可能な場所から追走したファンフルーテンだったが、シーズン再開後のスペインレースで3連勝しているその力は圧倒的だった。すぐさま追走集団を捉えて全員を置き去りにし、続けざまにテンポを失っていたガルシアを射程圏内にロックオン。あれよあれよという間に残りガルシアを捉えると一旦ペースを落とし、ガルシアを千切ることなくフィニッシュまでの距離を減らした。

後方からはメカトラブルや再スタート時の落車に見舞われながらも単独3番手となったリア・トーマス(アメリカ、エキップ・ポール カ)が単独追走したものの、1分先行する先頭二人との距離は縮まらない。残り1kmアーチの先に待ち受ける最後の石畳坂が始まると、圧倒的な力の差を見せるファンフルーテンが独走に持ち込んだ。

パワフルなダンシングで丘の上の街シエナに向かう坂をクリアし、最終的にガルシアに対して22秒をつけたファンフルーテンがカンポ広場のフィニッシュラインにやってくる。昨年大会で勝利しているディフェンディングチャンピオンが、優勝候補全員を置き去る横綱相撲で勝利した。

アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVos
2連覇を達成したアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)2連覇を達成したアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット) (c)CorVos
アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が2度目の大会制覇アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が2度目の大会制覇 (c)CorVos
「キツい展開は私の得意分野で、ライバルにとっては苦手分野。ただただ暑さに強いという事実が形になったと思う。メイン集団がスピードを落としてたところ、最後から2番目のセクターでチーム監督に突然『動くタイミングだ』と言われた。チームメイトのアマンダが逃げに入り私はメイン集団待機だったので、本当ならこの場所で先頭グループから攻撃する予定だったのに、と思った。でもタイム差を埋めるために踏み続けた」と振り返るファンフルーテン。今回の勝利は今季5勝目であり、世界選手権ロードから数えれば6戦6勝と勝率100%を維持している。「カンポ広場で勝つ美しさは格別。正直マビを捕まえられるとは思っていなかったし、そのこと自体がこの勝利をより壮観なものにしてくれたと思う」と加えた。

この日終盤46kmを逃げたガルシアは2位に入り、トラブルに屈しない強さを見せたトーマスが3位。ファンフルーテンを追ってメイン集団から加速したアンナ・ファンデルブレヘン(オランダ、ブールス・ドルマンス)やマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)らが追走グループを追い抜きトップ10に食い込んでいる。完走者45名、タイムアウト13名、DNF68名。2016年から毎年欠かさず表彰台に上がっていたカシア・ニウイアドマ(ポーランド、キャニオン・スラム)もDNFの一人となった。
ストラーデビアンケ2020女子レース
1位アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)4:03:54
2位マビ・ガルシア(スペイン、アレ・BTCリュブリャナ)0:22
3位リア・トーマス(アメリカ、エキップ・ポール カ)1:53
4位アンナ・ファンデルブレヘン(オランダ、ブールス・ドルマンス)2:05
5位エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、トレック・セガフレード)2:11
6位マリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)2:26
7位セシリーウトラップ・ルドヴィグ(デンマーク、FDJヌーヴィルアキテーヌ・フュチュロスコープ)2;40
8位リサ・ブレナウアー(ドイツ、セラティツィット・WNTプロサイクリング)3:26
9位カロルアン・カヌエル(カナダ、ブールス・ドルマンス)4:20
10位マルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレ・BTCリュブリャナ)5:20
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 トスカーナ 美味の教え: イタリアのおいしい料理54 (単行本)
カテゴリー: Book
メーカー: 筑摩書房
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥4,980
アマゾン価格: ¥1,980
の画像 レンタカーでトスカーナの旅: オルチャ渓谷を撮る
カテゴリー: eBooks
メーカー: Neumullen
の画像 サン・ルチアーノ トスカーナ ロッソ 赤 750ml/12本mx Toscana Rosso648157
カテゴリー: Wine
メーカー: サン・ルチアーノ
参考価格: ¥9,610
最安価格: ¥9,610
アマゾン価格: ¥9,610