ガーミンがサイクルコンピューターのフラッグシップモデル「Edge1030」とエントリーモデル「Edge130」のアップデートバージョンをリリースした。Edge1030は内蔵CPU、バッテリーライフ、機能面を強化し、Edge130はソフトウェア面を充実させている。販売を記念したプレゼントキャンペーンも実施される予定だ。



Edge1030 Plus
ガーミン Edge1030 Plusガーミン Edge1030 Plus (c)ガーミン
Edgeシリーズのフラッグシップである「Edge1030」がアップデートされている。Edgeシリーズのモデルチェンジでは数字も変化することが通例であるが、今回はナンバリングに変更は無く、"Plus"という言葉がモデル名に追加され「Edge1030 Plus」というモデル名となっている。

今回のアップデートバージョンは内蔵CPUの変更、バッテリー強化、機能面の充実を図っている。Edge1030が登場したのは2017年のこと。3年越しにコアとなるチップを載せ替えられたことで、昨年リリースされたEdge830のようにタッチスクリーンの反応性や処理速度が向上していることが期待できる。

同時にバッテリーライフも最大20時間から最大24時間というEdgeシリーズで最も長い駆動時間へと進化を遂げている。拡張バッテリーを使用すれば、最大44時間の連続使用が可能となる。ハイスペックでロングランタイム。非常にリッチなサイクルコンピューターと言っても過言ではないだろう。

ナビゲーションシステムも進化を遂げているナビゲーションシステムも進化を遂げている Variaとの連携ももちろん可能だVariaとの連携ももちろん可能だ Edge1030 Plusにはクライムプロ機能が新しく搭載されたEdge1030 Plusにはクライムプロ機能が新しく搭載された

inRearchのSOS機能も搭載されたinRearchのSOS機能も搭載された インスタントメッセージのやり取りも可能だインスタントメッセージのやり取りも可能だ 事故検知機能も備えられている事故検知機能も備えられている


ソフトウェア面での進化の一つは、Edgeデバイスの設定、ペアリングセンサーの情報などを引き継ぎ自動設定することが可能になった点。新型を購入するたびにセンサーのペアリング、表示画面のカスタマイズなどを行わなくて良いのは非常にありがたい機能だ。

トレーニング系機能では2種類追加されている。一つはGarmin ConnectやTraining Peaksなどからトレーニングプランをデバイスにダウンロードできる同期機能。もう一つは、デバイス内に記録されたトレーニング負荷とVO2max値から、ユーザーのレベルを考慮したワークアウトを導き出してくれるサジェスチョン機能だ。ストラクチャード・トレーニングほど本格的ではないが、しっかりとした練習を行いたい方にはピッタリな機能だろう。

ナビゲーション関連のアップデートは、2019年版旺文社シティナビゲーターという地図データに更新されていることが一つ。加えて、ナビゲーションシステムを利用している際に、ナビゲートの一時停止、オフコース警告の停止が可能となった。寄り道するときにこの機能は役立つはず。再びコース上に戻るとルートを再表示してくれるという。

パワーのゾーンをタコメーターのように表示してくれるパワーのゾーンをタコメーターのように表示してくれる フローなどを検知してくれるMTBダイナミクスフローなどを検知してくれるMTBダイナミクス 「素晴らしいジャンプ!」と褒めてくれる「素晴らしいジャンプ!」と褒めてくれる

トレーニングピークスのワークアウトをデバイスに落とし込めるトレーニングピークスのワークアウトをデバイスに落とし込める ワークアウトのサジェスチョン機能が搭載されたワークアウトのサジェスチョン機能が搭載された いくつかリストアップしてくれるいくつかリストアップしてくれる


ジャンプ数やジャンプ距離などを計測するMTBダイナミクスも強化されている。標高や勾配などに応じてライドの難易度表示や、コーナリングスピードなどが一貫して維持できているかを示すフローなどが表示されるようになっている。

inReachというテクノロジーを備えており、サブスクリプションに登録しておけば、インターネットの電波が届かないところでもSOS信号の発信や、定型文のメッセージ送受信が可能となっている。詳しいスペック等は下記をチェックしてほしい。

Edge130 Plus
ガーミン Edge130 Plusガーミン Edge130 Plus (c)ガーミン
フラッグシップと同タイミングでエントリーグレードの「Edge130」もアップデートされ、「Edge130 Plus」となっている。Edge130 Plusでは主に機能面での充実度が向上しており、エントリーグレードながらガーミンの魅力ある機能を活用することが可能となっている。

大きな変更点の一つはClimb Pro機能が実装されたこと。これはナビゲーション利用中に出現するヒルクライムの情報を表示してくれる機能であり、ヒルクライムのプロフィールや残り平均勾配など、ペース配分に役立てられる情報を伝えてくれるというもの。

またEdge1030 Plus同様、トレーニングプランの同期機能、MTBダイナミクスなどが追加されている。スマートトレーナーとも連動できるようになり、インドアサイクリングのデータもGarmin Connectで管理しやすくなっている。事故検出機能が実装されたことも大きなポイントだ。

クライムプロを搭載したクライムプロを搭載した エマージェンシー機能も採用されているエマージェンシー機能も採用されている Variaレーダーに対応しているVariaレーダーに対応している

ワークアウトの予定も確認できるワークアウトの予定も確認できる ワークアウトをデバイスに入れることが可能ワークアウトをデバイスに入れることが可能 ジャンプの出来を褒めてくれるMTBダイナミクスジャンプの出来を褒めてくれるMTBダイナミクス




いずれも発売日は7月16日(木)で、7月9日(木)より予約が開始される予定だ。また販売を記念し、対象店舗で購入した方に液晶保護フィルムとシリコンケース(黒)をプレゼントするキャンペーンが行われる。

キャンペーン概要
実施期間:2020年7月16日(木)~8月16日(日)
対象モデル:Edge1030plus/130plus(本体のみ・セットいずれでも可)
対象店舗:Garmin Cycle Authorized Dealer(対象店舗は後日公開)
※店舗の場合はその場でお渡し。オンラインショップでは商品配送時に同封。
※プレゼントは先着順。各店舗・オンラインショップごとになくなり次第終了となります。



ガーミン Edge1030 Plus セット
同梱品:スピードセンサーDual、ケイデンスセンサーDual、HRM-Dual、延長アウトフロントマウント(拡張バッテリー対応)、ハンドルステムマウント、microUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートマニュアル
価格:86,000円(税抜)

ガーミン Edge130 Plus 本体のみ
同梱品:ハンドルステムマウント、microUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートマニュアル
価格:20,800円(税抜)

ガーミン Edge130 Plus セット
同梱品:スピードセンサーDual、ケイデンスセンサーDual、ハンドルステムマウント、microUSBケーブル、ストラップ、クイックスタートマニュアル
価格:26,800円(税抜)
新旧比較表
Edge130 PlusEdge130Edge1030 PlusEdge 1030
稼働時間最大13時間最大13時間最大24時間最大20時間
高速CPU
気圧高度計
加速度計
磁気センサー
環境光センサー
無線インターフェースANT+/BLEANT+/BLEANT+/BLE/Wi-FiANT+/BLE/Wi-Fi
パフォーマンス統計ANT+/BLE/Wi-Fi
補給/水分摂取記録
FTP自動計測
MTBダイナミクス
電動コンポーネント対応
インドアトレーナー対応Coming soon
ワークアウト
ワークアウトサジェスション
セグメント
クライムプロ
コースナビゲーション
LiveTrack
GroupTrack
ライダー間メッセージ
事故検出機能
援助要請
in-Reach 互換性
オーディオアラート
バッテリーセーブモード
バイクアラーム
Find My Edge
Amazon.co.jp 
の画像 GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ ForeAthlete 245 Music Japan Limited Edition 音楽再生機能 心拍 歩数 防水【日本正規品】 010-02120-73
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥44,800
最安価格: ¥44,800
アマゾン価格: ¥44,800
の画像 GARMIN vivoactive 4 Black/Slate 010-02174-17
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥38,980
最安価格: ¥38,980
アマゾン価格: ¥38,980
の画像 GARMIN vivomove 3S Navy / Rose Gold 010-02238-73
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥27,490
最安価格: ¥27,490
アマゾン価格: ¥27,490