2月29日、ベルギーにクラシックシーズンが到来した。UCIワールドツアー第4戦にあたるオンループ・ヘットニュースブラッドでジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)が初勝利を飾った。與那嶺恵理も出場した女子レースではアネミエク・ファンフルーテン(ミッチェルトン・スコット)が独走勝利。


フランドル地方にシーズン到来を告げるクラシック初戦

悪天候に見舞われた前半はエシュロンも出現悪天候に見舞われた前半はエシュロンも出現 photo:CorVos
4月下旬まで約2ヶ月にわたるクラシック月間が始まった。クラシックシーズン初戦にあたるオンループ・ヘットニュースブラッドは開催75回目を迎えるベルギーのクラシックレース。2017年からUCIワールドツアーレースとして開催されており、フランドル地方のヘントからニノーヴェまでの200kmコースが設定されている。

丘陵地帯を縦横無尽に走るコースには13箇所の「ベルグ(急坂)」と9箇所の「パヴェ(石畳)」が登場。スタートから降り続いた雨は後半にかけてストップし、フィニッシュ地点は暖かい太陽に照らされた。

マヌエーレ・ボアーロ(イタリア、アスタナ)やマッテオ・ヨルゲンソン(アメリカ、モビスター)を含む5名の逃げグループが7分30秒のリードを得て中盤からの急坂&石畳連続エリアに突入する。しかし、踏切ストップの影響もあって逃げグループはリードを失い、石畳&横風による分裂によって人数を減らすメイン集団に引き戻された。

まだフィニッシュまで70km以上を残したレケルベルグで生まれたティム・デクレルク(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)やセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)を含む先行グループに反応したのは、ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)とイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)、マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)といったエース級選手たち。こうして新たに形成された8名の先行グループが勝ち逃げとなった。

中盤にかけてメイン集団のペースを上げるビッグチーム中盤にかけてメイン集団のペースを上げるビッグチーム photo:CorVos
追走を仕掛けるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)追走を仕掛けるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVos
ミュールを駆け上がるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)とイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)ミュールを駆け上がるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)とイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
ハインリッヒ・ハウッスラー(オーストラリア、バーレーン・マクラーレン)を含む追走グループにワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)やティシュ・ベノート (ベルギー、サンウェブ)が合流するシーンも見られたが、先頭グループとのタイム差を詰めることができずにメイン集団に引き戻される。

先頭グループ内では、メイン集団から1分45秒のリードで差し掛かったミュール・ファン・ヘラールツベルヘンでストゥイヴェンとランパールトが脚の違いを見せつけて飛び出し、クラーウアナスンだけが食らいつくことに成功する。フィニッシュまで17kmを残した難所で先行した3名は最後のボズベルグもクリア。出遅れたトレンティンを振り切った三つ巴による戦いに持ち込まれた。

残り2kmサインを視界に捉えたランパールトのアタックによってクラーウアナスンが脱落したため、勝負はストゥイヴェンとランパールトのスプリント一騎打ちに。牽制の末に始まったフランドリアン2名のスプリントで先行したストゥイヴェンが、逆光のフィニッシュラインで両手を挙げた。

「強い自分を再び示すことができてよかった」と、オンループ初勝利を飾った27歳のストゥイヴェンは語る。2016年に23歳の若さでクールネ〜ブリュッセル〜クールネを制したストゥイヴェンは一躍次世代クラシックレーサーとして注目を集める存在となったが、ここまでメジャークラシックでの勝利を掴めずにいた。

「昨シーズンのマッズ・ピーダスンの世界タイトル獲得から続く好調の流れを今シーズンも引き継ぐことができている。今日のような天気では前で展開する必要があるとチームと話していて、その通りの展開に持ち込むことができた。このオンループはキャリア最大の勝利だ」と2019年9月のドイツツアー総合優勝以来となる勝利を果たしたストゥイヴェンは語っている。

ランパールトとのマッチスプリントを制したジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)ランパールトとのマッチスプリントを制したジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) photo:CorVos
オンループ初制覇を果たしたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)オンループ初制覇を果たしたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) photo:CorVos


世界王者ファンフルーテンが独走

ミュールで独走に持ち込んだアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)ミュールで独走に持ち込んだアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
男子レースと並行して開催された女子レースはUCIウィメンズワールドツアーではなくUCIクラス1。ヘントをスタートしてニノーヴェにフィニッシュするレイアウトは男子レースと共通で、中盤の丘陵地帯の構成が異なる。

10箇所の「ベルグ」と5箇所の「パヴェ」を含む127kmコースで形成された精鋭集団から、残り17km地点のミュール・ファン・ヘラールツベルヘンで飛び出したのは世界チャンピオンのアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)だった。石畳が敷かれた急勾配区間で仕掛けたファンフルーテンは、追いすがるフロールチェ・マッカイ(オランダ、サンウェブ)を振り切って独走する。

マッカイとマルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレBTCリュブリャナ)、シャンタル・ブラーク(オランダ、ブールスドルマンス)、エレン・ファンダイク(オランダ、トレック・セガフレード)の4名が追走グループを形成したものの、タイムトライアル世界チャンピオンに2度輝いているファンフルーテンがそのまま独走勝利。圧巻の105km独走で獲得したアルカンシェルを着て、シーズン初戦を独走で制した。

独走で女子レースを制したアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)独走で女子レースを制したアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
2位争いのスプリントを制したマルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレBTCリュブリャナ)2位争いのスプリントを制したマルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレBTCリュブリャナ) photo:CorVos
クラシックレースからステージレースまで幅広く活躍する37歳のファンフルーテンは、大会3連覇がかかったジロローザを前に、ストラーデビアンケやロンド・ファン・フラーンデレン、アムステル・ゴールド・レース、ラ・フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュへの出場を予定している。

2位争いのスプリントを制したのは與那嶺恵理(アレBTCリュブリャナ)のチームメイトであるイタリアチャンピオンのバスティアネッリ。シーズン2戦目を31位で終えた與那嶺は、1年前に12位の成績を残した翌日のオンループファン・ヘットハーグランド(UCI1.1)に連戦出場する。

世界チャンピオンのアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が勝利世界チャンピオンのアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)が勝利 photo:CorVos
オンループ・ヘットニュースブラッド2020 男子レース
1位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)5:03:24
2位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
3位セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)0:00:06
4位マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)0:00:39
5位ティム・デクレルク(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:01:28
6位マイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)
7位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)
8位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ロット・スーダル)
9位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)
10位フロリアン・セネシャル(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
オンループ・ヘットニュースブラッド2020 女子レース
1位アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)3:34:55
2位マルタ・バスティアネッリ(イタリア、アレBTCリュブリャナ)0:00:42
3位フロールチェ・マッカイ(オランダ、サンウェブ)
4位シャンタル・ブラーク(オランダ、ブールスドルマンス)
5位エレン・ファンダイク(オランダ、トレック・セガフレード)0:00:44
6位エリザベス・バンクス(イギリス、ビグラ・カチューシャ)0:01:13
7位エウジェニア・ブジャク(スロベニア、アレBTCリュブリャナ)
8位クロエ・ホスキング(オーストラリア、ラリーサイクリング)0:01:30
9位イップ・ファンデンボス(オランダ、ブールスドルマンス)
10位オード・ビアニック(フランス、モビスター)
31位與那嶺恵理(日本、アレBTCリュブリャナ)0:03:20
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 Galler (ガレー) ベルギー王室御用達 チョコレート ミニバー 12本入 2020年限定パッケージ (1箱)
カテゴリー: Grocery
メーカー: GallerJapan
最安価格: ¥ 2,570
アマゾン価格: ¥ 2,604
の画像 チョコレート ベルギー産 ダークチョコレート カカオ60% 1kg クーベルチュール__
カテゴリー: Grocery
メーカー: ママパン
参考価格: ¥2,399
最安価格: ¥1,999
アマゾン価格: ¥2,399
の画像 ハムレット チョコクリスピー 125gX4箱入り
カテゴリー: Grocery
メーカー: ハムレット
参考価格: ¥1,480
最安価格: ¥1,349
アマゾン価格: ¥1,480