ワンバイエスやディズナを中心に、ユーザーのニッチなニーズを満たすオリジナルブランドを多数手掛ける東京サンエスの展示会をレポート。JFFから新作のチタン&クロモリディスクロードが登場したほか、使い勝手を追求したユニークなハンドルバーや”Pちゃん”コラボのサドルも発表された。



JFFシリーズ初のチタンディスクロードが登場。テスト段階からすでに乗り味は好評だというJFFシリーズ初のチタンディスクロードが登場。テスト段階からすでに乗り味は好評だという
東京のアーツ千代田3331にてディーラー向けに開催された東京サンエスの展示会。ワンバイエスやディズナ、グランジなどオリジナルブランドを多数手がけており、日本人にマッチした&女性やビギナーでも使い勝手の良いパーツを作り続けている。どちらかと言えばニッチなニーズを満たすラインアップが東京サンエスの強みで、レーシーな大手ブランドを並べる他の代理店とは一風変わった雰囲気が漂う。

大きなトピックは、昨年のサイクルモードで発表されたJFFのチタンディスクロードが正式にリリースされたこと。製品開発時にチタンバイクを試作してみたところ想像以上に乗り味が良く、限定生産ながら一般販売が決まった1台なんだとか。JFFシリーズ初のチタンフレームで、最大35Cまでのタイヤクリアランスを備えた”高速系エンデュランスロード”と謳ったモデルだ。

チタンの風合いを活かした無塗装のフレームチタンの風合いを活かした無塗装のフレーム フルフェンダーを装備しても28Cまで対応するタイヤクリアランスを備えるフルフェンダーを装備しても28Cまで対応するタイヤクリアランスを備える

特徴的なリアエンドの造形特徴的なリアエンドの造形 幅広いクランク長と歯数構成を揃える「ジェイ・クランク」。チェーンリングはダイレクトマウント方式だ幅広いクランク長と歯数構成を揃える「ジェイ・クランク」。チェーンリングはダイレクトマウント方式だ

ディスクブレーキ特有の硬質感をチタンという素材が和らげ、一層上質な乗り味を実現できたと担当者は語る。ダブル&トリプルバテッドのチューブを使い分け軽量化と剛性感をバランス。腐食などにも強いチタンとあって1台を長く使っていきたいユーザーにもオススメだ。素材感を活かしたルックスにするため、フレームにはペイントではなくレーザー刻印でロゴを入れているのもこだわりポイント。

日本人の体型を考え抜いたワンバイエス独自のジオメトリーが採用され操作性も抜群。455~550mmという幅広いサイズ展開で、小さいフレームでも見栄えが良くなるようフロント三角の形状も煮詰めている。エンドパーツの向きによってオフセットを前後5mmで変えられるカーボンフォークも搭載。限定数にて完成車も販売され、クランク・ハンドル・ステム・タイヤのサイズを自分好みにオーダーすることが可能だ。5月末~6月上旬に発売予定。

35Cまで対応したタイヤクリアランスを備えるJFFのクロモリディスクロード「#701D」35Cまで対応したタイヤクリアランスを備えるJFFのクロモリディスクロード「#701D」
同じくJFFのディスクロードとして、今秋登場予定のクロモリフレーム「#701D」もプロトタイプを展示。”快走サイクルツーリング”モデルであり、フレームの程よいしなりが心地よいサイクリングへと誘ってくれそう。クラシカルな細身のルックスながら最大35C(フェンダー装着時30C)まで対応した広いタイヤクリアランスを備えた、現代的なクロモリロードに仕上がっている。

個性的なハンドルバーも東京サンエスお馴染みの製品。ワンバイエスのジェイカーボンハンドルには、複雑な曲げを加えた「マホラ」が新登場する。バートップが奥へアールを描くことで、握った際に自然と脇が開き呼吸がしやすいリラックスした体勢を作り出す。対してドロップ部分を握った場合、自然と手首が内側に入るような潰し加工が施されており、脇を締めてパワーを込めやすい設計となっている。

バートップとドロップ部分でそれぞれ別々の役割を持たせたユニークな形状の「マホラ スエヒロ」ハンドルバーバートップとドロップ部分でそれぞれ別々の役割を持たせたユニークな形状の「マホラ スエヒロ」ハンドルバー
新型ボーダーレスカーボンハンドルバーのプロトタイプ。より快適性を追求したデザインを取り入れている新型ボーダーレスカーボンハンドルバーのプロトタイプ。より快適性を追求したデザインを取り入れている デュアルコントロールレバーをそのまま使えるように工夫したロードフラットバーの試作品デュアルコントロールレバーをそのまま使えるように工夫したロードフラットバーの試作品

同様のコンセプトでフレア形状を採用したグラベル向けの「マホラ スエヒロ」もラインアップ。27°という大きめのフレア角を採用しており、ブラケット取り付け部に対してエンド部分が左右それぞれ50mmも外側にくるよう作られている。ワイドスタンスによってオフロードでも安定したライドを楽しめるハンドルだ。クランプ部分に十分に幅を持たせ、小さいサイズでもシマノの油圧サブブレーキを装着できるよう工夫されている。

また、現在開発が進んでいる2つの新作ハンドルもモックが展示されていた。一つは、様々な握り方ができるボーダーレスカーボンハンドルバーの進化版で、より快適性を追求したバートップ形状などアップデートが加わる予定。ステムクランプ位置と同じ高さにドロップ位置が設定されており、上体を起こしたリラックスしたポジションを取ることができる。もう一つはロード向けのフラットハンドルバーだ。フラットバー向けのレバーに変えずとも、デュアルコントロールレバーをそのまま使って快適に操作できるよう形状を煮詰めている段階だという。

フォークオフセットを変更できるディスクブレーキ用カーボンフォークもラインアップを拡充フォークオフセットを変更できるディスクブレーキ用カーボンフォークもラインアップを拡充
ドロップアウトパーツの向きを変えることでオフセットを変更できるドロップアウトパーツの向きを変えることでオフセットを変更できる ブレード裏にさりげなくワンバイエスのロゴが入ったデザインブレード裏にさりげなくワンバイエスのロゴが入ったデザイン

フォークオフセットを可変できる「フリップフロップシステム」搭載のカーボンフォークもラインアップを拡充。ディスクブレーキ&スルーアクスルに対応した製品で、グラベルロードを想定した700×42Cまで対応するワイドなタイヤクリアランスを備えたもの、希少な650Bサイズのものが追加されている。

ドロップアウトパーツの向きを変えることでオフセットを前後5mmで変更することができ、自身のスタイルに応じて安定性か操作性かを重視した乗り味に調整することが可能だ。地面に対して水平にオフセットが変わることで、フレームのジオメトリーに影響を及ぼすことなく乗り味だけを調整できるよう設計されている。

ソーマのモンスタークロス「ウルヴァリン」がV3(赤)からV4(青&緑)へとアップデートソーマのモンスタークロス「ウルヴァリン」がV3(赤)からV4(青&緑)へとアップデート
ダウンチューブ下にもボトル台座を増設ダウンチューブ下にもボトル台座を増設 スプリットシートステーを採用しベルトドライブに対応しているスプリットシートステーを採用しベルトドライブに対応している

シティコミューターからグラベルまで幅広い使い方ができるソーマのバイクシティコミューターからグラベルまで幅広い使い方ができるソーマのバイク
ライダーに自由な乗り方を提案するマルチパーパスなバイクを数多く展開するSOMA(ソーマ)からは、モンスタークロスとしてラインアップされている「ウルヴァリン」がV3からV4へとアップデート。小さい46サイズが追加されボトル台座も増設。ヘッド規格の異なる2つのモデルで展開され、タイプAはリアエンド幅142mm&12mmスルーアクスルに対応、タイプBはスプリットシートステーを採用しベルトドライブに対応させている。

また、自転車4コマ漫画やアートペイントなどを手掛けているアーティスト「Pちゃん」と東京サンエスが初コラボ。Pちゃんのイラストを座面にあしらったオリジナルデザインのサドルが登場する。”TOKYO VICTORY”と名付けられた製品で、オリンピックの年ということもあり日本や東京をイメージしたカラフルなデザインに仕上がる。コラボレーションサドルは全部で3つのモデルで販売される。

Pちゃん公式ブログ「Pちゃんサイクル」
PちゃんTwitter



自転車4コマ漫画等も描いているアーティスト「Pちゃん」とコラボしたオリジナルサドルが登場自転車4コマ漫画等も描いているアーティスト「Pちゃん」とコラボしたオリジナルサドルが登場
女性目線で作られた輪行袋「キャリー」。持ち運びしやすいよう形状を工夫している女性目線で作られた輪行袋「キャリー」。持ち運びしやすいよう形状を工夫している 全15色ものカラーを揃えるVIVAのきづきベル。自転車の存在を周囲にアピールできる全15色ものカラーを揃えるVIVAのきづきベル。自転車の存在を周囲にアピールできる

女性向けのサイクルアパレルを手掛けているテリー(画像左側)とロコゴワ(画像右側)女性向けのサイクルアパレルを手掛けているテリー(画像左側)とロコゴワ(画像右側)
柔軟性の高いアウターケーブルに定評のある日泉ケーブル柔軟性の高いアウターケーブルに定評のある日泉ケーブル チタンコーティングを施しオイルスリックカラーに光るインナーケーブルを限定リリースチタンコーティングを施しオイルスリックカラーに光るインナーケーブルを限定リリース

グラベル向けに開発された最大540mmもの幅を持つ超ワイドドロップハンドルグラベル向けに開発された最大540mmもの幅を持つ超ワイドドロップハンドル スチールグラベルバイクなどと合わせてもスタイルの出るNITTOのボトルケージスチールグラベルバイクなどと合わせてもスタイルの出るNITTOのボトルケージ

グラベル系の流行により注目を集めているリッチーのROAD LOGICとSWISS CROSSグラベル系の流行により注目を集めているリッチーのROAD LOGICとSWISS CROSS
携帯性の高いワイヤーロックが人気のクロップス携帯性の高いワイヤーロックが人気のクロップス ドイターは中型バックパックのトランスアルパインをモデルチェンジドイターは中型バックパックのトランスアルパインをモデルチェンジ

色とりどりのカラーコーディネートを楽しめるKMCのチェーン色とりどりのカラーコーディネートを楽しめるKMCのチェーン チタンとカーボンを組み合わせたコントロールテックのハイエンドハンドルチタンとカーボンを組み合わせたコントロールテックのハイエンドハンドル


text&photo:Yuto.Murata
Amazon.co.jp 
の画像 WAQ チタンマグカップ 450ml (蓋付き) キャンプ用 直火 シングル チタンマグ WAQ-TM1
カテゴリー: Sports
メーカー: WAQ
参考価格: ¥2,530
最安価格: ¥2,530
アマゾン価格: ¥2,530
の画像 Boundless Voyage キャンピングチタン箸 角箸 丸箸 アウトドア箸 収納袋付き (角 x 1)
カテゴリー: Sports
メーカー: Boundless Voyage
参考価格: ¥999
最安価格: ¥999
アマゾン価格: ¥999
の画像 Keith チタン キャンティーン メスキット Ti3060 (Ti3060)
カテゴリー: Sports
メーカー: Keith Titanium
参考価格: ¥17,980
最安価格: ¥17,980
アマゾン価格: ¥17,980