スイス、ベルンで開催されたUCIシクロクロスワールドカップ第3戦で、好調エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)がシリーズ3連勝を達成。女子レースでは欧州王王者アンマリー・ワースト(オランダ、777)が圧勝した。



スイス、ベルンで開催されたワールドカップ第3ラウンドスイス、ベルンで開催されたワールドカップ第3ラウンド photo:UCI
軽快な走りで先頭を行くエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)軽快な走りで先頭を行くエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:UCI柔らかく湿った土が選手たちの乗車を阻んだ柔らかく湿った土が選手たちの乗車を阻んだ photo:UCI


アイオワとウィスコンシンを舞台にした北米2連戦から1ヶ月を空け、シクロクロス3大シリーズの中で最も格式高いUCIシクロクロスワールドカップが欧州に帰ってきた。第3戦となるスイス、ベルンのコースはハーフウェットの滑りやすい土区間を含んだもので、屈強なベルギー/オランダ勢に加え、日本レースで優勝経験を持つスティーブ・シェネル(フランス、チームシャザル・キャニオン・3G)やフェリペ・オルツ(スペイン、テイカUCIチーム)も顔を揃えた。

60分間の男子エリートレースは、北米2連戦で2勝したエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)の好スタートで幕開ける。クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、テレネット・バロワーズ)やマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)、ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・バロワーズ)らがイゼルビッドに続いた。

バイクを担いで下り区間を進むエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)バイクを担いで下り区間を進むエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:UCI
前日のスーパープレスティージュで勝利したトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)がイゼルビッドを追走前日のスーパープレスティージュで勝利したトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)がイゼルビッドを追走 photo:UCI周回カウントを疑いながらフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)周回カウントを疑いながらフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:UCI

ワールドカップ開幕3連勝を挙げたエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)ワールドカップ開幕3連勝を挙げたエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:UCI
5〜6人の先頭グループ内で展開したイゼルビッドが攻めに転じたのは、レース中盤を過ぎた頃。「序盤は全く流れに乗れていなかった。何度も何度もバイクチェンジを行って違う空気圧を試したりしたけど、実際その余裕があったのは確かだ」と振り返るイゼルビッドはスリッピーなコースで攻めの走りを見せ、徐々にトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)らとの間隔を広げていった。

2位争いに火花を散らすアールツとファントーレンハウトを尻目に逃げる、ワールドカップのランキングリーダーの走りは冴え渡っていた。「最終周回に入る時に鐘が聞こえなかったのであと2周あると思っていたんだ。フィニッシュラインにカメラマンが並んでいるのを見て何かがおかしいことに気づいた。世界選手権で周回数を間違えた例を知っているので慎重になったよ」と言うイゼルビッドは、「あと1周では?」を示すジェスチャーと共にフィニッシュ。向かうところ敵なし状態の21歳がワールドカップ3連勝を射止めた。

好スタートを決めたマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバック)好スタートを決めたマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバック) photo:UCI世界王者サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)は8位でフィニッシュ世界王者サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)は8位でフィニッシュ photo:UCI

1周目から独走体制を築き上げたアンマリー・ワースト(オランダ、777)1周目から独走体制を築き上げたアンマリー・ワースト(オランダ、777) photo:UCI
ワールドカップ初勝利を飾ったアンマリー・ワースト(オランダ、777)ワールドカップ初勝利を飾ったアンマリー・ワースト(オランダ、777) photo:UCI
合計5周回で争われた女子レースでは、第1戦で勝利したマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバック)が好発進を見せるも、その背後につけた欧州王者のアンマリー・ワースト(オランダ、777)が1周目中盤から先頭を奪い独走体制を築き上げた。

スーパープレスティージュで勝利したセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)の追走は届かず、世界王者サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)は後退。最後までペースを維持し続けたワーストが自身初のワールドカップ勝利を遂げた。
UCIシクロクロスワールドカップ2019-2020第3戦 男子エリート結果
1位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)1:01:26
2位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)1:02:01
3位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)1:02:10
4位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、テレネット・バロワーズ)1:02:18
5位コルヌ・ファンケッセル(ベルギー、テレネット・バロワーズ)1:02:27
6位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・バロワーズ)1:02:28
7位ティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)1:02:41
8位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)1:02:46
9位ヨリス・ニューウェンハイス(オランダ、サンウェブ)1:02:49
10位ダーン・ソエテ(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)1:03:04
UCIシクロクロスワールドカップ2019-2020第3戦 女子結果
1位アンマリー・ワースト(オランダ、777)45:27
2位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)0:33
3位アンナ・カイ(イギリス、エクスプレサ・プロCX)0:56
4位ケイトリン・キオー(アメリカ、キャノンデールp/bシクロクロスワールド.com)1:09
5位ヤラ・カステリン(オランダ、777)1:20
6位ケイティ・コンプトン(アメリカ、トレック・ナイトコンポジット)1:26
7位カテリーナ・ナッシュ(チェコ、クリフレーシングチーム)1:42
8位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)1:50
9位エヴァ・リヒナー(イタリア、クレアフィン・フリスタッズ)1:53
10位ラウラ・フェルドンショット(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:01
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 【Amazon.co.jp 限定】【まとめ買い】アタック ZERO(ゼロ) 洗濯洗剤 ワンハンドプッシュ 本体 + 詰め替え用900g (衣類よみがえる「ゼロ洗浄」へ)
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 花王
参考価格: ¥ 1,320
最安価格: ¥ 1,320
アマゾン価格: ¥ 1,320
の画像 【まとめ買い】アタック プロEX 石けん ケースつき 1組+石けん80g
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: 花王
参考価格: ¥ 457
最安価格: ¥ 457
アマゾン価格: ¥ 457
の画像 【クリーニング師が開発】泥-doro-一刀両断 2kg|野球|ユニフォーム| 泥汚れ 専用 洗剤
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: Hanaten
最安価格: ¥ 2,860
アマゾン価格: ¥ 2,860