ブエルタ・ア・エスパーニャの第2週を締めくくる第16ステージの超級山岳ラ・クビーリャ峠山頂フィニッシュでヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)が自身初のグランツールステージ優勝。総合ライバルたちの攻撃により総合2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)がタイムを失った。


各賞ジャージ着用者がスタートライン最前列に並ぶ各賞ジャージ着用者がスタートライン最前列に並ぶ photo:Kei Tsuji
9月9日(月)第16ステージ プラビア〜アルト・デラ・クビーリャ 144.4km9月9日(月)第16ステージ プラビア〜アルト・デラ・クビーリャ 144.4km photo:Unipublic9月9日(月)第16ステージ プラビア〜アルト・デラ・クビーリャ 144.4km9月9日(月)第16ステージ プラビア〜アルト・デラ・クビーリャ 144.4km photo:Unipublic

グランツールでは月曜日に休息日を迎えるのが通例だが、7月のツール同様、ブエルタは月曜日も走り続けて火曜日に休息日を迎える変則的なスケジュール。前日に続きアストゥリアスの山岳地帯を走る第16ステージも破壊力は抜群で、1級山岳サンロレンソ峠(全長10km/平均8.5%)と1級山岳ラ・コベルトリア峠(全長8.3km/平均8.2%)を立て続けに越え、最後はカスティーリャ・イ・レオン州との州境に位置する超級山岳ラ・クビーリャ峠を駆け上がる。

獲得標高差が3,700mに達する難関山岳ステージを締めくくる登坂距離17.8km/平均勾配6.2%の山頂フィニッシュが大会2週目のクライマックス。ブエルタ初登場の標高1,690mの峠道で再び総合争いが動いた。

プラビアの街をスタートしてすぐに始まったアタック合戦。最初の1級山岳サンロレンソ峠に向かう幹線道路では熾烈なアタック合戦が繰り広げられた。アタックしたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)をユンボ・ヴィズマが引き戻すなど、モビスターやアスタナがこの日も攻撃に出る。アタックと吸収を繰り返しながらスピードを緩めることなく幹線道路を駆け抜けたメイン集団は、登り基調にもかかわらず48km/hという平均スピードで最初の1時間を駆け抜け、アタックが決まらないまま1級山岳サンロレンソ峠に突入した。

登坂距離10kmの1級山岳サンロレンソ峠で形成されたのは総合17位のジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)や山岳賞1位アンヘル・マドラソ(スペイン、ブルゴスBH)、同賞2位ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)を含む21名の逃げ集団。メイン集団に2分45秒差をつけた逃げ集団は、山岳賞ジャージ奪取を狙うブシャールを先頭にこの日最初の難所を越えた。

逃げグループを形成した21名
ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)総合17位/総合18分42秒遅れ
フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)総合20位/22分41秒遅れ
ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)
ニクラス・イーグ(デンマーク、トレック・セガフレード)総合29位/43分19秒遅れ
ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)
ミケル・ビスカラ(スペイン、エウスカディ・ムリアス)
フェルナンド・バルセロ(スペイン、エウスカディ・ムリアス)
アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ)
タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームイネオス)
ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)山岳賞2位
トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)
ダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
マーク・パデュン(ウクライナ、バーレーン・メリダ)
ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
ニキアス・アルント(ドイツ、サンウェブ)
イマノル・エルビティ(スペイン、モビスター)
ロメン・シーグル(フランス、グルパマFDJ)
アンヘル・マドラソ(スペイン、ブルゴスBH)山岳賞1位

真剣な表情で出走サインするプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)真剣な表情で出走サインするプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:Kei Tsuji
チームバスに座ってスタートを待つ新城幸也(バーレーン・メリダ)チームバスに座ってスタートを待つ新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji
ドゥクーニンク・クイックステップが4名、アスタナとトレック・セガフレード、エウスカディ・ムリアスがそれぞれ2名ずつを乗せた逃げ集団は、主にトニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)が率いるメイン集団に4分40秒差をつけて2つ目の1級山岳ラ・コベルトリア峠へ。徐々に人数を減らす逃げ集団の先頭で頂上を通過したブシャールは暫定的にマドラソから山岳賞トップの座を奪った。

先頭ではノックスが独走に持ち込むシーンも見られたが、逃げ集団は人数を保ったまま、そしてメイン集団とのタイム差を7分30秒まで広げて残り30km地点を通過。最後の超級山岳ラ・クビーリャ峠に向けた緩斜面が始まるとデヘントやジルベールらが逃げ集団を崩しにかかり、人数を10名に絞った状態で最終山岳へと入っていく。先頭グループの逃げ切りを容認し、集団内のマイヨロホ争いにフォーカスしたメイン集団は9分遅れで超級山岳ラ・クビーリャ峠の麓に到着した。

ノックスのためにカヴァニャがハイペースを作る逃げグループの中から最初に仕掛けたのはフルサングだった。2日連続逃げのゲオゲガンハートやノックス、ブランビッラがこの動きを封じると、今度はサンチェスがフルサングのためにペースメイク。再び加速したフルサングは、頂上まで7kmを残して食らいつくブランビッラを振り切った。

フルサングが独走に持ち込むちょうどその頃、メイン集団ではアスタナのチームメイトたちがペースアップを開始する。アスタナのオマール・フライレ(スペイン)やダリオ・カタルド(イタリア)、イサギレ兄弟(スペイン)がペースを上げるメイン集団からはキンタナが脱落。そのままペースを戻せなかったキンタナは、総合6位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)に総合5位の座を奪われる結果に。

独走でフィニッシュに向かうヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)独走でフィニッシュに向かうヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ) photo:Kei Tsuji
2番手でフィニッシュを目指すタオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームイネオス)2番手でフィニッシュを目指すタオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームイネオス) photo:Kei Tsuji
総合ジャンプアップを目指すジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)総合ジャンプアップを目指すジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji
山岳賞トップに立ったジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)山岳賞トップに立ったジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール) photo:Kei Tsuji
頂上まで6kmを切るとメイン集団からミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)がアタック。総合3位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)と総合1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)がすぐにロペスの動きを封じたが、総合2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)は一歩出遅れる。再びロペスが加速すると、ついにバルベルデが遅れ始めた。

先頭ではゲオゲガンハートらの追走を振り切ったフルサングが独走で霧に包まれたフィニッシュに飛び込んだ。ステージ2位にゲオゲガンハート、ステージ3位にサンチェスが入り、合計13名がメイン集団から逃げ切り。ステージ4位の入ったノックスは総合11位&ヤングライダー賞3位にジャンプアップしている。

逃げ集団から下がったコンティにアシストされたポガチャル、ロペス、ログリッチェがバルベルデらの合流を許すことなく先頭から5分58秒遅れでフィニッシュ。ログリッチェとポガチャル、ロペスの3名がバルベルデから23秒のタイムを奪うことに成功した。

後方に見えるアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)らからタイムを奪うタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)後方に見えるアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)らからタイムを奪うタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji
ソレルにアシストされてマイヨロホを追うアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)らソレルにアシストされてマイヨロホを追うアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)ら photo:Kei Tsuji
超級山岳ラ・クビーリャ峠を駆け上がるプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)ら超級山岳ラ・クビーリャ峠を駆け上がるプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)ら photo:Kei Tsuji
超級山岳ラ・クビーリャ峠を制したヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)超級山岳ラ・クビーリャ峠を制したヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ) photo:CorVos
バルベルデに23秒差をつけたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)やタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)バルベルデに23秒差をつけたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)やタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
「作戦成功だ」。独走でステージ優勝を果たした34歳フルサングはレース後の記者会見でリラックスした表情で話し始めた。「チームのために働くことと、シーズン終盤に向けたコンディショニングに加えて、ステージ優勝がこのブエルタでの目標の一つだった。今日はルイス(サンチェス)と自分がステージ優勝のために逃げる作戦で、実際に2人とも逃げに乗った時はちょっと興奮したよ。もし仮にステージ優勝のチャンスがなくても、最後の山岳でミゲル(ロペス)を待つこともできた」。

今シーズン、フルサングはブエルタ・ア・アンダルシアで総合優勝し、ストラーデビアンケ2位、ティレーノ〜アドリアティコ総合3位、イツリア・バスクカントリー総合4位、アムステルゴールドレース3位、ラ・フレーシュ・ワロンヌ2位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ優勝、そしてクリテリウム・デュ・ドーフィネ総合優勝と、輝かしい成績を春先に残している。しかしツール・ド・フランスでは落車リタイア。このブエルタにはロペスのサポート役として出場していた。「キャリアの中で最高のシーズンを送ることができている。ツール・ド・フランスでは低迷したけど、春の勢いを取り戻すことができて嬉しい。グランツールのステージ初優勝は格別だ」と語るフルサングはロード世界選手権でも注目の存在となる。

ライバルたちのアタックを封じ込め、バルベルデからリードを奪うことに成功したログリッチェは「ロペスのアタックはとても強力だった。バルベルデがどう反応するかを見ていたけど、彼の調子が良くないと判断してロペスにブリッジした」と振り返る。

マイヨロホを着て大会最初の休息日を迎えるログリッチェは「最終週を恐れていない。むしろ楽しみだ。もちろん身体は疲れているけど、ツールでも最終週は調子が良かった。だから終盤の山岳賞ステージが楽しみ。マドリードまで集中力を切らさず走り切るよ」とコメント。第16ステージを終えて総合2位バルベルデとのタイム差は2分48秒まで広がった。

さらにリードを広げたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)さらにリードを広げたプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
ついに山岳賞ジャージを手にしたジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)ついに山岳賞ジャージを手にしたジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール) photo:CorVos
グルペット内で超級山岳ラ・クビーリャ峠を登る新城幸也(バーレーン・メリダ)グルペット内で超級山岳ラ・クビーリャ峠を登る新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji
ブエルタ・ア・エスパーニャ2019第16ステージ結果
1位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)4:01:22
2位タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームイネオス)0:00:22
3位ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)0:00:40
4位ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:42
5位ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)0:01:12
6位トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)0:02:09
7位ミケル・ビスカラ(スペイン、エウスカディ・ムリアス)0:02:15
8位アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ)0:02:21
9位フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:32
10位ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)
14位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:05:58
15位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)
16位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
18位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:06:21
19位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)0:06:24
20位ハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・メリダ)
24位カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル)0:06:54
26位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)0:07:17
27位ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
144位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:28:04
個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)62:17:52
2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:02:48
3位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:03:42
4位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:03:59
5位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)0:07:40
6位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:07:43
7位ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)0:10:27
8位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)0:10:34
9位カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル)0:10:40
10位ハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・メリダ)0:12:05
ポイント賞
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)117pts
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)92pts
3位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)82pts
山岳賞
1位ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール)50pts
2位アンヘル・マドラソ(スペイン、ブルゴスBH)44pts
3位タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームイネオス)29pts
ヤングライダー賞
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)62:21:34
2位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:00:17
3位ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:09:44
チーム総合成績
1位モビスター186:06:03
2位アスタナ0:16:11
3位ユンボ・ヴィズマ0:47:30
text&photo:Kei Tsuji in Alto de La Cubilla, Spain
Amazon.co.jp 
の画像 The Tour According to G: My Journey to the Yellow Jersey
カテゴリー: Book
著者: Geraint Thomas
出版社: Quercus
参考価格: ¥ 2,919
最安価格: ¥ 2,142
アマゾン価格: ¥ 2,415
の画像 SHIMANO(シマノ) XTR FC-M9000 HOLLOWTECH2 ダブル クランクセット 28X38T/170 IFCM9000CX88
カテゴリー: Sports
メーカー: SHIMANO(シマノ)
参考価格: ¥ 61,506
最安価格: ¥ 51,665
アマゾン価格: ¥ 53,708
の画像 Sea Sha 日本国旗 ミニ手旗 Japan ミニ国旗 / スポーツ 観戦 応援 式典 送迎 祝日 (10本 セット, 22x14cm)
カテゴリー: Toy
メーカー: Sea Sha
参考価格: ¥ 1,999
最安価格: ¥ 1,099
アマゾン価格: ¥ 1,999