113.5kmという短い距離に7つの山岳(獲得標高差3,000m)が詰め込まれたクリテリウム・デュ・ドーフィネ最終日にディラン・ファンバーレ(チームイネオス)が逃げ切り勝利。ヤコブ・フルサング(アスタナ)が自身2度目の総合優勝に輝いた。


フランスをスタートし、スイスに向かうプロトンフランスをスタートし、スイスに向かうプロトン photo:A.S.O.
クリテリウム・デュ・ドーフィネ2019第8ステージクリテリウム・デュ・ドーフィネ2019第8ステージ photo:A.S.O.クリテリウム・デュ・ドーフィネ2019第8ステージクリテリウム・デュ・ドーフィネ2019第8ステージ photo:A.S.O.

フランスとスイスの国境付近に広がるアルプス山脈を走るクリテリウム・デュ・ドーフィネ第8ステージ。1週間にわたる戦いを締めくくるのは113.5kmという短い距離に7つのカテゴリー山岳が詰め込まれた本格山岳ステージで、76.5km地点から先はスイス国内。終盤の1級山岳リヴ峠(距離8.5km/平均6.2%)と、残り1km地点で通過する3級山岳モンテ・ド・シャンペリー(距離5.5km/平均4.2%)の連続山岳が大会最後の山岳バトルの舞台となる。

この日もジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)を含む12名の強力な逃げグループが序盤から先行。ジャック・ヘイグ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)やセップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィズマ)、カルロス・ベローナ(スペイン、モビスター)、フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)、セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス、グルパマFDJ)、ディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)といった、総合逆転を狙うチームのサブエース級選手も逃げに乗った。

マイヨジョーヌ擁するアスタナの集団コントロールにより、逃げグループのリードは4分25秒を上限に縮まり始めた。この日は気温20〜25度の暖かい陽気に包まれたが、前日の大雨によって体調を崩したリタイア者が続出。総合首位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)とわずか8秒差につけていた総合2位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)が残り50km地点でバイクを降りた。さらに総合9位のステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)も体調不良を理由にリタイアしている。

暖かい太陽に照らされた山岳地帯を逃げる12名暖かい太陽に照らされた山岳地帯を逃げる12名 photo:A.S.O.
マイヨジョーヌを着て最終ステージを走るヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)マイヨジョーヌを着て最終ステージを走るヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ) photo:A.S.O.
アスタナが徹底的にコントロールするメイン集団アスタナが徹底的にコントロールするメイン集団 photo:A.S.O.
ワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)を含む12名の逃げグループワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)を含む12名の逃げグループ photo:A.S.O.
チームイネオスやUAEチームエミレーツ、アージェードゥーゼール率いるメイン集団が終盤にかけてタイム差を2分前後にまで縮めたが、強力なメンバーが揃う逃げグループはスピードを上げて抵抗する。残り12km地点でピークを迎える1級山岳リヴ峠で逃げグループの中でセレクションが始まり、山岳賞ジャージ獲得を確実なものにしながら「あともう1勝したかった」というアラフィリップらが飛び出すが決まらない。

アタックを成功させたヘイグにファンバーレが追いついて、追走グループやメイン集団を引き離しながら1級山岳リヴ峠をクリアした。実力者でありながら普段エースのために山岳ステージでアシストを担う機会が多いヘイグとファンバーレ。出遅れた逃げメンバーのカールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル)やワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)が追走をかけたものの、最後の3級山岳モンテ・ド・シャンペリーでヘイグとファンバーレが快調にローテーションを回した。

フラムルージュ(残り1kmアーチ)通過とともに牽制状態に入ったものの、最後は後続に1分近い差をつけた先頭2名によるスプリント一騎打ちに。スイス国旗が並ぶ最終ストレートでヘイグを下したファンバーレがチームイネオスに2勝目をもたらした。

2分後方のメイン集団内では、マグナス・コルトニールセン(デンマーク)とユーゴ・ウル(カナダ)、ゴルカ・イサギレ(スペイン)、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)というアスタナの豊富なアシスト陣にサポートされた総合首位フルサングは順調にレースを進めた。総合成績を動かすために3級山岳モンテ・ド・シャンペリーで攻撃を仕掛けたのは総合7位のティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)。しかしピノはリッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)以外のライバルたちをふるい落とすことができず、10名ほどに絞られたメイン集団は再びアスタナの支配下に。ライバルたちとともに先頭から1分59秒遅れでフィニッシュしたフルサングが総合優勝を決めた。

総合優勝に向かって走るヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)総合優勝に向かって走るヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ) photo:A.S.O.
逃げるジャック・ヘイグ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)とディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)逃げるジャック・ヘイグ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)とディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス) photo:A.S.O.
スイス国旗が並ぶ最終ストレートで先頭に立つディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)スイス国旗が並ぶ最終ストレートで先頭に立つディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス) photo:A.S.O.
最終ステージを制したディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)最終ステージを制したディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス) photo:A.S.O.
ステージ優勝を飾ったディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)ステージ優勝を飾ったディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス) photo:A.S.O.
クリストファー・フルーム(イギリス)を失ったチームイネオスがステージ2連勝。ワウト・プールス(オランダ)とともにドーフィネ終盤の山岳ステージで存在感を示したファンバーレは「今日はジャンニ(モスコン)と自分が逃げに乗って、後から追いついてくるワウト(プールス)をアシストする予定だったけど、その展開にはならなかった。今週はチームにとってアップダウンの連続で、クリス(フルーム)のリタイア後もチームイネオスは戦い続けた。ドーフィネではこれまで苦しんでばかりだったけど、厳しいトレーニングのおかげで結果を残せるようになった。結果には満足しているよ」とコメント。ファンバーレは7月のツール・ド・フランスで『スイス組』のゲラント・トーマス(イギリス)とエガン・ベルナル(コロンビア)をアシストすることになるだろう。

直近の総合ライバルであるイェーツのリタイアにより、比較的落ち着いた1日を過ごしたフルサングは「もっと厳しい展開を予想していたけど、チームが完璧にレースをコントロールしてくれた。まるでリムジンに乗っているようだった。理由はわからないけどアダム・イェーツとステフェン・クライスヴァイクがストップ。昨日の寒いステージが何人かの選手に影響を与えたようだ。ステージ2勝した(最終日に逆転した)2017年の方がスペクタクルだったかもしれないけど、リーダージャージを着て最終日を走ったこの勝利はスペシャルだ」と語り、2017年に続く2度目のドーフィネ総合優勝を喜ぶ。

今シーズン、ブエルタ・ア・アンダルシア総合優勝に始まり、ストラーデビアンケ2位、ティレーノ〜アドリアティコ総合3位、アムステルゴールドレース3位、ラ・フレーシュ・ワロンヌ2位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ1位という成績を残しているフルサングは「調整は正しく進んでおり、次戦ツール・ド・フランスが楽しみだ。ここまでファンタスティックなシーズンを送ることができているので、さらに良い結果を残したい。ストレスもなく、全てがイージーでパーフェクトだった。アスタナ全体がとても強く、メンバーが互いを高め合う良い雰囲気がある」とコメント。ツールにはこれまで8回出場して2013年の総合7位が最高位。デンマーク生まれの34歳がマイヨジョーヌ候補に名乗りをあげた。

総合2位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、EFエデュケーションファースト)、総合優勝ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)、総合3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)総合2位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、EFエデュケーションファースト)、総合優勝ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)、総合3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:A.S.O.
ポイント賞を獲得したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)ポイント賞を獲得したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:A.S.O.
山岳賞を獲得したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)山岳賞を獲得したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:A.S.O.
ヤングライダー賞を獲得したビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)ヤングライダー賞を獲得したビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル) photo:A.S.O.

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2019第8ステージ結果
1位ディラン・ファンバーレ(オランダ、チームイネオス)3:05:48
2位ジャック・ヘイグ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
3位カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル)0:00:50
4位ワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)0:01:12
5位セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィズマ)
6位セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス、グルパマFDJ)
7位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:01:16
8位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)0:01:59
9位クサンドロ・ムーリッセ(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
10位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
16位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)
個人総合成績
1位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)30:44:27
2位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、EFエデュケーションファースト)0:00:20
3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:21
4位ワウト・プールス(オランダ、チームイネオス)0:00:28
5位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:00:33
6位ディラン・トゥーンス(ベルギー、バーレーン・メリダ)0:01:11
7位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)0:01:12
8位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)0:01:21
9位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:01:24
10位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:01:38
ポイント賞
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)82pts
2位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)53pts
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)49pts
山岳賞
1位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)75pts
2位マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ)25pts
3位ワウト・プールス(オランダ、チームイネオス)15pts
ヤングライダー賞
1位ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)30:47:44
2位ニールソン・ポーレス(アメリカ、ユンボ・ヴィズマ)0:11:42
3位セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィズマ)0:16:02
チーム総合成績
1位アスタナ92:19:24
2位チームイネオス0:12:58
3位グルパマFDJ0:13:22
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2019年8月号
カテゴリー: Book
著者: CYCLE SPORTS編集部
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 530
アマゾン価格: ¥ 815
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)2019年8月号 (特別付録:BCロゴキャップ)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 998
アマゾン価格: ¥ 998
の画像 ツール・ド・フランス2019公式プログラム (ヤエスメディアムック592)
カテゴリー: Book
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 1,650
アマゾン価格: ¥ 1,650